いいモノ調査隊
手の届かないところも大丈夫♪

部屋の中から外窓掃除。便利アイテム「窓ふき名人」が超活躍!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2階以上の部屋の外側の窓拭き、皆さんはどうしていますか? ベランダや足場がある場合には問題ありませんが、そうではない場合はなかなか大変ですよね。 筆者宅でも一部の部屋の外側の窓は、足場がないため、窓から身を乗り出して掃除をしなければならず危険なので、実はあまり掃除ができていません。

ベランダや足場のない窓の外側のお掃除は、このように窓から身を乗り出して外側を拭いています

ベランダや足場のない窓の外側のお掃除は、このように窓から身を乗り出して外側を拭いています

とはいえ、窓の外側は頻繁に掃除をしていてもすぐに汚れてしまいます。現在の住居に引っ越して以来、ずっと気になっている掃除箇所です。

ベランダや足場がなくても室内から拭けちゃうグッズ

なんとかならないものかといろいろ探して見つけたのが本商品「窓ふき名人」。窓の拭き掃除用のモップなのですが、持ち手の部分がU字状になっており、窓から身を乗り出さなくても、室内にいながら窓の外側を拭くことができるというアイデア商品です。

スポンジのほかに、水をかき取ることができるワイパーと2種類のクロスが付属。スポンジヘッドの枠の部分に新聞紙なども挟めるので、複数の方法で窓の拭き掃除が可能です。

本品の内包物。本体は組み立て式です

本品の内包物。本体は組み立て式です

組み立てはヘッド部分を1か所ネジ留めする以外は、はめ込むだけなので超簡単!

組み立てはヘッド部分を1か所ネジ留めする以外は、はめ込むだけなので超簡単!

持ち手の部分は収縮式で最大約1.4mまで延長が可能。スポンジのヘッドの部分も90度まで曲げることができ、持ち手の部分も90度ごとに360度位置を調整できます。

下層階に注意してスポンジで拭いてみた

ということで、付属のスポンジ、クロス、ワイパー、それぞれを使ってみました。

まずはスポンジです。

ヘッドに何も付けない状態がスポンジ

ヘッドに何も付けない状態がスポンジ

何も装着する必要がないので、最も手軽に掃除がしやすいです。ただし、水を浸してから押さえつけ、ある程度水分を抜かないと水が下にかなり垂れてしまうため、共同住宅などの上層階では別途防水性のシートなどを用いたほうが無難です。水垂れを防ぐために水分を抜くとスポンジならではのフィット感がなくなり、痛しかゆしなところも……。

スポンジヘッドは垂直方向に90度まで変えられるほか、下側にも10度ほど傾けられます

スポンジヘッドは垂直方向に90度まで変えられるほか、下側にも10度ほど傾けられます

持ち手は下側にある2か所のロックを解除することでそれぞれ伸縮させられ、最大約1.4 mまで延長可能

持ち手は下側にある2か所のロックを解除することでそれぞれ伸縮させられ、最大約1.4 mまで延長可能

さっそく気になっていた部分のお掃除開始です。足場がなく、窓の外側を掃除するには、身を乗り出さなければならない窓でお試ししようとしたところ……実はここで予定外の問題が発生してしまいました。

というのも網戸の問題です。虫の侵入を防ぐための網戸がどうしてもじゃまになってしまって一部掃除できない場所が存在してしまいました。これは本製品自体の問題はないのですが、日本では窓のサッシに網戸が取り付けられているのが標準。窓の大きさによってはどうしても手が届きにくい場所が存在してしまうおそれがあります。

持ち手がU字型のため、窓から身を乗り出さなくても窓の外側にヘッドを密接させられます

持ち手がU字型のため、窓から身を乗り出さなくても窓の外側にヘッドを密接させられます

そこで大変残念ではあるのですが、網戸を片側に完全に寄せた状態にして、本製品の持ち手をぐっと伸ばし、窓のある部屋に隣接したベランダ側から拭くことでなんとか問題を解消。単に柄の長いモップを使えばよかったのではないかとも思いましたが、U字型でベランダから身を乗り出す必要がないため、やはり安全。

続いてクロスを使って拭き掃除。

スポンジに比べると繊維の凹凸があり、よりゴシゴシと窓を拭けます。凹凸といっても窓が傷つくほどではありません。ただし、摩擦によってクロスがズレてしまうことがあり、やや気を使いながらの使用となります。

こちらが付属のクロス(2種類)と、防水布(一番右)です

こちらが付属のクロス(2種類)と、防水布(一番右)です

ヘッドに巻き付けるように装着

ヘッドに巻き付けるように装着

クロスで拭き取っているところ

クロスで拭き取っているところ

そしてワイパーへ。

サッとスライドさせるだけで水を切ることができ、拭いて掃除するよりも短時間で済むのが魅力のワイパー。下から上へ使用するのが原則なので、使用場所を選ぶ感じです。縦方向に垂直に手を伸ばせる場所では効果的!


筆者宅では網戸がどうしてもじゃまになってしまい、室内側から外側を拭くのには適していませんでした。もっと広い窓であれば活躍できたはず。そこでベランダから攻めることに。U字型のハンドルにより手をベランダの外に大きく伸ばさなくて済むのでより安心して掃除ができました。

ベランダ側から本品を伸ばして掃除することにしました

ベランダ側から本品を伸ばして掃除することにしました

室内から使うとこんな感じです

室内から使うとこんな感じです

手軽に掃除できるからこまめに使いたい

本体の重量は約600gあるのですが、持ち手の部分を伸ばすことで重心バランスが持っている手からは遠いほうへ移動してしまうため、男性が使用する場合には問題ないのかもしれませんが、女性の力では長時間は少々つらいというのも正直な感想。

今回はずっと掃除をしていなかったために汚れがひどく時間がかかってしまったのですが、こまめに拭いていれば短時間で済み、もっとラクに掃除ができるかもしれません。

「窓ふき名人」でちょくちょく外窓をきれいにし、さっぱりとした夏を迎えてみませんか?

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る