いいモノ調査隊
オリーブや醤油の産地として有名な小豆島生まれ

甘い? それともしょっぱい? 意外とイケる「醤油サイダー」

香川県に属し瀬戸内海にある小豆島はご存知ですか? 「二十四の瞳」の舞台として、またオリーブや醤油の産地としても有名な場所です。今回ご紹介するのは、小豆島が生んだ世にも不思議な飲み物。特産の醤油を使ったサイダーです。

甘いサイダーと塩辛い醤油がどのように融合するのかは非常に気になるところ。さっそく購入して試してみました。

小豆島特産の醤油を使ったサイダー。さて、そのお味は?

小豆島特産の醤油を使ったサイダー。さて、そのお味は?

醤油と砂糖を合わせた料理やタレはたくさんあるので、相性が悪いとは思いませんが、炭酸飲料となるとどうなんでしょうか? 飲む前は、みたらし団子のタレのような味をイメージしておりました。

グラスに注ぐと、サイダーの甘酸っぱさに、ほのかな醤油の風味が香ります。醤油が強い主張をしているわけではないようで、ちょっと一安心!?

見た目はまさしく醤油の炭酸割りといった感じですが・・・

見た目はまさしく醤油の炭酸割りといった感じですが・・・

それでは、一口いただいてみましょう。やや甘目のサイダーに、ほのかに醤油の味わいが混ざっています。醤油の味わいといっても、塩辛さが際立つわけではありませんので、ぐびぐび飲むことができます。

確かに気になる飲み方ですが、止めておきましょう

確かに気になる飲み方ですが、止めておきましょう

飲む前は、“なんじゃコレは!”という味わいを想像していたのですが、冷やして飲めばおいしくいただけましたし、筆者は“アリ”だと思います。決して醤油をサイダーで割っただけでは再現できそうにない味わいです。いままで飲んだことのない味が楽しめますよ。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る