いいモノ調査隊
組み立て時間はたったの5分!

誰得!? “盆栽”を組み立てる和のプラモデルが新登場

さて今回ご紹介するのは、一風変わったプラモデルです。こちら「1/12 The Bonsai 松」です。え? 盆栽? 盆栽ってあの盆栽ですよね? それがプラモデル? いったいなんのこっちゃとお思いでしょうが、これがまたなかなかおもしろい商品となっております。新たなジャパニーズカルチャーとして海外に発信したいアイテムになるかもしれませんよ。

外国人に受けそうなテイストのパッケージです

外国人に受けそうなテイストのパッケージです

開封すると中身はこれだけです

開封すると中身はこれだけです

そうなんですよ。写真を見ておわかりのとおり、プラモデルとはいえ、実際のパーツ数はわずか5パーツ。これに台座を加えても全7パーツという少なさです。プラモデルというにはちょっと少ないですかね。ただ、よくご覧になっていただくと、松の葉の部分がプラモデルっぽくありませんよね。目に見えてふわふわしております。これどうなっているんでしょうか?

葉に当たる部分です。なんかふわふわしています

葉に当たる部分です。なんかふわふわしています

さらに拡大。これプラモデルじゃあありませんね!

さらに拡大。これプラモデルじゃあありませんね!

この松の葉に当たる部分なのですが、なんと、針葉が植え込まれているのですよ。なので、この部分だけは実際の葉のようにふわふわ、チクチクしております。まさに盆栽テイスト。しかもこの葉、ハサミを使って自分で剪定することもできるのです! オリジナルの松を作ることもできるというわけですね。ここらへんちょっと楽しそうです。では、実際に作っていきましょう。組み立てには接着剤が必要ですので、プラモデル用の接着剤を用意しておいてください。また鉢や台座の部分は自分で塗装できますので、塗装したい方はプラモデル用の塗料をこれまた別に用意してください。今回は塗装なしで作っていきます。

なんだかとてもわかりにくい説明書でした

なんだかとてもわかりにくい説明書でした

作り方は簡単。説明書にそって、枝のパーツを土部分となるパーツに接着していくだけです。わずか5分で完成します。ただ、このイラストメインの説明書がとてもわかりづらかったです。普通の取説でええやん! と突っ込んでしまいました。さてあっという間に完成したのでじっくりと見ていきます。松の部分はいかにも「ザ・盆栽」というテイストな作りですね。日本の心というか、外国の方も喜びそうなデザインです。

まさに「ザ・盆栽」という仕上がりです

まさに「ザ・盆栽」という仕上がりです

針歯部分のチクチクがリアル感を出しています

針歯部分のチクチクがリアル感を出しています

完成して眺めていると、やはり針葉部分のリアルさが際立ちますね。これハサミを使って剪定したくなりますよ。また1/12という縮尺サイズということで、可動フィギュアのサイズにあった大きさとなっているのもおもしろいところ。フィギュアの小物としても使えるリアルな盆栽にもなるわけですよ。ということなので、最近多くなったこの1/12サイズのものを見繕って盆栽プラモデルを楽しむことにしました。100円ショップのキャンドゥに行くと、このサイズに合わせたかのようなウッドクラフトが多数売っております。今回はその中から「背景 和室・坪庭」と「ちゃぶ台」をセレクトしてみました。いやこれがすばらしい組み合わせになりましたよ。

背景セットと揃えるとかなりリアル感が増してきます

背景セットと揃えるとかなりリアル感が増してきます

ハサミということでこの方に登場していただきました。リアル感ぶち壊しですが…

ハサミということでこの方に登場していただきました。リアル感ぶち壊しですが…

和室に合うフィギュアが手元になかったので、ハサミ関連のバルタン星人に登場していただきました。きっと彼も和の心に触れたら侵略なんてやめて、こうやって盆栽を楽しんでくれたのではないでしょうか? キットはとてもチャレンジ的な商品で、見た目もとてもよくできておりますが、価格面を考えるとちょっとお高い感じがします。シリーズは今後も続くみたいなので、複数揃えて飾ると気分も出るのではないでしょうか?

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ 【暇な人必見!】家でできる最強の暇つぶしアイデア30選

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る