レビュー
気になるノンニコチンスティックを吸ってみた

アイコス互換「ニコレス」に新顔! 「ストロングメンソール」は“史上最強”の爽快感

加熱式タバコ「アイコス」の専用たばこスティックの代わりに、茶葉を使用したスティックを使用することでニコチンカットを実現する茶葉スティックがブームだ。

今回、その元祖として人気を誇っている「NICOLESS(ニコレス)」から、「史上最強(※)の爽快感」をうたう「ストロングメンソール」が新たに登場。さっそく試してみた。
※メーカー談。NICOLESS 史上最強

「ニコレス ストロングメンソール」。20本入りで418円(税込)

「ニコレス ストロングメンソール」。20本入りで418円(税込)

<関連記事>
「アイコス」で使えるニコチンゼロの「NICOLESS(ニコレス)」で無理なく減煙!

ニコチンを含まないノンニコスティックの先駆け的存在

「ニコレス」は2018年3月の発売以降、累計販売箱数700万箱を突破したという人気のノンニコチンスティックだ。その最大の特徴は、たばこ葉ではなく茶葉を使うことで「ニコチンを含まない」という点。ウーロン茶をはじめお茶の産地として有名な、中国の福建省産の上質な茶葉を使用している。

ブラックを基調としたパッケージが、強くてクールな印象

ブラックを基調としたパッケージが、強くてクールな印象

ただし、ニコレスはあくまで「ニコチンを含まない」製品であり、茶葉の高温加熱によって発生する物質にどこまで健康影響があるかは判断ができないので注意してほしい。このあたりは紙巻きタバコや通常の加熱式タバコと同じ話ではある。

特に妊娠、授乳中の人は注意したい。未成年者の使用も推奨されない。なお、販売代理店のVUENは、「ニコチンや、その他健康被害の恐れのある成分について検査し影響ないことを確認」としている(具体的な資料は公開されていない)。

体当たりで押し寄せる! 「おっ」と思うレベルのメンソール

さて、というわけで「ニコレス ストロングメンソール」である。パッケージを開けると強いメンソールの香りで、なかなか強そうだ。

「ニコレス ストロングメンソール」は、既存の「ニコレス メンソール」よりも強い吸い応えを求めるユーザーに向けて、メンソールを増量。ただし、メンソールの量は多すぎるとのどに刺激や痛みを感じるユーザーも出てくるため、多ければよいというわけではない。

そのため、「ニコレス ストロングメンソール」では配合の試行錯誤を繰り返し、すっきりとした爽快感と、のどにガツンとくる刺激をバランスよく両立させた吸いごたえを実現したという。

フィルター部分がブラックで、シルバーの「0」がプリントされている。クールな配色だ

フィルター部分がブラックで、シルバーの「0」がプリントされている。クールな配色だ

茶葉はみっしり詰まっていて、アイコスのホルダーへの差し込み感も純正スティックと変わらない印象。しっかりと詰まっているが、差し込みはスムーズだ。

茶葉はぎっしり詰まっており、アイコスへの差し込み時も安定している

茶葉はぎっしり詰まっており、アイコスへの差し込み時も安定している

実際に試してみる。これまでも、「ニコレス」は「メンソール」「ミント」などを発売しており、筆者も試してみたが、それらに比べてもキック力は強く、メンソールがグッと広がる。キックと言うより体当たりでメンソールが押し寄せる感じだ。「メンソール」「ミント」に比べても強いアタックで、とにかくメンソールなのだ。「おっ」と思うレベルで、メンソールが欲しい人には最適だろう。

差し込みや吸った時の感覚は、アイコス純正のタバコスティックと違いは感じない

差し込みや吸った時の感覚は、アイコス純正のタバコスティックと違いは感じない

「マールボロ ブラック・メンソール」にも負けないメンソールのアタック

アイコス純正スティックには「マールボロ ブラック・メンソール」(以下、ブラック・メンソール)があって、これもかなり強いメンソール感がある。「ブラック・メンソール」は、鋭くメンソールがのどを刺激し、そこにニコチンの喫味が加わって強くたばこ感を感じさせる製品だ。

「ニコレス ストロングメンソール」は、「ブラック・メンソール」と比較しても負けない十分な強さがある。むしろ、「ニコレス ストロングメンソール」のあとに「ブラック・メンソール」を吸うと、メンソールを感じずにニコチンの喫味がストレートに感じられるほど、メンソールが口内に残って爽快感が持続する。

「ブラック・メンソール」と比較しても十分なメンソール感

「ブラック・メンソール」と比較しても十分なメンソール感

「ニコレス ストロングメンソール」は、あとからくるニコチンのざらついた喫味はないが、茶葉を熱したことによる独特の香りがあり、それが意外にたばこ感を感じさせる。これは「ブラック・メンソール」にはない味わいで、お茶のような風味だ。このあたりは好みが分かれるところだろうが、個人的にはアクセントとしてありだと感じた。

吸い方にもよるのかもしれないが、吸っている間にメンソール感よりも茶葉の味が勝ることがあって、そうすると雑味と感じる場合はあった。ただ、最後までメンソール感が強いことのほうが多く、吸い方の違いが影響したのかもしれない。また、アイコス専用スティックと比べて周囲の漂う独特の香りが抑えられている印象もあり、それは好印象だ。

「求めていたのはニコチンではなくメンソールだった」と気づくかも

「ニコレス ストロングメンソール」の味わいは「ブラック・メンソール」と比べても強い爽快感で、ニコチンのないことを補ってくれるレベルでメンソール感が押し寄せる。とにかくメンソールの味わいが好きだという人ならうまさは感じられるだろうし、「自分が求めていたのはニコチンではなくメンソールだった」と気づく人もいるかもしれない。そうした人たちには十分おすすめできる製品だ。

20本入りの1ボックスが418円(税込)と、アイコスのスティックと比べても安価なところもうれしい。たばこ税がない割にはそれほど安くない、という印象もあるが、とにかくガツンとくるメンソールを味わいながら、ニコチンの摂取量も減らせる製品と言えそうだ。

左から、「メンソール」「ストロングメンソール」「ミント」。このほか、「レモンメンソール」「オレンジメンソール」もラインアップしている

左から、「メンソール」「ストロングメンソール」「ミント」。このほか、「レモンメンソール」「オレンジメンソール」もラインアップしている

<関連記事>
元祖ノンニコチンスティック「ニコレス」に「オレンジメンソール」登場!

※本記事は喫煙を推奨するものではありません。ご利用にあたっては、健康リスクなどをご考慮のうえ、注意・マナーを守ってご使用ください。

小山安博

小山安博

編集者からライターに転身。PC、デジカメ、スマホ、セキュリティ、決済などのジャンルをつまみ食い。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る