釘を打つ前にチェック! 見えない柱の位置を教えてくれる優れものアイテム。

釘を刺す前にチェック! 壁の裏の素材がわかる下地センサー

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸は、壁に釘(くぎ)を打ったり、ネジ穴を開けたりすると、引っ越しのときに修繕代などを請求されてしまうもの。でも、分譲や持ち家だからといって、どこにもでも簡単に穴を開けたり、釘打ちができたりするかというと、そういうわけではありません。

やはり、壁にネジや釘を打ち付けるのであれば、柱があるところに打ち付けなくてはなりません。以前大工さんに、「壁を叩(たた)くと音が変わるので、その音が変わった場所に柱がありますよ」って言われて、実際に大工さんが壁を叩いたときは音が違った! と思ったんですが、いざ自分が調べてみると、叩き方が悪いのかイマイチわかりませんでした。

そこで活躍するのが「下地センサー Super」

そこで活躍するのが「下地センサー Super」

底面に電池ボックスがあります。電池はなんと9V角型電池です。電池は1つ同梱されています

底面に電池ボックスがあります。電池はなんと9V角型電池です。電池は1つ同梱されています

本体の左側にスタートボタンがあります。押しっぱなしにしていると電源が入ります

本体の左側にスタートボタンがあります。押しっぱなしにしていると電源が入ります

上から見たところ

上から見たところ

柱の場所がわからないとどう困るのか、というところですが、最近の家の壁は石膏(せっこう)ボードの断熱材が入っていることがあります。この石膏ボードっていうのは、結構やわで、ネジや釘を打っても、すぐに抜けてしまったり、強い力で簡単にボロボロになったりします。

まあ、石膏ボードに打ち付けてもしっかり設置できるボードアンカーと呼ばれる特殊なネジがあるので、そっちを使えばいいかな? と思うのですが、今度は逆に柱部分にボードアンカーを打ち込もうとすると、ボードアンカーが入っていかないのです。通常のネジをそのまま使うにしろ、ボードアンカーを打ち込むにしろ、結局、柱の位置がわからないとダメというわけ。

そこで下地センサーですよ。壁に下地センサーを押し当て、電源スイッチを押しながら壁に沿って移動させるだけで、簡単に柱の位置がわかってしまいます。電線の警告ランプも付いており、ボードアンカーをつかったとしても、打ち込んではダメな場所もわかってしまいます。

実際に使ってみます。まず本体を壁に押し当ててから、電源ボタンを押します。壁に押し当てる前に電源を入れてはダメです。「準備OK」が点灯したら計測開始

実際に使ってみます。まず本体を壁に押し当ててから、電源ボタンを押します。壁に押し当てる前に電源を入れてはダメです。「準備OK」が点灯したら計測開始

開始直後はなんの反応もありませんでしたが、右にずらしていくうちに矢印のひとつ目が点灯しました

開始直後はなんの反応もありませんでしたが、右にずらしていくうちに矢印のひとつ目が点灯しました

少しずつずらすと、2つ、3つと点灯し、4つ目の大きな三角が点灯すると同時に、壁に矢印のLEDの光が表示されます。そうです、ここに柱があるのです。鉛筆などでそこにマーキングして、今度は右側から動かし、柱の太さを確認します

少しずつずらすと、2つ、3つと点灯し、4つ目の大きな三角が点灯すると同時に、壁に矢印のLEDの光が表示されます。そうです、ここに柱があるのです。鉛筆などでそこにマーキングして、今度は右側から動かし、柱の太さを確認します

「準備OK」の下のカミナリ矢印が点灯しました。この壁の中に電線が入っている可能性が高いってことです。ここに穴を開けると断線してしまうかもしれません

「準備OK」の下のカミナリ矢印が点灯しました。この壁の中に電線が入っている可能性が高いってことです。ここに穴を開けると断線してしまうかもしれません

すでに、カーテンレールの設置で1回失敗していたので、早くにこの下地センサーに出会えていればと悔やまれる思いです。

以前柱の位置がよくわからずにカーテンレールを設置して、重さに耐えきれず、ボードからネジが抜け落ちてしまった場所

以前柱の位置がよくわからずにカーテンレールを設置して、重さに耐えきれず、ボードからネジが抜け落ちてしまった場所

ちなみに探知できるのは、ベニヤや石膏ボードなどの壁材です。ALC板やコンクリート、モルタル、金属の壁では探知できません。ご自宅の壁の素材をお確かめのうえご使用くださいね。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.11.16 更新
ページトップへ戻る