「蛙田捕太郎」がおしゃれに退治してくれます

これなら置きたい♪ “カエル型”コバエ取りの実力はいかに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

思わずひっくりカエルほどユニークなコバエ取り

筆者宅はマンションの高層階にあるので、見ただけで失神しそうになるゴキブリや、にっくき吸血鬼こと蚊などの害虫に室内で出会ったことはありません。しかし、コバエといわれるショウジョウバエはいます。明らかな生息の原因はわかりませんが、キッチン以外では観葉植物の近くで見かけることが多いので、観葉植物用に購入した腐葉土が原因ではないかとにらんでおります。ゴキブリや蚊と比べると、おそるるに足らずという感じですが、目の前に飛んでいると気になるもの。そこで、“コバエ取り”なるものを探し始めたのですが、あまりにもユニークなものを発見。これならコバエがいなくても欲しくなるかも。

まずは、商品の写真を見ていただきましょう。ほら、みなさんも欲しくなってきたでしょう♪

まずは、商品の写真を見ていただきましょう。ほら、みなさんも欲しくなってきたでしょう♪

その名は「蛙田捕太郎(かえるだとったろう)」

筆者が発見したのは、株式会社ウエ・ルコの「蛙田捕太郎(かえるだとったろう)」。蛙田捕太郎はコバエ捕獲課主任、彼に与えられた任務は30日間わが家に生息するコバエを捕獲すること。あまりにもシュールなその外観に、見たものの心をわしづかみする蛙田捕太郎、はたしてその効果やいかに。

まずは、蛙田主任のお姿をじっくりとご観賞ください

まずは、蛙田主任のお姿をじっくりとご観賞ください

うしろ手をついた脱力感がたまりません

うしろ手をついた脱力感がたまりません

うしろ姿もステキ過ぎます♪

うしろ姿もステキ過ぎます♪

それでは、任務開始!!

「蛙田捕太郎」は、コバエが好みそうな、果実酒や果実酢の香りでコバエを誘って捕獲いたします。なお、実際の香りは果実の甘酸っぱいさわやかさはありません、どちらかといえばお酢に近いような気がします。それでは任務を開始していただきましょう♪

最初に葉っぱの形をしたフタを外します。次いで下容器のアルミフィルムをはがし、上のフタをもどして蛙田主任をセットすれば準備終了。主任も仕事モードに切り替わったようです♪

ちなみに、蛙田主任の正式な任務はこちら

ちなみに、蛙田主任の正式な任務はこちら

コバエを見かけることが多い観葉植物の近くで任務遂行をお願いいたしました

コバエを見かけることが多い観葉植物の近くで任務遂行をお願いいたしました

任務開始から10日間が経過、その進み具合が気になります、ちょっとチェックしてみましょう

10日後チェックすると、しっかり捕獲していました

任務開始から10日間が経過、その進み具合が気になります、ちょっとチェックしてみましょう

なんと4匹も捕まえていました!!

なんと4匹も捕まえていました!!

脱力しながらも任務はしっかりの蛙田主任

見た目の印象から、「本当に効果があるんかいな?」と心配しておりましたが、なんとかコバエを捕獲できたようで筆者もひと安心。コバエ取りだとはとても思えない生活感のなさがいいですね。蛙田主任には引き続き任務をお願いしております♪

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.6.28 更新
ページトップへ戻る