特別企画
誰かに聞いてもらえると、演奏はもっと上達する

楽器演奏を録音&オンライン配信する方法! 必要機材や予算を解説

こんにちは、ギタリストの高村尚平です。「ステイホーム」が叫ばれるこのごろ、自宅で楽しめる趣味ということで、楽器の需要が高まっています。私の運営しているギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」にも、連日ご入会希望のお問い合わせをいただいており、うれしいかぎり。楽器は基本的にひとりでも楽しめるので、ステイホーム向きの趣味と言えますから、この機会に始めてみようという人が多いんでしょうね。

演奏技術は、練習を続けるほど向上しますし、楽しみの深度もどんどん深まっていきます。私自信、かれこれ28年ほどギターを演奏してきていますが、毎年新しい気付きがあり、飽きることがありません。

ただ、ステイホームで外出がままならないと、楽器演奏の醍醐味のいくつかを体験できないのが悲しいところ。その醍醐味とは、「人前で演奏すること」と「アンサンブル(合奏)」です。演奏技術が上がってくれば「人前で演奏してみたい!」という欲が出てくるものですし、「誰かと一緒に演奏してみたい」という気持ちも湧いてきます。

ひと昔前であれば「まあ、出かけられないなら仕方ない……」と諦めるしかなかったわけですが、時代は2021年。インターネット全盛の世界です。仕事だって、リモートでおおよそのことが完結できる時代です。楽器演奏の悩みを解決するくらい、なんとかなりそうだと思いませんか?

ということで今回は、ステイホームで楽器を始めた皆さんに向けて、自分の演奏を録音して配信する楽しみ方をご紹介します! 具体的な方法や必要機材を解説していきましょう。

さあ、あなたの演奏を配信しよう!

では、外出できないこの状況で、どうやって人前で演奏すればいいのでしょうか? 方法は2つあります。ひとつは「レコーディングした音源を、楽曲配信サービスや動画配信サービスを使って配信する方法」。もうひとつは「ライブ配信サービスを使ってリアルタイムでライブをする方法」です。

前者は、納得いくまで演奏を録音し直せたり、編集をすることが可能なので、現時点での完璧な状態を配信することができます。後者は、ライブの臨場感を味わったり、チャットによるリスナーとの双方向のやり取りを楽しめます。

もちろん、配信しなくたって、自分の演奏をちゃんとレコーディングすることで作品として残すことができます。せっかく楽器を始めたなら、レコーディングの方法自体は覚えておいて損はないですよ。友人や家族にこっそりと聞かせることだってできますし。

どんな機材が必要なの? 予算の目安は?

演奏をただ録音するだけなら、もちろんスマホ1台で簡単にできてしまいます。しかし、せっかく人に聞かせる「作品作り」をするのですから、音響的にすぐれた機材を使ってちゃんと録音したいものです。

ひと昔前なら高価だった機材も、最近ではアマチュアにも手の届きやすいものになってきました。つまり、誰でも簡単にワンランク上のレコーディングが可能になったわけです。では、楽器以外にどんなツールが必要になるのでしょうか?

基本的に必要となるセットの例。筆者はMacとRME「Babyface Pro」で基本的なレコーディングを行っています

基本的に必要となるセットの例。筆者はMacとRME「Babyface Pro」で基本的なレコーディングを行っています

まず絶対に外せないのが、「パソコン」か「タブレット」(スマホでも可)です。録音から編集までを網羅した専用のソフトを使ってレコーディング作業をするのですが、このソフトを動かすためにはパソコンやタブレットが必要になります。ただし、パソコンなどをレコーディング用に新しく新調する必要はなく、よほどスペックが低くない限り、手持ちのもので十分こと足ります。

次に必要になるのが、「オーディオインターフェイス」とよばれる機材です。オーディオインターフェイスというのは、声や楽器のようなアナログ音声を、デジタル化してパソコン等に取り込む機材です。デジタル化することで、パソコンで編集できるようになります。

歌声やアコースティック楽器の収録をしたいなら、「マイク」も必要になります。エレキギターや電子キーボードのように、直接オーディオインターフェイスに接続できる楽器にはマイクは必要ありません。

では、それぞれの価格はどれくらいを想定しておけばいいのでしょうか?

これから始める初心者であれば、オーディオインターフェイスに1〜3万円程度、マイクに1〜3万円程度くらいの予算を考えておけばいいと思います。それ以外にケーブルやマイクスタンドが必要になりますが、最初は各1,000〜2,000円程度のもので十分だと思います。

そうなると、最低限に抑えれば、25,000円程度ですべての機材を揃えることができてしまうんです! 私がコンピューターレコーディングを始めたころは(約20年前)、オーディオインターフェイスだけで10万円くらいした記憶がありますから、本当にいい時代になったものです。

しかし、安いとはいえ失敗するのは怖いと思いますので、定番のマイクメーカーと、初心者でも簡単に操作できるオーディオインターフェイスを紹介しましょう。

マイクの種類と特徴を知ろう

マイクは音の入り口になる重要な機材です。マイクでサウンドキャラクターがある程度決まるのですが、初心者には、何をもっていい音なのかわかりにくいですよね。

そこで、最初の1本は定番マイクを購入しておくことを推奨します。定番には定番になるだけの理由があるので、大きく失敗することはないはず。また、そのマイクをリファレンスにすれば、2本目のマイク選びでは、より自分好みのものを選択できるようになっていることでしょう。

さて、まずマイクにおいて知っておかなければならない知識があります。それは、「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」の2種類があるということです。

左はSHURE「SM-58Bata」(ダイナミックマイク)。右はAKG「C3000B」(コンデンサーマイク)です

左はSHURE「SM-58Bata」(ダイナミックマイク)。右はAKG「C3000B」(コンデンサーマイク)です

ダイナミックマイクとは、ライブなどに多く使われるとにかく頑丈なマイクです。ハウリング(ピーという不快な音)を起こしにくく、雑に扱ってもそうそう壊れません。

対してコンデンサーマイクは、ダイナミックマイクに比べて音の解像度が高く、高音質なのが特徴です。ただ、湿度やほこりに弱かったりして、取り扱いに注意が必要です。使用には48V電源(ファンタム電源)という専用の電源が必要になりますが、これは大体のオーディオインターフェイスに搭載されていますので、心配する必要はありません。

ちなみに、ダイナミックマイクだからといって音が悪いわけではありません。普通にいい音ですし、元気な曲を歌うような場合には、ダイナミックマイクのほうが、雰囲気が出ることだってあります。

コンデンサーマイクだと息遣いまで繊細に収録できますが、逆に言えば、生活音まで拾ってしまう可能性が出てきますので、録音環境に注意が払う必要があります。自分の環境に合わせてどちらかを選択するのがいいでしょう。

では、実際何を選んだらいいのかですが、ダイナミックマイクならSHUREやゼンハイザー、コンデンサーマイクとしてはオーディオテクニカ、AKGあたりのメーカーが、低価格かつ安心して購入できる定番マイクと言えるでしょう。

▼SHURE「SM58SE」

▼ゼンハイザー「e 845 S」

▼オーディオテクニカ「AT2020」「AT4040」

▼AKG「Project Studio Line P220」「C 214」

オーディオインターフェイスについて解説

オーディオインターフェイスも、各社からさまざまな製品がリリースされています。定番のメーカーというと、Steinbergやローランドが有名です。

今回は、初心者が使いやすいモデルの一例として、audient「EVO 4」という製品を紹介したいと思います。価格.com最安価格14,000円台(2021年1月7日時点)という値ごろ感ながら、より感覚的に操作できて、かつ高音質に録音できるのがポイントです。

▼audient「EVO 4」

audient(オーディエント)はプロ向け機器のメーカーなのですが、その音響機材はビートルズで有名な「アビーロード・スタジオ」をはじめ、数多くの有名スタジオに導入されています。こういったハイエンド機材で培った技術があるからこそ、安価な製品で高音質を実現しているのでしょう。初めてEVO 4の音を聞いたとき、「この価格でこの音? 嘘でしょ?」と驚きました(汗)。

さて、このEVO 4は、デスク上に置いて使うことを前提としているため、上部に大きなノブが搭載されています。私がメインで使っているRME「Babyface Pro」もそうなのですが、これはとっても便利です! この大きなノブでのレベル調整に慣れてしまうと、小さなノブの操作には戻ることができなくなってしまいます(苦笑)。

とにかくデスクに置いたときに操作しやすいようにデザインされています

とにかくデスクに置いたときに操作しやすいようにデザインされています

そして、EVO 4の特徴として、搭載されるボタン類や接続端子の数が必要最低限であり、それぞれにアイコンが配置されてスマホのようなデザインになっていることがあげられます。そのおかげで、初心者でもわかりやすく直感的な操作が可能。数十分触ってみれば、誰でも操作ミスなく使うことができるようになるでしょう。

以下の画像をご覧いただきたいのですが、一般的なオーディオインターフェイスってボタンやノブがわりと専門的な表記になっているものが多いんです。

こちらは、筆者が普段愛用しているRMEの「Babyface Pro」

こちらは、筆者が普段愛用しているRMEの「Babyface Pro」

こちらは定番モデルのSteinberg「UR22 mkII」。どちらも、初心者がパッと見だと、各ノブが何に使うものなのかわかりにくいかもしれません

こちらは定番モデルのSteinberg「UR22 mkII」。どちらも、初心者がパッと見だと、各ノブが何に使うものなのかわかりにくいかもしれません

対して↓こちらが、EVO 4です。比べてみると、そのシンプルさがわかりやすいと思います。こういった部分でも、EVO 4はまさに初心者に打ってつけだと思います。

ボタンや端子類がとにかくシンプル! イラストアイコンが表記されているので、何がどのボタン&端子なのか直感的にわかりやすい

ボタンや端子類がとにかくシンプル! イラストアイコンが表記されているので、何がどのボタン&端子なのか直感的にわかりやすい

1:パソコンとオーディオインターフェイスを接続しよう!

ここからはEVO 4を使って、具体的な手順を解説していきます。

はじめに、パソコンとEVO 4の接続から始めましょう。とはいえ、その方法はいたって簡単です。両者をUSBケーブルで接続するだけ(笑)。その後、マニュアルにしたがってパソコンにドライバーをインストールすれば終了です。要するに、プリンターなどのPC周辺機器を購入したときの接続手順とまったく同じということですね。その後は、マイクや楽器を所定の端子に接続すれば、レコーディングや配信ライブの準備完了です!

2:マイクを接続してみよう!

続いて、マイクの接続を解説しましょう。まず、マイクの接続には「XLR」という端子が付いたケーブル(キャノンケーブル)を使用します。マイクでレコーディングするのであれば、1本は持っておく必要があります。

このマイクケーブルを使ってマイクとEVO 4を接続すれば録音準備完了! これで、歌声、生ピアノ、アコースティックギター、バイオリン、管楽器といったアコースティック楽器の録音が可能になります。

XLR端子のマイクケーブル

XLR端子のマイクケーブル

3:エレキギター/エレキベースを接続してみよう!

続いては、ユーザーも多いであろうエレキギター/エレキベースの接続について解説します。なお、エレキギター/エレキベースから出力される信号は、ちょっと特殊なんです(ハイインピーダンス)。詳しいことを解説し出すとマニアックになってしまうので今回は割愛しますが、要するに、マイクや電子楽器のようにはいきません。

そのため、多くのオーディオインターフェイスにはギター用の接続端子が搭載されていたり、ギターを接続した際にギター用に仕様を切り替えるHi-Zボタンといったものが装備されています。今回のEVO 4にもギター接続用端子が搭載されているのですが、これがエレキギターのイラストがプリントされているのでとってもわかりやすい! 接続個所を間違えることはまずないでしょう。

わかりやすくギターのイラストがプリントされているので、接続する端子を間違えることもなく安心です!

わかりやすくギターのイラストがプリントされているので、接続する端子を間違えることもなく安心!

なお、接続に必要なケーブルは、ギタリスト&ベーシストにおなじみのシールドケーブルでOK。レコーディングや配信のために、特に買い足す必要はありません。

▼エレキギターを接続するとき、アンプはどうする?

ここで一点、注意事項があります。エレキギターを直接オーディオインターフェイスに接続した場合、ギターアンプを通していないため、いわゆる「エレキギターらしいサウンド」が得られないということです。エレキギターというのは、アンプまで含めてひとつの楽器なのです。これを解決する方法が以下の3つです。

(1)実際にアンプを鳴らしてマイクで収録する
(2)パソコン、タブレット上でアンプシミュレーターのソフトウェアを使う
(3)ギターとオーディオインターフェイスの間にハード(実機)のアンプシミュレーターを挟む

どの方法も一般的ですが、自宅レコーディングや自宅からの配信の場合、なかなか大音量でアンプを鳴らすこともできないでしょうから、(2)か(3)のようにアンプシミュレーターを使用する方法が現実的だと思います。

(2)のようにパソコン上で使うソフトなら、個人的に大好きなPositive Gridの「BIAS FX2」がオススメ。BIAS FX2は、アンプサウンドに加え、エフェクターも自由に設定することができるので、サウンドメイキングがこれだけで完結します。

(3)のハードも各社よりすばらしい製品がたくさんリリースされていますので、気に入ったものを選ぶといいでしょう。私自身はPositive Grid好きなので、「BIAS Mini Guitar」を使っています。Positive Grid製品の詳細は、以下の過去記事をご参照ください。

【関連記事】
無敵のギターアンプヘッド「BIAS Mini Guitar」8つの魅力を徹底解説!
最強の練習用ギターアンプ「Positive Grid Spark」の魅力を徹底解剖!

4:キーボードを接続してみよう!

去年から始まったステイホームで、キーボードや電子ピアノといった鍵盤楽器を始めた人も多いことでしょう。続いては、そんな電子鍵盤楽器をオーディオインターフェイスに接続する方法を解説します。

楽器の性格上、出力はケーブルを2本使ったステレオ出力が望ましいので、エレキギターやベースと同じフォーン端子のケーブルを使用します。接続はとても簡単で、キーボード側のアウトプットにつなげた2本のケーブルを、マイクをつなげるのと同じ端子に接続するだけ。端子は、キャノン端子もフォーン(PHONE)端子も両方接続できるようになっています。

こんな感じで、フォーン端子をステレオで接続します

こんな感じで、フォーン端子をステレオで接続します

このとき、L/Rの各チャンネルで異なるレベル(音量)を設定することもできますが、基本的に両チャンネルを同じレベルにして音声入力するのが一般的です。EVO 4では、チャンネル1と2を同時に押すことで、簡単に両チャンネルをリンクさせることができますよ。これらの楽器をメインでレコーディングするならぜひ覚えておいてくださいね!

このように、チャンネル1と2を同時に押すだけで、両チャンネルをリンクできます

このように、チャンネル1と2を同時に押すだけで、両チャンネルをリンクできます

5:レコーディングをしてみよう!

ここまでで、マイクや楽器をオーディオインターフェイスに接続することができました。

これでハード面のレコーディングの準備は整ったわけですが、ここでひとつ決めておかなければならないことがあります。それは、使用するDAWソフトを何にするかということです。DAWとは、Digital Audio Workstationの略で、音楽制作に必要な作業を網羅したパソコン用ソフトウェアのことです。

各社より個性豊かなDAWソフトが発売されていますが、EVO 4には定番中の定番「Cubase LE」が付属しているんです。なので、まずはこれで始めてみてはいかがでしょうか? Cubaseは、DAWソフトの中でも比較的直感的に操作できます。少しマニュアルを読めば、すぐにレコーディング作業を始められると思います(以下、Cubaseの公式動画です)。

ただ、もしMacを使ってレコーディングをするということであれば、プリインストールされている「Garage Band」を使うのも手です。Garage Bandはとにかくシンプルなので、初心者でもすぐに覚えられるはず。なお、EVO 4はiOSにも対応しているので、iPadやiPhone版のGarage Bandでも使用可能です。Garage Bandを使うことで、デバイスを選ばずにシームレスにレコーディングや編集を進めることができるのは大きな魅力です。

録音方法については、各ソフトに依存する部分なのでここでは割愛しますが、どのソフトを使うのであっても重要になってくるのが、いかに適切な入力レベルで録音をするかということ。各楽器の信号を適切な量でパソコンに取り込む必要があるのです。このレベルが大きすぎると音が歪んでしまいますし、小さすぎるとパンチのない弱々しいサウンドになってしまいます。編集である程度のカバーはできますが、逆に言えば、ある程度までしかカバーできない部分でもあるのです。

レベル調整は、オーディオインターフェイスについているインプットレベルのツマミ(ノブ)を、DAWソフト上に表示されるインプットレベルのゲージに赤ランプがつかないギリギリのレベルまで回すだけで完了します。

インプットゲージが上のほうまで振れています

インプットゲージが上のほうまで振れています

▼超便利機能「スマートゲイン」に注目!

この入力レベルの調整は、初心者のうちは結構失敗してしまう部分でもあります。ところが、そんな初心者をサポートする機能がEVO 4には搭載されています。「スマートゲイン」という機能です。スマートゲインとは、自動で入力レベルの調整をしてくれるという超絶便利機能! 私がこのEVO 4を初めて触ったときに、個人的に最もテンションが上がった機能でした。

この緑のボタンがスマートゲインです。超便利!

この緑のボタンがスマートゲインです。超便利!

操作方法もスマートで(笑)、スマートゲインのボタンを押して、任意のチャンネルを選択。その後、もういちどスマートゲインのボタンを押し、ボタンが赤く点滅し始めたら、歌ったり、演奏をするだけです。その音声に最適な入力レベルへの調整が終わったら、緑に2回点灯して教えてくれます。あとは、DAWのRECボタンを押してレコーディングするだけ!

ここからは各自の作品作りになるので、ご自身に必要な情報を楽しく研究してみてください。打ち込みを駆使してかっこいい伴奏を作るもよし、楽器1本だけで聞かせるもよし。イマジネーションのおもむくまま自由に楽しみましょう!

6:音源が完成したら配信してみよう!

音源が完成したら、「Sound Cloud」や「note」といったサービスを使って、その音源をオンラインで公開することができます。または、「YouTube」などの動画サイトへ、簡単な画像をつけてアップロードすることだってできます。

公開してみると、案外聞いてくれる人が現れるものです。最初は友達しか聞いてくれないかもしれませんが、アップする音源が増えていけば、少しずつ再生数が伸びていくはずです。こうなってくると、毎日再生数を確認するのが楽しみになっちゃいそうですね!

私もステイホームで時間ができたので、完全に個人的なPodcastをコッソリと始めてみたのですが、なぜか少しずつリスナーが増えてくれています。おかげで、毎日の生活にハリが出てきています(笑)。

このように練習のモチベーションにもつながりますので、せっかく演奏を始めたのなら、ぜひ配信にチャレンジしてみてくださいね!

リアルタイムのライブ配信もいい音で!

リアルタイムで行うライブ配信も、これまでにご紹介したのとまったく同じ機材で行うことができます。DAWソフトを介在させない分、よりシンプルとも言えますね。各楽器の入力レベルを調整したら、各配信サイトにログインして配信するだけです。もちろん動画を撮影するカメラも必要ですが、ひとまずパソコンやタブレット、スマホを使って始めてみるといいでしょう。

なお、EVO 4には「ループバック」という機能が搭載されています。これはライブ配信時にとても役立つもの。通常は音声や演奏と同時に、パソコン上に保存してある音源をBGMとして再生することができないのですが、この機能を使うことで、音声や演奏に合わせて、BGMを流すことができてしまうのです!

BGMがあればトーク中の雰囲気も出しやすくなりますし、カラオケ音源に合わせて歌ったり、演奏したりすることだって簡単にできますね。

番外編:オンラインセッションしてみよう!

ここからは番外編として、以前記事にした「オンラインセッション」の方法を紹介させてください!

ヤマハの「SYNCROOM」というアプリを使うと、離れた場所にいる人同士でリアルタイムの同時演奏が可能となります。これはかなり刺激的な体験で、ステイホームで自粛を余儀なくされているにも関わらず、バンド活動やセッション活動を継続させることができるんです。

ヤマハのオンラインセッションサービス「SYNCROOM」のアプリケーション

ヤマハのオンラインセッションサービス「SYNCROOM」のアプリケーション

ヤマハのプレスリリース画像より。オンライン空間で、みんなでバンドセッションできる! というイメージです

ヤマハのプレスリリース画像より。オンライン空間で、みんなでバンドセッションできる! というイメージです

SYNCROOMのウェブサイト上では、演奏相手を募集している人たちが「ルーム」という仮想の演奏部屋を作って、合奏相手を募集しています。気に入ったルームがあれば、気軽に参加してセッションを楽しんじゃいましょう!

せっかくオーディオインターフェイスなどの機材を揃えたのですから、外出できずにいるミュージシャン同士、演奏を通して親交を深めるのもおもしろいかもしれませんよ!?

【関連記事】
Zoom演奏会しよう! オンラインでリアルタイムセッションする方法
(※上記記事では、SYNCROOMが正式リリースされる前のβ版「NETDUETTO」を使用していますが、基本的な使い方は同じです)

まとめ

ステイホームで楽器を始めて、練習しているうちにだんだん演奏レベルが上がっても、ひとりで楽しんでいるだけだと飽きてしまうものです。やっぱり音楽というのは、人に聞いてもらったり、コミュニケーションをしながら一緒に演奏することが大きな醍醐味です。

こういった配信環境は比較的安価に揃うことがご理解いただけたと思いますので、楽器演奏を始めたら、次はぜひ録音・配信にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

高村尚平

高村尚平

藤沢市のギター教室「ギターの処方箋TAKAMURA」を運営するギタリスト兼講師。ギターと機材が三度の飯より好き。過去には機材メーカーに在籍し、全国で実演セミナーを開催していたほど。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る