レビュー
これさえあればお茶会が3倍盛り上がること請け合い

サメ、カニ、シーラカンス!? 海の生き物の形をした“ティーバッグ”がシュール

温かい飲み物がおいしい季節になってきました

温かい飲み物がおいしい季節になってきました

普通のティーバッグでいれてもいいですけど、ちょっと変わったティーバッグでお茶会を盛り上げてみるのはいかがでしょうか?

「ocean-teabag(オーシャンティーバッグ)」!

「ocean-teabag(オーシャンティーバッグ)」!

海の生き物をかたどったティーバッグのシリーズで、イルカなどのかわいい形がたくさんあるのですが……気になったのは、「かわいい」とは形容しがたいラインアップがあること。
どういうものなのかというと……こんな感じです。

「襲い来るサメのティーバッグ(ハイビスカスブレンドティー)」

「襲い来るサメのティーバッグ(ハイビスカスブレンドティー)」

中身は……そのまんまサメだ!

中身は……そのまんまサメだ!

横から見ても、割とリアルにサメを再現しています

横から見ても、割とリアルにサメを再現しています

ティーカップにお湯を注いで

ティーカップにお湯を注いで

持ち手の部分にこんな感じでサメを設置すると……

持ち手の部分にこんな感じでサメを設置すると……

血が滴るように赤いお茶が!

血が滴るように赤いお茶が!

うーん、サスペンス

うーん、サスペンス

もちろん血の味がするようなことはなく、おいしいお茶でした

もちろん血の味がするようなことはなく、おいしいお茶でした

こういう、斜め上の方向性のティーバッグがたくさんあるシリーズなんです。

サメが血まみれに……衝撃のお茶

こちらは「サメのティーバッグ お試し2種」

こちらは「サメのティーバッグ お試し2種」

さっきのは漠然と「人食いザメ」という感じでしたが、こちらは……。

ジンベイザメ(緑茶)とホオジロザメ(ブレンドハーブティー)

ジンベイザメ(緑茶)とホオジロザメ(ブレンドハーブティー)

ジンベイザメは、緑の海を泳いでいるようなイメージだと思われます

ジンベイザメは、緑の海を泳いでいるようなイメージだと思われます

ホオジロザメは……見るからにイヤな予感が

ホオジロザメは……見るからにイヤな予感が

お湯に入れると……

お湯に入れると……

サメのおなかから血が滴る! ダイバー、食われたな……

サメのおなかから血が滴る! ダイバー、食われたな……

なかなか衝撃的なビジュアルのお茶になりました

なかなか衝撃的なビジュアルのお茶になりました

お茶会でこんなティーバッグが出てきたら、絶対にテンション上がりますよ!

リアルすぎる造形にゾワゾワ……

元々は海洋生物が大好きすぎることから商品化が始まったそうで、それはもうすごい種類の海洋生物がラインアップしています。
イルカやサメ、クラゲはもちろん、深海生物なんかもいますよ。

こちらは「新・深海生物のティーバッグ リュウグウノツカイ、メンダコ、オウムガイ、タカアシガニ」

こちらは「新・深海生物のティーバッグ リュウグウノツカイ、メンダコ、オウムガイ、タカアシガニ」

これ、ティーバッグと言われても信じてもらえませんよ

これ、ティーバッグと言われても信じてもらえませんよ

特にタカアシガニなんて、すごいクオリティですね。

さあ数が多いのでドンドン行きますよ。

「タカアシガニ(アップルティー)」

「タカアシガニ(アップルティー)」

“ゆで上がったカニ感”がすごい

“ゆで上がったカニ感”がすごい

「リュウグウノツカイ(アッサムティー)」

「リュウグウノツカイ(アッサムティー)」

どうやってもはみ出るサイズで、お茶のいれやすさとか、そういうものはドン無視したデザインです。

「メンダコ(ホワイトアプリコットティー)」

「メンダコ(ホワイトアプリコットティー)」

「オウムガイ(トロピカルマンゴーティー)」

「オウムガイ(トロピカルマンゴーティー)」

お湯に入れる前の状態はリアルすぎて若干気持ち悪かったですが、お茶状態になるとちょっとカワイイですね。

なんとお茶の色が変わるしかけも!?

さらには、現代には存在しないような海の生き物もあります。

さらに謎が深まる「デボン紀のティーバッグセット」

さらに謎が深まる「デボン紀のティーバッグセット」

デボン紀とは約4億年前。さまざまな魚類が誕生した時代なんだそうです。

だいぶ虫っぽい生物も入ってきてますな。造形が細かいです

だいぶ虫っぽい生物も入ってきてますな。造形が細かいです

「アノマロカリス(アップルティー)」

「アノマロカリス(アップルティー)」

「三葉虫(オレンジティー)」

「三葉虫(オレンジティー)」

「ダンクレオステウス(アッサムティー)」

「ダンクレオステウス(アッサムティー)」

「ダンクレオステウス」って、名前も聞いたことがなかったですけど、肉食の怖〜い魚らしいです。

最後は「シーラカンス(青いレモングラス・ミントティー)」

最後は「シーラカンス(青いレモングラス・ミントティー)」

普通にお湯に入れるとエメラルドグリーン色のお茶になるのですが

普通にお湯に入れるとエメラルドグリーン色のお茶になるのですが

ここにレモン果汁をたらすと……

ここにレモン果汁をたらすと……

じんわりと色が変わって

じんわりと色が変わって

鮮やかな紫色に!

鮮やかな紫色に!

酸性に反応して色が変わっているようで、レモン果汁のほか、炭酸水を入れても色が変わるようです。

贈り物やパーティーに最適

ティーバッグの概念をくつがえす、バリエーション豊かすぎるティーバッグの数々。今回は海の生き物シリーズを紹介しましたが、そのほかにもネコや犬、パンダなど、もはやどこが「ocean-teabag」なんだという陸の生き物シリーズもありますよ。

今回ご紹介した以外にもかなりのラインアップがあります

今回ご紹介した以外にもかなりのラインアップがあります

ティーバッグの形だけでもおもしろいし、血が滴ったり、お茶の色が変わったりと、ギミックがしかけられたお茶もあって楽しいシリーズ。

自分ひとりで飲むときに楽しむのはもちろん、プレゼントや、友達が集まるお茶会にこんなティーバッグを用意しておけば、大盛り上がり間違いナシです!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
お茶・コーヒーのその他のタグ
ページトップへ戻る