いいモノ調査隊

微粒子を95%以上捕集できる「N95マスク」で、大気汚染対策

今、中国の大気汚染が問題になっています。その大気は日本にも到達しており、西日本の各地では、1月の末の時点で国の基準を超える大気汚染物質が観測されています。環境基準を超えたからといって、すぐに健康に影響が出るわけではありませんが、健康被害を引き起こす可能性があるならば、できれば避けたいのが本音ではないでしょうか。

ところで、この大気汚染の報道内で「PM2.5」とよく耳にしませんか?このPM2.5とは、直径2.5μm(マイクロメートル)、以下の微粒子状の大気汚染物質のことです。ちなみに、スギ花粉の大きさは直径30〜40μm。その12分の1の小ささというわけ。そのため、PM2.5を吸い込むと肺の奥まで到達し、健康被害を引き起こすとして問題視されています。

PM2.5を防ぐにはどうすればいいでしょうか。普通の花粉用のマスクでは、PM2.5は余裕で通ってしまいます。やはりここはN95マスクの出番ですね。

春の風物詩の花粉と黄砂、そしてPM2.5もこれで対策できます

春の風物詩の花粉と黄砂、そしてPM2.5もこれで対策できます

N95マスクとは、米国労働安全衛生研究所(NIOSH)の、「N95規格」に適合した高機能マスクのことです。微粒子を95パーセント以上捕集する性能を備え、主に医療機関などで、空気感染源からの呼吸器感染のリスク軽減を目的として使用されます。新型インフルエンザがもし発生した場合、感染防止に着けるといえばイメージしやすいでしょうか。これを使っても100%は防げませんが、95%カットできれば、余裕で基準値以下になるはずです。さまざまなタイプがあるので、自分の顔にフィットするものを使うのがコツです。普通のマスクよりゴツいですが、ひどい花粉症や気管支炎を思えば、耐えられます。

一番シンプルそうなものを買ってみたのですが…左右に置いた普通のマスクと比べると一目瞭然のゴツさです

一番シンプルそうなものを買ってみたのですが…左右に置いた普通のマスクと比べると一目瞭然のゴツさです

また、しっかり外気と遮断するため、かなり内部はこもります。でも空間が広いので息苦しさは普通のマスクよりも感じません。ただ、呼気でマスク内が結露することがあります。

小一時間使用後にはずしたマスク内にはいくつもの水滴が。。。見えますか?

小一時間使用後にはずしたマスク内にはいくつもの水滴が。。。見えますか?

これだけびしょびしょなら、この時期の乾燥した空気から、喉や鼻の粘膜をしっかり守れますね。お肌の乾燥も防止できるかも。もちろんインフルエンザの予防にもなるので、一石二鳥、いや三鳥?

今年は春までN95で自己防衛!ですね。

つけて電車に乗ると周りの人の視線を感じます。それだけみなさん気になっているんですね

つけて電車に乗ると周りの人の視線を感じます。それだけみなさん気になっているんですね

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る