イベントレポート

本気で購入したい人に推せるモデルを厳選!「ジャパンキャンピングカーショー2022」レポート

約200台の車両が展示された「ジャパンキャンピングカーショー2022」が、2022年2月10日(木)〜13日(日)に開催された。本イベントを毎年取材している筆者が、最近のトレンドを探るとともに注目モデルをピックアップして紹介する。
(※本記事での価格はすべて税込表記となります)

【この記事も見ておきたい!】
内装や維持費のことも! 購入前に知っておきたいキャンピングカーの基本

コスパだけじゃない! 充実したバリエーションの軽キャンパーが続々

維持費などコストパフォーマンスの高さから、軽自動車をベースとした「軽キャンパー」は以前から人気が高いが、今回のイベントでは、これまでより遊び心を感じるモデルが増えた印象。バリエーションも充実しており、見て回るだけでもワクワクさせられた。

ダイレクトカーズ「AMAHO U」

スズキ「ハイゼット トラック」をベースにキャビンを設置したスタイルの「AMAHO U」は居室空間が広く、大きなポップアップルーフも備えているため、軽キャンパーとは思えない開放感を得られる。また、テールゲートが大きく開くので、大きな荷物も積み込みやすい。乗車定員は4人で、就寝可能な人数は3人。ポップアップルーフに2人、車内に1人が寝られるので、家族での車中泊旅行も快適にできそう。

標準仕様の価格は3,290,000円だが、ソーラーパネルや追加のリチウムイオンバッテリー、2,000Wのインバーターなどのオプションを装備した展示車は4,828,800円

標準仕様の価格は3,290,000円だが、ソーラーパネルや追加のリチウムイオンバッテリー、2,000Wのインバーターなどのオプションを装備した展示車は4,828,800円

居室内はログハウスのような雰囲気。ベンチシートを展開するとベッドになる

居室内はログハウスのような雰囲気。ベンチシートを展開するとベッドになる

ポップアップルーフはチルトアップ機構となっているため、ヒンジ部の空間にも余裕がある。巻き上げられているテントを下ろせば、ここでも就寝可能に

ポップアップルーフはチルトアップ機構となっているため、ヒンジ部の空間にも余裕がある。巻き上げられているテントを下ろせば、ここでも就寝可能に

ルートシックス「Warmth(ウォームス)」

スズキの軽バン「エブリイ JOIN」に、オプションで「ジムニー」のフェイスを移植したルックスが印象的。内装は温かみのあるウッド素材で仕上げられており、さらに、サブバッテリーと電子レンジが装備されているので、快適な車中泊ライフが過ごせそう。リアシートを倒し、その上にベッドを展開することで2人の就寝ができるようになっている。

価格は2,295,700円〜で、フェイスなどのオプションを装備した展示車は3,377,700円となっている。「ジムニー」のフェイスを移植するオプションの価格は708,000円

価格は2,295,700円〜で、フェイスなどのオプションを装備した展示車は3,377,700円となっている。「ジムニー」のフェイスを移植するオプションの価格は708,000円

「ウォームス」という車名らしい温かみを感じる内装。色合いの濃いバージョンも用意されている。なお、電子レンジは標準装備だが、テレビキットはオプション(55,000円)だ

「ウォームス」という車名らしい温かみを感じる内装。色合いの濃いバージョンも用意されている。なお、電子レンジは標準装備だが、テレビキットはオプション(55,000円)だ

シートを倒した上にベッドを展開する構造。足元側に収納やテーブルを備える

シートを倒した上にベッドを展開する構造。足元側に収納やテーブルを備える

リアのウィンドウをカバーするように配置された棚も設置。スペース効率を考えた作りだ

リアのウィンドウをカバーするように配置された棚も設置。スペース効率を考えた作りだ

岡モータース「N-VAN EASY COMFORT BED KIT」

車中泊ユーザーだけでなく、アウトドアを楽しむ人たちからも人気の高いホンダ「N-VAN」をベースに、ベッドキット(264,000円)を取り付けたモデル。ベッドキットは助手席側の頭上スペースに装着する方式となっているため、ベッド下のスペースを活用できる。軽キャンパーでも、大きめの荷物を積んだまま就寝できるのはありがたい。なお、ベッドキットは車体に穴あけなどの加工は不要。ドライバー1本で取り付けられる。

サイドオーニングやキャリアなどが装備された展示車の価格は2,484,460円

サイドオーニングやキャリアなどが装備された展示車の価格は2,484,460円

ベッドキットの位置は3段階で調整可能(写真は中間の位置)。天井近くで就寝することになるが、それほどきゅうくつさは感じなそう

ベッドキットの位置は3段階で調整可能(写真は中間の位置)。天井近くで就寝することになるが、それほどきゅうくつさは感じなそう

展示車にはベッドの下にロードバイクが積まれていた。大きな荷物を載せたまま車中泊できるのは便利。なお、床面に貼られたボード(価格は69,300円)はオプションだ

展示車にはベッドの下にロードバイクが積まれていた。大きな荷物を載せたまま車中泊できるのは便利。なお、床面に貼られたボード(価格は69,300円)はオプションだ

リアに設置できるベンチシート(価格は35,200円)やモニターを取り付けるアームセット(価格は22,000円)などもオプションで用意されている

リアに設置できるベンチシート(価格は35,200円)やモニターを取り付けるアームセット(価格は22,000円)などもオプションで用意されている

ホワイトハウス「N-BOX Camper Neo POP HOT」

日本国内でもっとも売れている車種、ホンダ「N-BOX」をキャンピングカーに仕立てた「N-BOX Camper Neo POP HOT」は、助手席側の居室にオプションのベッドキット(価格は88,000円)とマット(価格は22,000円)を組み合わせて就寝するスタイル。大きく前後に動かせるスーパースライドシート仕様の助手席を採用しているので、ベッドの長さも十分確保され、ゆったりと足を伸ばして寝られる。ポップアップルーフも装備されているので、合計3人の就寝が可能だ(乗車定員は4人)。

価格は3,328,600円〜で、外部電源キットや左右のベッドマットなどのオプションを装着した展示車両は3,708,100円

価格は3,328,600円〜で、外部電源キットや左右のベッドマットなどのオプションを装着した展示車両は3,708,100円

スーパースライドシート仕様の助手席を前方にスライドさせ、リアシートを倒したところにオプションのベッドとマットを敷いて就寝する

スーパースライドシート仕様の助手席を前方にスライドさせ、リアシートを倒したところにオプションのベッドとマットを敷いて就寝する

車内では1人しか就寝できないが、ポップアップルーフを備えれば最大3人で車中泊旅もできる

車内では1人しか就寝できないが、ポップアップルーフを備えれば最大3人で車中泊旅もできる

就寝時以外でも車内で快適に過ごせる工夫が。運転席にオプションの回転シート(価格は○円)を装着し、テーブルを設置すれば、食事やお茶をゆったり楽しめる

就寝時以外でも車内で快適に過ごせる工夫が。運転席にオプションの回転シート(価格は○円)を装着し、テーブルを設置すれば、食事やお茶をゆったり楽しめる

TOWA MOTORS「クライン108 Alle」

スズキ「エブリイ」をベースに、ルーフテントとアメ車っぽいフェイスのボディキットを装着。車内で2人、ルーフテントで1〜2人が就寝できる。車内のベッドサイズは最大136(幅)×188(長さ)cmと広く、助手席上に設置するオプションのマットを追加すれば、さらにスペースが拡大。セラミックヒーターや電子レンジといった装備も標準で備えているほか、就寝時に荷物を収納するスペースも用意されている。

展示車両の価格は2,859,070円だが、ルーフテントとボディキットは別途購入が必要

展示車両の価格は2,859,070円だが、ルーフテントとボディキットは別途購入が必要

ボディキットは完成度が高く、イメージを一新できる。ボディキット(Blow/ブギーライダー)の価格は975,200円(塗装・取り付け工賃込み)

ボディキットは完成度が高く、イメージを一新できる。ボディキット(Blow/ブギーライダー)の価格は975,200円(塗装・取り付け工賃込み)

ルーフテントは「ワイルドウインドパスファインダーU」というモデル。コンパクトなバッテリーを備えており、電動で開閉できる。価格は396,000円だが、ルーフキャリアと取り付け工賃は別途必要だ

ルーフテントは「ワイルドウインドパスファインダーU」というモデル。コンパクトなバッテリーを備えており、電動で開閉できる。価格は396,000円だが、ルーフキャリアと取り付け工賃は別途必要だ

キャンパーとしての完成度も高く、サブバッテリーやエアコン、冷凍冷蔵庫も完備。コスパが高い印象だ

キャンパーとしての完成度も高く、サブバッテリーやエアコン、冷凍冷蔵庫も完備。コスパが高い印象だ

コンパクトサイズのバンコンもバリエーションが豊かに!

普段の運転しやすさまで考えると、コンパクトなモサイズの「バンコン」(バンをベースとしたキャンピングカー)は有力な選択肢。前出の軽キャンパー同様に、このカテゴリーも以前よりバリエーションが増えているようで、商用車然としたルックスをアウトドアテイストにカスタマイズしたり、限られた車内スペースを拡大できる機構を備えるなど、ユニークなモデルが目立った。

タコス「NV Jack」

日産の「NV200」をベースに、上部にキャビンを拡大することで大人2人、子ども2人の就寝を実現。キャビンを装備したことで全高が2,330mmとなるが、全幅・全長はベース車と同じなので狭い道でも取り回しやすい。ただ、車高が高いので立体駐車場などでは注意が必要だ。車内スペースに関しては、それほど広いとは言えないが、向き合ってテーブルを囲んで過ごせるようになっている。

シンクやサブバッテリーも標準装備されており、価格は4,325,200円。展示車両はオプションのアルミホイール(価格は682,00円)を装着している

シンクやサブバッテリーも標準装備されており、価格は4,325,200円。展示車両はオプションのアルミホイール(価格は682,00円)を装着している

テーブルを囲んで座れるリビングは、見た限り、狭さは感じない。なお、シートはベッドに展開できる

テーブルを囲んで座れるリビングは、見た限り、狭さは感じない。なお、シートはベッドに展開できる

拡大された上段の荷室部分にはベッドを設置可能。子どもなら2人が寝られる

拡大された上段の荷室部分にはベッドを設置可能。子どもなら2人が寝られる

A to Z「アンナE リフトアップカスタム」

マツダ「ボンゴバン」をベースにリフトアップを施し、グリルガードやキャリアを装着することでアウトドア感のあるルックスに仕上げている。ベースは2WDだが、ちょっとしたオフロードなら走行できそうな雰囲気だ。乗車定員は5人で、就寝可能人数は2人。シートは、前向きの「ドライブモード」、向かい合わせにする「リビングモード」、就寝スペースを作る「ベッドモード」に展開できるようになっており、ベッドモードでは床下に荷物を収納できる。シンクなどは備えていないが、キャンプグッズを積んで出かけたくなる仕様だ。

リフトアップなどのカスタマイズを施した展示車両は4,043,700円。なお、リフトアップなどを施していないモデル「アンテナE」(価格は2,838,000円)もある

リフトアップなどのカスタマイズを施した展示車両は4,043,700円。なお、リフトアップなどを施していないモデル「アンテナE」(価格は2,838,000円)もある

車高を上げ、オーバーフェンダーを装着してホワイトレターのタイヤを履くと、一気に見た目がアグレッシブになる

車高を上げ、オーバーフェンダーを装着してホワイトレターのタイヤを履くと、一気に見た目がアグレッシブになる

YAKIMAのキャリア(価格は176,000円)もアウトドアっぽさを高めている

YAKIMAのキャリア(価格は176,000円)もアウトドアっぽさを高めている

シートを向かい合わせるリビングモードの状態

シートを向かい合わせるリビングモードの状態

バンショップミカミ「Dテントむし(Eパッケージ)」

ダイハツ「グランマックス」をベースに居室スペースを拡大した「Dテントむし(Eパッケージ)」は、全長は4,550mm、全幅が1,800mmに拡大されており、居室の形状も真四角に近いため、このクラスとしては空間も広い。さらにポップアップルーフも備えているので、室内でも立つことが可能。なお、本モデルは厳密にはバンコンではなく、キャビンを造り付けたキャンピングカー「キャブコン」となる。

価格は4,882,900円だが、FFヒーターや大型後部扉などのオプションを装着した展示車は6,967,400円。乗車定員は6人、就寝可能な人数は4人+子ども1人までとなっている

価格は4,882,900円だが、FFヒーターや大型後部扉などのオプションを装着した展示車は6,967,400円。乗車定員は6人、就寝可能な人数は4人+子ども1人までとなっている

真上にせり上がるタイプのポップアップルーフを装備。ここでも就寝可能だ

真上にせり上がるタイプのポップアップルーフを装備。ここでも就寝可能だ

ポップアップルーフを上げれば、居室で大人でも立つことができる

ポップアップルーフを上げれば、居室で大人でも立つことができる

キャビンはかなり広々。シートを展開すれば、ほぼ全面がベッドになる

キャビンはかなり広々。シートを展開すれば、ほぼ全面がベッドになる

高コスパとアウトドア系のバンコンをセレクト

「ハイエース」などをベースとした「バンコン」は、キャンピングカーの中でもっともメジャーなタイプ。500万円程度から1,000万オーバーのものまで価格は幅広いが、今回はコスパの高いモデルと、思わずアウトドアに出かけたくなるような仕様のモデルをピックアップしてみた。

タコス「3B(サンビー)」

ナローボディがベースの「2B」、ワイドのスーパーロングボディがベースの「4B」に加え、新たに登場したワイドミドルルーフをベースとした「3B」は、コスパの高さが光る。サブバッテリーや家庭用エアコン、シンク、冷蔵庫などを標準装備し、さらに外部電源のインレットも備えながら、5,500,000円という価格は装備の割にリーズナブルだ。

展示車両はオプションのアルミホイール(価格は66,000円)を装着。乗車定員は5人、就寝定員は4人となっている

展示車両はオプションのアルミホイール(価格は66,000円)を装着。乗車定員は5人、就寝定員は4人となっている

エアコンや電子レンジ、冷蔵庫などが使えるので、長期の車中泊旅行もこなせそう

エアコンや電子レンジ、冷蔵庫などが使えるので、長期の車中泊旅行もこなせそう

左右に大きめのソファを装備。かなりリラックスして過ごせそうな空間だ

左右に大きめのソファを装備。かなりリラックスして過ごせそうな空間だ

向かい合ったシートの間に、自転車などを積めるスペースがあるのも魅力。車外で使えるシャワーも備えている

向かい合ったシートの間に、自転車などを積めるスペースがあるのも魅力。車外で使えるシャワーも備えている

レクビィ「ホビクル オーバーランダー W」

ナローボディのハイエースをベースに、フォグランプ付きのバンパーやオーバーフェンダーを装着することで、オフロードなイメージに仕上げている。内装には、高さ調整可能なベッドキットを採用。ベッドキットの下には荷物を積み込んでおける。

オーバーランダーの雰囲気に仕上げられた車体が目を引く。価格は4,246,000円〜で、オリジナルデカールやキャリアなどのオプションを装着した展示車は5,776,650円となっている

オーバーランダーの雰囲気に仕上げられた車体が目を引く。価格は4,246,000円〜で、オリジナルデカールやキャリアなどのオプションを装着した展示車は5,776,650円となっている

ベッドキットの位置は3段階に調整できる(写真は中間の位置)。展示車には天井にロッドホルダーも装着されていた

ベッドキットの位置は3段階に調整できる(写真は中間の位置)。展示車には天井にロッドホルダーも装着されていた

ベッドの下のスペースはかなり広い。これは便利だ

ベッドの下のスペースはかなり広い。これは便利だ

リアシートは後ろに向けることができるほか、ベッドにも展開可能。なお、乗車定員は6人で、就寝定員は大人2人+子ども2人となっている

リアシートは後ろに向けることができるほか、ベッドにも展開可能。なお、乗車定員は6人で、就寝定員は大人2人+子ども2人となっている

運転席を前方に倒し、その背面に座れる機構も搭載。シートを回転させることなく、向かい合わせの状態が作れる

運転席を前方に倒し、その背面に座れる機構も搭載。シートを回転させることなく、向かい合わせの状態が作れる

>>価格.comでキャンピングカー(中古)をチェック!

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る