いいモノ調査隊
何もできないあの時間を、少しでも短く

髪が一番早く乾くのはどれ? 速乾ヘアアイテムを徹底比較!

こんにちは、ペパーミントです。
ずいぶん過ごしやすい気候になってきましたよね。私はお風呂が好きなんですが、湯船につかるのが気持ちいい、イイ季節がきたなぁと実感しています。


ただ、お風呂は好きですが……面倒なのが、髪を乾かすこと。私はもともとボブぐらいのヘアスタイルが多かったんですが、近頃ロングヘアになりつつあります。

今、私の髪の長さはこれぐらいのセミロング。ややロングに近づいているような長さなので、乾かすのもひと苦労

今、私の髪の長さはこれぐらいのセミロング。ややロングに近づいているような長さなので、乾かすのもひと苦労

ドライヤーで髪を乾かしている時間が長いと、お風呂に入った後なのにドライヤーの熱とぬれた髪の湿気でまた汗をかいちゃうのがすごーく嫌です! 髪の長い方ならこの悩み、共感いただけるかと。そこで今回、こんな調査に挑戦してみました!

一番髪が早く乾く方法選手権!

最近は、髪を早く乾かすためのさまざまなアイテムがあるのを知っていますか? 専用のタオルや、スプレー、さらにはシャンプーまで!


いろいろと探してみると、ざっくりと以下の4種類に分類されるみたい。
・速乾スプレー
・速乾シャンプー&コンディショナー
・速乾タオル
・ヘアドライ手袋
この中から1つずつ、ペパーミント的に気になるアイテムを4つピックアップしました!

こういうアイテムって、本当に効果があるのか、使い心地や髪への負担など、いろいろ気になりますよね。そこで、それぞれの使い心地を調べるのはもちろん、髪が乾くまでの時間を計って対決したいと思います!!

正しい髪の乾かし方

対決の前に……まずは正しい髪の乾かし方をご紹介しながら、いつものタイムを計ってみましょう。

しっかりタオルドライ

いつものシャンプーとトリートメントをしてお風呂から上がったら、まずはしっかりタオルドライ。


タオルで「ゴシゴシ」拭いてはいけません! 髪の毛はぬれているときが一番デリケートな状態らしく、ていねいにやさしく扱ってあげてください。タオルで髪を包んで「ポンポン」とやさしく水分をとります。

アウトバストリートメントを付ける

そのあと、ドライヤーの熱から髪を守るために、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)を付けます。

私の場合はオイルタイプのものを使っています

私の場合はオイルタイプのものを使っています

アウトバストリートメントにもかなり種類がありますが、髪の質やなりたい髪の状態に合わせて使用するのがいいと思います。私はしっとりしたものが好きなので、オイルタイプを使用していますが、ほかにもミルクタイプやスプレータイプなどいろいろありますよ。好きな香りで選ぶのもいいかも♪

ドライヤーは「根元から毛先」が鉄則

では乾かしていきます

では乾かしていきます

髪の毛から10cmほど離してドライヤーの風をあてます。
まずは前髪から。根元のあたりから乾かすことでうねりやクセを防げます。

そして、次は髪全体の根元や生え際へと移ります。
乾かし方としては、ドライヤーの熱が1か所にとどまらないように、風を散らすような感じで手と指を動かして乾かしていきます。

ボリュームアップしたいときは、このように下をむいて乾かすのもいいです

ボリュームアップしたいときは、このように下をむいて乾かすのもいいです

根元や生え際→毛先という順番を意識して乾かしていきます

根元や生え際→毛先という順番を意識して乾かしていきます

そして全体が乾いたら最後にドライヤーを温風から冷風に変えて、髪全体にあてます。こうすることでキューティクルが整うそう! 髪にツヤが出ますよ。

乾きました!

乾きました!

私は最後にこの乾いた状態で、またちょっとだけアウトバストリートメントを全体に付けたりもします。

さてさて……では、ドライヤーを起動していた時間はいったいどれくらいでしょう。


7分24秒!

個人的にはドライヤーの時間は、5分ぐらいで済ませたいところ。

では、髪を早く乾かすためのアイテムを1つずつ試して、タイムを計っていきます!

1. 速乾スプレー(ヘアリエ クイックブローミスト)

最初は「速乾スプレー」を試してみたいと思います。今回はドラッグストアでもよく見かける「ヘアリエ クイックブローミスト」を選んでみました。


使い方はいたって簡単。タオルドライ後、髪の内側、根元を中心にスプレーし、手グシやブラシで髪全体に行き渡らせます。
とってもいい匂いです。私が購入したのは「メロウフルール」という香りのもの。

あとはドライヤーで乾かすだけ!

ではタイムアタック!!

ではタイムアタック!!

乾きました!!

乾きました!!

時間は……。


なんと、「4分33秒」! 通常時より約3分も巻いています。さっそくすごいですね。実際乾かしながら確かに、いつもより早く乾いていく実感がありました。

この「ヘアリエ クイックブローミスト」を付けると早く乾く秘密は、速乾成分(エタノール)が髪の水分を連れて一緒に蒸発するからだそうです。
エタノールと聞くとちょっと乾燥が心配になりましたが、浸透系トリートメント成分、毛髪保護系トリートメント成分で、内と外からW補修してくれるみたい。ドライヤーを長時間あてるより髪によさそう♪ 初めて使いましたが、結構いいですね。

2. シャンプー&コンディショナー(エッセンシャル スマートブロードライ)

次は、なんと速乾仕様のシャンプー&コンディショナーで「エッセンシャル スマートブロードライ」。あの「エッセンシャル」がそんな商品を出しているのは知りませんでした。公式サイトによると、ドライヤー時間を20%カットできるそうです。
使い方は、ただいつもどおりシャンプーとコンディショナーをして、乾かせばいいというだけ! 本当に早く乾くのでしょうか?


シャンプー&コンディショナー完了です! 洗い心地は特に通常のものとなんら変わりませんでした。
では乾かしていきます。タイムアタック!!


少しパサつきを感じるような気もするのですが、完了!
さてさてタイムは?


4分52秒」! お〜! 速乾スプレーよりほんの少しだけ長くなりましたが、十分な時短となっています!

この「エッセンシャル  スマートブロードライ」によって髪が早く乾く秘密は、キューティクルを整えることで髪の表面がつるつるになり、1本1本の髪の毛が絡まりにくくなることで、ドライヤーの熱や風が均一に行き渡り、乾かす時間を短縮できるとのこと。不思議です……!

3. 速乾タオル(ハホニコ ヘアケアドライタオル マイクロファイバー)


さて、続きまして使用するのは速乾タオル「ハホニコ ヘアケアドライタオル マイクロファイバー」です!
「美容師さんが考えた髪のためのタオル」と記載があります。
これは期待できる……!


出してみると、……もう、肌触りが最高なんです。通常のタオルとは異なるカットパイル仕様とのこと。普通のタオルは1本1本の繊維が輪っか状になっていますよね。その輪っか部分を刈り取っているので、滑らかでひっかかりのない仕上がりなんです。

ふわふわでずっと触っていたい〜!!

のはやまやまですが、髪を通常どおり洗いましたので、このタオルでタオルドライしてドライヤーで乾かしていきたいと思います。

タオルの大きさは38×85cm

タオルの大きさは38×85cm

髪を拭くのに大きすぎず、小さすぎずサイズにもこだわっているようです!

すごい吸収力に驚きです!

すごい吸収力に驚きです!

普通これぐらいの大きさのタオルの場合、ロングヘアを1回タオルドライするとタオルが水分をかなり含んでしまうのですが、これは1回タオルドライしてもまだまだ水分を吸収できそうなんです。

それもそのはず……なんと、通常の綿100%のタオルの約4倍の吸水量だとか!
ただでさえ吸水力の高いマイクロファイバーの、さらに毛足の長い素材を使っているからこそですね!
では、十分にタオルドライできたところでドライヤーで乾かしていきます。

乾きました♪ なんかツヤも出たような……?

乾きました♪ なんかツヤも出たような……?

ではタイムは?


き、きた〜! 最早です! 今のところの最早の「4分07秒」です。
いつも使っているタオルをこれに替えてタオルドライしただけなので、特に何かをしたという感覚がないのにこれはすごい!

4. ヘアドライ手袋(おふるん女子 しっかり吸水 パイル&ガーゼヘアドライ手袋)

最後はこちらのヘアドライ手袋「おふるん女子 しっかり吸水 パイル&ガーゼヘアドライ手袋」! タオルで有名なあの今治産ですよ。

ヘアドライ手袋とは、ドライヤーをしながら、ドライヤーを持つほうとは逆の手に着けて髪を乾かすアイテムです。手袋型のタオルで、効率よく水分をキャッチしながら乾かすことができるので、早く乾くというわけなのです。

左右兼用なのでどちらの手でも使えますよ!

左右兼用なのでどちらの手でも使えますよ!

手に着けるとこんな感じ! 手に当たる側はガーゼになっているので、蒸れにくいです♪
表面はかなりふわふわ滑らかで気持ちのよい肌触り。高吸水の秘密は、繊維の間にたくさん隙間ができる“特殊撚糸(ねんし)パイル”というものを使用しているからだそうです。

ではタイムアタック!

このように手にはめて、通常どおり乾かしていきます

このように手にはめて、通常どおり乾かしていきます

終了!!


さて、タイムは……


5分49秒」! 4商品の中では一番遅い結果となりましたが、通常よりは早かったですね♪
手袋をしていると、どのくらいまで髪が乾いてきているのかが判断しにくく、何度か手袋を着けたり外したりする時間もあったことから、少し時間をとられてしまったかな? という印象です。でも普通に乾かすよりは時短になりました!

1位は速乾タオル! すごい!

さて、全4商品を試して時間を計ってみました。乾くのが早かった順に結果を発表します!

個人的には結構感動しました! 普通に乾かした場合、7分24秒だったので、1位のタオルはもう少しで1/2の時間で乾かせるということになります。何かを“つける”わけでもなく、タオルを替えただけで時短になるのってすごいなって思いました。

全部使ったらどんな早さに……?

ここまで読み進めてくれた方は、きっと気になっていることでしょう。
この4商品を一気に使ったら最早記録が出せそうですよね!?

ではやってみましょう!

ではやってみましょう!

まずは速乾シャンプー&コンディショナーで洗い……

まずは速乾シャンプー&コンディショナーで洗い……

速乾タオルでタオルドライし……

速乾タオルでタオルドライし……

速乾スプレーを付けて……

速乾スプレーを付けて……

ヘアドライ手袋を使って乾かしていきます!

ヘアドライ手袋を使って乾かしていきます!

いざ…タイムアタッッッッッック! 期待大!

いざ…タイムアタッッッッッック! 期待大!


あ……これ間違いなく早い気がします。
乾かしてるときから、なんかもうわかりました。

終了〜!!

終了〜!!

さて、タイムはいかに!!


……3分46秒〜!

すっっっごい、早いです! 早いです!
ついに4分を切ってしまいました。すごい!
通常時は7分24秒でしたので、約1/2の時間で髪を乾かすことができました。
し、しかし、一応お伝えしたいことが……やはり4商品の「乾燥させる」機能がたくさん備わっているせいか、乾かしたときに髪の毛のパサつきを若干感じてしまいました。
これだけフル活用すると、速乾には大変すぐれていますが、髪の乾燥もちょっとあるのかもしれません。

まとめ

どれも初めて使ってみたのですが、どの速乾アイテムもしっかりと機能していて驚きの連続でした!
中でも気に入ったのは「ハホニコ ヘアケアドライタオル マイクロファイバー」です。一番早く乾かせたのもありますが、何よりタオル自体の手触りが本当に最高なんです。タオルドライをするだけなので、特別な何かを使ったわけではないという点も髪にやさしそうでいいですよね♪

どの商品もそれぞれ、髪質や体質、頭皮の状態などによって個人差はあると思いますが、朝晩が冷えてくるこれからの季節「髪を早く乾かしたい」方への参考になれば幸いです!

ペパーミント

ペパーミント

都内を中心に活動するミュージシャンです。歌ったり作ったりしています。よろしくお願いいたします! http://www.peppermint-web.net/

関連記事
ページトップへ戻る