レビュー
加熱式タバコのトップブランドに連続使用可能なコンパクトモデルが登場

10本連続で吸える「アイコス3マルチ(IQOS 3 MULTI)」で、加熱式タバコ勢力図が変わる!?

「え、これだけ?」と、手にした人すべての度肝を抜く進化を遂げた「アイコス3マルチ」。加熱式タバコの代名詞として大ヒットした「アイコス(IQOS)」(フィリップモリス)の新型は、一挙に2機種が登場する。いっぽうの「アイコス3」は順当な進化といえるが、この「アイコス3マルチ」の登場はかなり衝撃的。というのも、互換機ではなく、とうとう本家が連続10本チェーン吸い可能な新モデルを、2018年11月15日にリリースするからだ。

「アイコス3マルチ」。「アイコス3」同様、カラバリは写真のウォームホワイトのほか、ブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレーの4色展開だ

<「アイコス3」についてはこちらをチェック!>
壊れにくくなった!「アイコス 3(IQOS 3)」をヘビースモーカーがチェック

【関連リンク】
・【使ってみた】新型アイコスは、「コンパクト」「連続10本吸い可能」の2機種!
・【新旧比較】新型アイコス「アイコス 2.4 Plus」はどこが変わった? どう変わった?
・ヘビースモーカーが話題の加熱式タバコ「アイコス 2.4 Plus(アイコス)」に2週間完全移行してわかったこと
・メーカーに聞いた! アイコスの本当に正しい掃除の仕方&新製品速報
・「プルーム・テック」と「アイコス」を徹底比較! 話題の新方式タバコどっちがいいの?
・「glo(グロー)」は「アイコス」の欠点を解消できる? 第3の加熱式タバコをいち早く体験した

これまでの「アイコス」とは完全に別物。その重さは卵1個よりも軽い50g!

「アイコス3マルチ」は「アイコス3」よりも2,000円安い8,980 円(税込)で、重量はたったの50gだ。しかし、重量が軽くなったからといって、喫味まで軽くなるのは困る。加熱式タバコの中で、「アイコス」にはいつでも最強喫味でいてもらいたいと考える筆者にとっては、何よりもそこが気がかりだった。

左から「アイコス2.4プラス」(以下、2.4プラス)「アイコス3」「アイコス3マルチ」

左から「アイコス2.4プラス」(以下、2.4プラス)「アイコス3」「アイコス3マルチ」

キットの内容は、写真右から、クリーニングスティック(10本入り)、クリーニングツール、本体、microUSBから規格変更になった専用USB Type-C ケーブル、専用ACパワーアダプターで、箱の中にユーザーガイドと保証書が付属。クリーニングツールは「アイコス 3」と同じくゴム製で板状のクリーナーに変わった

サイズは15.1(幅)×119.3(高さ)×25.4(奥行)mm。「2.4プラス」と比べるのが申し訳ないレベルのスリムさ

サイズは15.1(幅)×119.3(高さ)×25.4(奥行)mm。「2.4プラス」と比べるのが申し訳ないレベルのスリムさ

こっそり胸ポケットに忍ばせられる「アイコス3マルチ」

仕事中など、堂々と「ちょいと一服」と周囲に宣言できる環境ならいいが、そうでない場合は気が引けるもの。そんな時には、胸ポケットにそっと忍ばせて、喫煙所やベランダに向かうことのできる「アイコス3マルチ」は最強だ。吸い方もいたってスマート。本体上部のパーツをスライドさせ、穴にヒートスティックを差し込むだけ。あとは、本体中央のボタンを長押しすれば起動する。待ち時間は「アイコス3」と同じ約20秒だ。

本体とヒートスティックを、胸ポケットに横並びで一緒に入れられる!

本体とヒートスティックを、胸ポケットに横並びで一緒に入れられる!

くるりとカバーをスライド

くるりとカバーをスライド

ヒートスティック差し込み時は、力の入れどころがわからなくて一瞬とまどう(が、すぐ慣れる)

ヒートスティック差し込み時は、力の入れどころがわからなくて一瞬とまどう(が、すぐ慣れる)

実際問題、この軽さには不安を抱いていたが、杞憂だった。普通に「アイコス」だ。まあ、ホルダー単独と考えれば本家の「2.4プラス」や「アイコス3」のホルダーよりは重いのだから、当たり前といえば当たり前か。しかも、この「アイコス3マルチ」は、連続使用が可能なのだ。10本限定という縛りはあるものの、10本連続チェーンしたらヘビースモーカーの筆者でもさすがにクラクラ来るし、オフィスなどUSB環境がある場所ならば、合間に充電しておけば1日中使用してもまったく問題ない。1日中外出する場合は、モバイルバッテリーを携帯すれば事足りるだろう。

ベランダで一服。漂う「VAPE感」。でもこれは立派な「アイコス」だ

ベランダで一服。漂う「VAPE感」。でもこれは立派な「アイコス」だ

吸い終わったら本体上部をスライドして吸い殻を外す。片手で十分だ

吸い終わったら本体上部をスライドして吸い殻を外す。片手で十分だ

吸い殻の変色具合も同じ

吸い殻の変色具合も同じ

しかし、ベランダで吸っているとわからなかったが、いったん部屋に落ち着いて、「2.4プラス」「アイコス3」「アイコス3マルチ」を並べて吸って、よくよく味わうと違いを感じた。「2.4プラス」と「アイコス3」の違いはわずかなのだが、「アイコス3マルチ」は注意深く吸うと感覚が違う。

具体的には、フレーバーの出方が違うと感じた。全体的にマイルドな味の出方ではあるが、メンソールなどのフレーバーの味わいはむしろストレートに来るのだ。使用している加熱ブレードは「2.4プラス」や「アイコス3」と同じなので、「アイコス3マルチ」が唯一内部に空気孔を持たない仕組みと関係するのかもしれない。

連続吸いがしたいなら「アイコス3マルチ」の圧勝!

今回、「アイコス3」と「アイコス3マルチ」を使い比べて、筆者は微妙な差を感じたが、感じ方には個人差も大きいので、あくまで参考までに受け取ってほしい。新型アイコス2機種は、どちらもそれぞれに魅力的だ。チェーンスモーキングに関しては「アイコス3マルチ」の圧勝だが、使い勝手が今まで気に入っていたという人にとっては、「アイコス3」のほうが、安心感があるかもしれない。

とはいえ、これまで「アイコス」の大きな欠点と見られていた「連続吸い不可能」という点が、今回の「アイコス3マルチ」の登場によって払拭され、加熱式タバコユーザーの選択肢を大きく広げたことは、今後の「加熱式タバコ勢力図」に大きく影響を与えるだろう。

【関連リンク】
・【使ってみた】新型アイコスは、「コンパクト」「連続10本吸い可能」の2機種!
・【新旧比較】新型アイコス「アイコス 2.4 Plus」はどこが変わった? どう変わった?
・ヘビースモーカーが話題の加熱式タバコ「アイコス 2.4 Plus(アイコス)」に2週間完全移行してわかったこと
・メーカーに聞いた! アイコスの本当に正しい掃除の仕方&新製品速報
・「プルーム・テック」と「アイコス」を徹底比較! 話題の新方式タバコどっちがいいの?
・「glo(グロー)」は「アイコス」の欠点を解消できる? 第3の加熱式タバコをいち早く体験した

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る