お父さん必見!デカールで思わぬ苦戦をしましたが、ワンコイン価格のプラモデルにハマりそうです。

ウルトラマン世代におくる500円プラモ「メカコレ」が誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は昭和生まれのウルトラマン世代におくるコレクションプラモデルをご紹介します。バンダイから発売中の「メカコレクション ウルトラマンシリーズ」です。昔懐かしい100円プラモデルのようなパッケージが、ウルトラマン世代にピッタリの雰囲気を醸し出していますよ! 巡り巡って平成の今ではお値段こそ税込み540円になりましたが、かつて『宇宙戦艦ヤマト』の100円プラモデルシリーズを購入していたお父さんたちにはジャストに響く商品になっています。ネット通販では500円を切って販売しているところも多いので、まさにワンコインで楽しめるプラモデルといってもいいでしょう!

懐かしいサイズと紙質のパッケージです

懐かしいサイズと紙質のパッケージです

ではさっそく見ていきましょう。まずは「01 科学特捜隊 ジェットビートル」です。『初代ウルトラマン』に登場した科学特捜隊の戦闘機ですね。放映された昭和41年当時にはかなり斬新なスタイルだったのではないでしょうか? 筆者は再放送で見ていた世代なのですが、赤とシルバーのカラーリングはとてもかっこよく思いましたよ。キットはご覧のとおり、3つのランナーしかありません。素組で組み立てるなら10分もかからないと思います。ただし! ここ要注意です。付属のデカールは懐かしの水転写式デカール! ペっと剥がしてぺっとくっつけるタイプのシールとは異なります! なのでこのデカール貼り作業で1時間くらい使ってしまうと思いますので、気をつけましょう。

内容はこれだけです。ランナーもなんか懐かしい感じ

内容はこれだけです。ランナーもなんか懐かしい感じ

箱の裏側が説明書になっています。この不親切さも懐かしい

箱の裏側が説明書になっています。この不親切さも懐かしい

ちょっと話題からそれて、水転写式デカール貼りについてご紹介します。最近のガンプラなどには、一部を除きほぼ採用されておりません。手間がかかり、細心の注意を払わなければ失敗する可能性が高いからです。実は筆者も苦手で、今回のメカコレと、今月紹介予定の『MG V2ガンダム』で、この水転写式デカール貼りを久しぶりに体験したのですが、思いのほか時間がかかってしまいました! かつてタミヤの戦車プラモデルやF1カーなどを作った世代だったら、懐かしさと面倒くささを思い出すのではないでしょうか?

しかし、ただ面倒くさいだけではありません。シールは手軽に貼れるため広く採用されていますが、デカールに比べて厚みがあるのでどうしてもふちが目立ってしまいます。貼るのは難しいですが、完成度が高くなるのは断然デカールなんです。

まず用意するのは、デカールを切り出すデザインカッターとカッターマット。それとデカールを貼るためにぬるま湯の入った容器と細かい作業ができるピンセットを用意します。

カッターは細かく使えるデザインカッターがいいです

カッターは細かく使えるデザインカッターがいいです

ぬるま湯の入った平皿に、切り出したデカールを3秒ほどつけます。しばらくたったら、シールが自然にはがれますので、パーツに合うようにスライドして接着します

ぬるま湯の入った平皿に、切り出したデカールを3秒ほどつけます。しばらくたったら、シールが自然にはがれますので、パーツに合うようにスライドして接着します

素組だと味気なかった本体も…

素組だと味気なかった本体も…

デカールを貼って完成です!

デカールを貼って完成です!

ジェットビートル完成です。本体下部のアンカー発射装置は差し替え可能で、なしにもできます。写真はアンカー発射装置を付けています。実にシンプルなつくりのプラモデルですが、水転写式デカールの作業の影響で1時間以上もかかってしまいました! イライラしないように、作業用のBGMが必要ですね! もちろん塗装が可能な型は塗装すればさらに見栄えがよくなると思います。全長は約9cm。専用スタンド付きで飾ることができますよ。

アンカー発射装置付きにしました

アンカー発射装置付きにしました

続いて「02 ウルトラ警備隊 ウルトラホーク1号」です。こちらは昭和42年放映の『ウルトラセブン』に登場したウルトラ警備隊の主力戦闘機です。いやかっこいい!! 『ウルトラセブン』に登場する乗り物はすべて斬新で未来的で超かっこいいんですよね。幼少期の再放送で、筆者もこのウルトラホークの虜になりました。こちらもパーツはシンプルです。3枚のランナーと水転写式デカールが付属。大きなウイングパーツが特徴的です。ではこちらも作っていきましょう。

内容物はこれだけです。今回はデカールを貼りながらの組み立て作業にしました

内容物はこれだけです。今回はデカールを貼りながらの組み立て作業にしました

ウルトラホーク1号完成です!

ウルトラホーク1号完成です!

全長は約12cm。ウルトラ警備隊のマークがイカします!

全長は約12cm。ウルトラ警備隊のマークがイカします!

手軽に購入して楽しめるかと思いきや、水転写式デカールで思わぬ苦戦をしましたが、なんか懐かしい感じで楽しめました。時間がある時のホビーとして、お父さんたちにオススメしたいと思います。シリーズは今後も続々と発売予定で、科学特捜隊の小型ビートルや特殊潜航艇S号などがラインアップされています。個人的にはポインターやMATのビハイクルなどの車も発売してほしいなと思っておりますよ! その前に水転写式デカールの練習をしないと…。

2機並べて! コレクション性にも優れています

2機並べて! コレクション性にも優れています

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

製品 参考価格
「01 科学特捜隊 ジェットビートル」&「02 ウルトラ警備隊 ウルトラホーク1号」 336円〜2016年12月1日 23:48 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわりの逸品最新記事
こだわりの逸品記事一覧
2016.12.7 更新
ページトップへ戻る