いいモノ調査隊

買い替え不要。旧3DSでもamiiboを楽しめる方法を発見!

今回ご紹介するのは、古いニンテンドー3DSにNFC機能を追加できる「ニンテンドー3DS NFC リーダー/ライター」です。

NFC リーダー/ライターのパッケージ

NFC リーダー/ライターのパッケージ

NFC リーダー/ライターの本体

NFC リーダー/ライターの本体

NEWニンテンドー3DSになって、3Dブレ防止機能やCスティックとZRボタンの追加など、機能が大幅に変化していたりしますが、最も大きく変わった点だと思われるのが、NFCに対応したことではないでしょうか。

NFCに対応したことにより、これまでWii Uでしかあそべなかったamiiboがニンテンドー3DSでも遊べるようになったわけです。キャラクターが増えたり、新しいマップやコースが増えたりと、ニンテンドー3DSのタイトルで追加コンテンツが楽しめます。ただ、これはNEWニンテンドー3DSに限ったことで、それ以前のニンテンドー3DS(LL)を持っている人は依然楽しめませんでした。また、2DSにもこの機能はついていません。

NEWニンテンドー3DSに買い替えればいいって話でもありますが、今持っているニンテンドー3DSが壊れたわけでもないので、ちょっとちゅうちょしてしまいます。と、思っていたところにこの「ニンテンドー3DS NFC リーダー/ライター」です。これにamiiboを乗せ、赤外線通信でニンテンドー3DSにamiiboのデータを読み込ませれば、amiibo対応ソフトの追加コンテンツを楽しむことができます。

電源ボタンと赤外線センサー

電源ボタンと赤外線センサー

電源は単3形乾電池を2本使います。乾電池は2本同梱されています。maxellのダイナミックが入っていました

電源は単3形乾電池を2本使います。乾電池は2本同梱されています。maxellのダイナミックが入っていました

ただ、NEWニンテンドー3DSのNFCのもうひとつの機能である電子マネー決済はできません。ニンテンドープリペイドカードでの決済やクレジットカード決済が面倒で、電子マネーで決済できればいいなぁと思っている人は、やはりNEWニンテンドー3DSを購入しないとダメな感じです。

そうなると、交通系ICカードを利用して遊ぶことができるカプコンの『めがみめぐり』(12月8日発売・配信予定)も遊べないのかなと思いましたが、交通系ICカードの情報を読み取ってゲームに反映させることはできるみたいです。『めがみめぐり』のためにNEWニンテンドー3DSを買わないといけないかなと思っていたので、朗報でした。

交通系ICカードの決済はできませんが、amiiboは使えます。これはスプラトゥーンのアオリのamiibo

交通系ICカードの決済はできませんが、amiiboは使えます。これはスプラトゥーンのアオリのamiibo

 NFC リーダー/ライターに乗せてみました

NFC リーダー/ライターに乗せてみました

ニンテンドー3DSの背面にある赤外線センサーと「NFC リーダー/ライター」の赤外線センサーを向かい合わせにします。だいたいこのくらいの距離で通信するのがちょうどいい感じです

ニンテンドー3DSの背面にある赤外線センサーと「NFC リーダー/ライター」の赤外線センサーを向かい合わせにします。だいたいこのくらいの距離で通信するのがちょうどいい感じです

で、さっそく使ってみました。今、うちにあるamiiboは、スプラトゥーンのアオリとホタル。ニンテンドー3DSのアプリ『ニコニコ』でamiibo情報を読み込むと、シオカラーズのライブが見られるようになっています。

実際に、『ニコニコ』を起動させ、アオリをリーダー/ライターで読み込ませてみました。ちゃんとシオカラーズのライブが開始され、見ることができました。ほかにも対応ソフトはたくさんあり、今後発売するソフトにも対応することもあるので、それらのソフトを購入した際は試してみたいと思います。

ニンテンドー3DSのアプリ「ニコニコ」を起動します。もしインストールしていなければ、ニンテンドーeショップでダウンロードしましょう。「ニコニコ」自体は無料です

ニンテンドー3DSのアプリ「ニコニコ」を起動します。もしインストールしていなければ、ニンテンドーeショップでダウンロードしましょう。「ニコニコ」自体は無料です

 amiiboを選んで、NFC リーダー/ライターの電源を入れます

amiiboを選んで、NFC リーダー/ライターの電源を入れます

インターネット経由でシオカラーズのライブ動画がダウンロードされます

インターネット経由でシオカラーズのライブ動画がダウンロードされます

シオカラーズのライブが始まりました。ニコニコ動画のライブなので、コメントを入れることもできます。ちなみにアカリとホタルのどちらでも6曲聴くことができますが、5曲が共通で、1曲がそれぞれのソロ曲になっています

シオカラーズのライブが始まりました。ニコニコ動画のライブなので、コメントを入れることもできます。ちなみにアカリとホタルのどちらでも6曲聴くことができますが、5曲が共通で、1曲がそれぞれのソロ曲になっています

価格的には2000円前後なので、最終的にNEWニンテンドー3DSを購入したとしても、それまでのつなぎとして買うのはアリだと思いますよ。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ゲーム ハードのその他のタグ
ページトップへ戻る