レビュー

売れ行き好調の三菱「eKクロスEV」に試乗!乗り心地や走りのよさと価格の安さは魅力的

エンジンを搭載しない電気自動車は、二酸化炭素の排出抑制や化石燃料の使用を控えるための有効な技術として注目されている。

航続距離の短さが問題となっている電気自動車。だが、ファーストカーではなく、短距離移動向けのセカンドカーとして乗ってもらうために開発されたのが、今回ご紹介する三菱の軽EV「eKクロスEV」だ

航続距離の短さが問題となっている電気自動車。だが、ファーストカーではなく、短距離移動向けのセカンドカーとして乗ってもらうために開発されたのが、今回ご紹介する三菱の軽EV「eKクロスEV」だ

だが、電気自動車には解決すべき課題も多い。その筆頭は、1回の充電によって走行できる航続可能距離の短さだ。標準的な電気自動車として、日産「リーフ」に40kWhの駆動用リチウムイオン電池が搭載されているグレードの一充電あたりの航続可能距離は、WLTCモードで322kmになる。いっぽう、ボディサイズが近いスバルのガソリンエンジン搭載車「インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト」と比較すると、インプレッサスポーツのWLTCモード燃費は14km/Lで、燃料タンク容量は50Lになる。たとえば、余裕を持って40L使ったとしても、560kmを走行することができる。

だが、電気自動車をファーストカーではなく、買い物など短距離移動用のセカンドカーとして使うのなら、話は変わってくるだろう。長距離移動にはファーストカーを使うので、電気自動車でもセカンドカーであれば、長距離を走れる必要はない。たとえば、午前と午後にそれぞれ25km離れた場所まで出かけても、2回の往復なので1日の走行距離は100kmになる。減ったぶんは、夜間に自宅などで充電すれば一晩で十分に回復するだろう。

電気自動車を購入するにあたって、課題となるのはボディサイズと価格だ。セカンドカーとして市街地を中心に使うのに、リーフのような3ナンバー車では少々大きめだ。価格も、リーフX・Vセレクションであれば3,946,800円と、経済産業省による補助金の786,000円を差し引いても3,160,800円になり、セカンドカーとして購入するには割高な印象を受ける。その点、軽自動車は合理的だ。ボディが小さいから混雑した市街地でも運転しやすく、価格も安いので2台目のセカンドカーとしても購入しやすいだろう。

2022年6月16日に発売された、三菱「eKクロスEV」に試乗したので、加速感や乗り心地などを、ガソリンエンジン搭載車の「eKクロス」と比較しながらレビューしたい

2022年6月16日に発売された、三菱「eKクロスEV」に試乗したので、加速感や乗り心地などを、ガソリンエンジン搭載車の「eKクロス」と比較しながらレビューしたい

そこで、三菱と日産によって共同開発されたEVの軽自動車、三菱「eKクロスEV」と日産「サクラ」が発売された。当記事では、eKクロスEVへ試乗した印象などをお伝えしたい。

eKクロスの製品画像
三菱
4.25
(レビュー21人・クチコミ536件)
新車価格:146〜293万円 (中古車:83〜179万円

■三菱「eKクロスEV」のグレードラインアップと価格[税込]
G:2,398,000円
P:2,932,600円

まず、eKクロスEVには2種類のグレードがラインアップされている。標準グレードである「G」の価格は2,398,000円で、経済産業省による55万円の補助金を差し引くと1,848,000円になる。また、上級グレードの「P」の価格は2,932,600円で、55万円の補助金を差し引くと2,382,600円。eKクロスEVは、上級グレードでもリーフ X・Vセレクションの3,160,800円に比べると約78万円安い。

三菱「eKクロスEV」のフロントエクステリアとリアエクステリア

三菱「eKクロスEV」のフロントエクステリアとリアエクステリア

eKクロスEVの特徴は、エクステリアデザインがガソリンエンジン搭載車の「eKクロス」とほとんど同じであることだ。日産 サクラのほうは、ウィンドウなどの一部を除いて、ガソリンエンジン搭載車の「デイズ」とはデザインを変えているのだが、eKクロスEVはeKクロスとの違いが見た目からはわかりにくい。

この点について、三菱の開発者は「eKクロスEVは、eKシリーズとして共通化されたブランド表現を重視している。そのため、フロントグリルやエンブレム以外は、eKクロスと同じデザインにしている」とコメントする。このことは、ユーザーによって賛否が異なるだろう。電気自動車としての個性を求めるなら、サクラのようにガソリンエンジン車とは異なるデザインが歓迎されるかもしれない。だが、三菱車が好きなユーザーであれば、eKクロスEVは好まれそうだ。たとえば、ファーストカーが「アウトランダー」の場合、隣にeKクロスEVが駐車していれば、視覚的なバランスもいい。

eKクロスEVの評判は、どうだろうか。eKクロスEVは、予約受注の開始から1か月で3,400台を受注している。三菱の国内店舗数は約540か所なので、1店舗当たり6.3台を販売している計算が成り立つ。サクラは、3週間で11,000台を受注しているが、日産の店舗数は約2,100か所なので、1店舗当たり5.2台だ。1店舗当たりの受注台数ではeKクロスEVが健闘しており、ユーザーからも共感を得ているものと思われる。

三菱「eKクロスEV」のインテリアとフロントシート

三菱「eKクロスEV」のインテリアとフロントシート

eKクロスEVの内装について、インパネ周辺の質感は軽自動車としては十分に高いものだ。運転席の座り心地もよく、背中から大腿部をしっかりと支えてくれるから、長距離移動にも適している。背もたれは、腰の周辺を包む形状なので、着座姿勢も乱れにくい。

三菱「eKクロスEV」のリアシート

三菱「eKクロスEV」のリアシート

後席は、ガソリンエンジンのeKクロスに比べて座り心地が改善されている。eKクロスは座面の柔軟性が乏しく、走行中に左右に振られた時のサポート性もあまりよくないが、eKクロスEVではしなやかさが増している。いっぽう、床と座面の間隔は相変わらず乏しく、足を前方に投げ出すような座り方になるものの、eKクロスEVなら4名で乗車する用途には適しているだろう。

「eKクロスEV」は、リチウムイオン電池の搭載を前提としたプラットフォームが採用されているので、床下がEVとしては低くて乗降性もいい

「eKクロスEV」は、リチウムイオン電池の搭載を前提としたプラットフォームが採用されているので、床下がEVとしては低くて乗降性もいい

注目なのは、床下にリチウムイオン電池を搭載しているのに、それを感じさせないことだ。eKクロスEVは、ガソリンエンジンを搭載するeKクロスなどと同じプラットフォームを使っており、基本設計の段階から電気自動車にも流用することを考えていた。そのため、リチウムイオン電池の搭載場所もあらかじめ確保されていたので、eKクロスEVも居住性、積載性、乗降性が悪化していない。

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

運転感覚は、電気自動車らしくモーターの加速は滑らかだ。エンジンを搭載していないのでノイズは小さく、補機類の異音も抑えられている。eKクロスEVの加速力は、モーターに瞬発力があって発進時や巡航時からの加速は鋭い。最高出力は、軽自動車の自主規制に沿っているので47kW(64PS)だが、最大トルクは195Nm(19.9kg-m)なので、数値上は2Lのガソリンエンジン搭載車に匹敵する。

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

また、eKクロスEVは乗り心地も快適だ。時速40kmを下まわる低速域では、路上の細かな凹凸が伝わってくるが、駐車場から車道に降りる時の段差のショックなどは柔軟に吸収してくれる。軽自動車として、上質に仕上げられているように感じる。

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

三菱「eKクロスEV」の走行イメージ

乗り心地に配慮しているため、峠道などのカーブを曲がる時にはボディが大きめに傾くが、挙動の変化が穏やかで不安は感じにくい。この背景には、床下にリチウムイオン電池が搭載されていることによる低重心の恩恵もある。さらに、衝突時の安全確保のために床下が強固に造られているので、ボディ剛性も向上した。そのため、乗り心地は快適で走行安定性もすぐれている。

グレード選びは、市街地を中心に使うのであれば、ベーシックなGがいいだろう。高速道路を走る機会が乏しい場合、運転支援機能の「プロパイロット」などが必要ないからだ。しかも、上級に位置するPの価格は、Gに比べて534,600円高いが、加わる装備を価格に換算すると41万円程度に収まる。価格の割安感でも、Gを推奨したい。

さらに、Gに装着したいオプション装備として「寒冷地パッケージ」が挙げられる。電気自動車で車内を暖めるヒーターを使うと、1回の充電で走行できる距離が短くなる。そこで、寒冷地パッケージを装着するとステアリングヒーターや運転席と助手席のシートヒーターが加わり、電力消費量を抑えられる。さらに、後席のヒーターダクト、ヒーテッドドアミラーも装着されてオプション価格は33,000円なので、機能を考えると割安だ。

このように、eKクロスEVでは中級のGにメーカーオプションを加える買い方を推奨したい。アウトランダーは最上級のPが魅力的で、加わる装備の割に価格アップが抑えられているのだが、eKクロスEVではグレードの選び方や損得勘定が異なる。

最後に、納期は約半年で、そのころには補助金を使い切る可能性もある。間に合わなかった時には次年度に請求できるが、補助金額が減る心配もあるので注意したい。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
eKクロスの製品画像
三菱
4.25
(レビュー21人・クチコミ536件)
新車価格:146〜293万円 (中古車:83〜179万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る