レビュー
シリーズ初のフレーバー系メンソール

新フレーバー「メンソール・パープル」は「プルーム・エス」の実力発揮に最適

JTの高温加熱式タバコ「プルーム・エス」に、4つめの「たばこスティック」となる「メビウス・メンソール・パープル・フォー・プルーム・エス」(以下、メンソール・パープル)が加わり、2019年8月5日より順次全国発売される。1箱20本入りで、価格は480円(税込)。さっそく味わってみたい。

「メビウス」の味に、ベリー系メンソールを独自技術でプラス

「プルーム・エス」は高温加熱式タバコではあるものの、加熱温度は高温加熱式としては低めの200℃を採用しているため、やさしい味わいとニオイの少なさが特徴だ。喫味こそ強くはないが、ニコチン感(喉へのキック)はしっかり感じられて、強く吸い過ぎずに、ふんわりと味わうのに適したデバイスである。

紙巻きタバコ最大のヒットブランド「メビウス」の味が楽しめるという利点もあり、よいデバイスなのだが、これまでは専用レフィルである「たばこスティック」が3種類しかなく、選択肢が少ないのが欠点だった。今回、シリーズ初となるフレーバーメンソール「メンソール・パープル」が登場したとしても計4種類なので、まだまだラインアップが少ないことに変わりはないのだが、メンソールにバリエーションが増えたのはよい選択だと思う。何しろ日本人は世界でもまれに見るメンソール好きの国民なのだから。

フレーバーの添加方法は、JT独自の新技術「フレーバー・マイクロ・チップ」を搭載することで実現したという。フレーバーを閉じ込めた極小チップが、刻んだタバコ葉の中に散りばめられており、それらが熱に反応して香りを放つというものだ。

チップを確認しようと、たばこスティックをカッターでばらしてみたが、それらしきものは見えなかったので、本当に極小なのだと思う

「メンソール・パープル」を吸ってみた

さて、どんな味に仕上がっているのだろう。紫色のパッケージを開けて、1本取り出す。この段階でもニオイが控えめなのは、加熱することによってフレーバーが出る仕組みだからだろうか。

たいていのフレーバー系スティックは、味のクライマックスは最初に来て、だんだん薄くなってしまう。それを何とかするために、グローのネオスティックには、フィルター部分に後から指で挟んで破裂させ、風味を追加するカプセルを仕込んだ(ブースト)があったりもする。

では、「メンソール・パープル」は、どういう構成で楽しませてくれるのか。実際に吸ってみると、最初のスタートダッシュはメンソール感が強く、フレーバーは控えめで拍子抜けした。しかし加熱が行き渡るにつれ、ベリー感が後から立ち上がってくる。

だんだん味が薄くなるのではなく、むしろゆっくりと味が濃くなっていき、持続する印象だ。ベリーの中ではブルーベリー風味だと思う。メンソールもスペアミント系のやわらかさでキツ過ぎず、ほんのり甘みも感じられてバランスがよい。実に上品なおいしさだ。そして喫煙時間の3分30秒いっぱい、しっかりとベリーメンソール味が持続する。

たばこスティックはしっかり奥まで差し込んで、デバイスの内部に密着させるのがおいしく吸うコツだ

たばこスティックはしっかり奥まで差し込んで、デバイスの内部に密着させるのがおいしく吸うコツだ

アイコスのヒーツティック「パープルメンソール」が好きな人なら気に入るはず。こちらのほうがやさしい味で周囲へのニオイも控えめだ

風味のよいメンソールをゆったりと味わいたい人におすすめ

以前から「プルーム・エス」は、ふんわりとしたフレーバーを楽しむことに適しているデバイスだと感じていた。したがって清涼感が強過ぎず、控えめで長続きするベリーの自然な甘みを実現した「メンソール・パープル」は、「プルーム・エス」の実力を発揮するのに最適なフレーバーだと思思う。「プルーム・エス」未体験で、切り替え・導入を迷っている人は、まずこの「プルーム・エス」の特徴がよくわかる「メンソール・パープル」で体験するのがいいかもしれない。

「プルーム・エス」のたばこスティックは計4種類に。左から、唯一のレギュラー「メビウス レギュラーテイスト フォー プルーム・エス」、ペパーミント系の「メビウス メンソール フォー プルーム・エス」、冷感系の「メビウス クールエフェクト フォー プルーム・エス」、新発売の「メンソール・パープル」

<関連記事>
・【吸ってみた】プルーム新製品は、吸い応え強化の低温加熱式と、初の高温加熱式の2機種!
・「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を比較! 低温加熱式タバコはどっちがイイ?
・「プルーム・エス」と「グロー」を比較! それぞれどんな人に向いている?
・生みの親が語る、低温加熱式タバコ「プルーム・テック」誕生秘話

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る