いいモノ調査隊
テコの原理で軽々持ち上げ♪

大型家具を簡単に動かせるお助けグッズで、大掃除がはかどる!

もう年末ですね。年末といえば大掃除。普段掃除しないような場所も隅から隅までキッチリ掃除をしておきたいところ。ただ、タンスや冷蔵庫、本棚の裏まではさすがに掃除できないと思います。それらの大型家具・家電を動かすには、まず中身を全部だして、そのうえで移動させてから掃除しなくてはならないわけです。もはや、タンスや冷蔵庫の中身を取り出しているだけで、日が暮れてしまいます。
そこで登場するのが、今回紹介する「楽ちんパワフルキャリー」です。

持ち上げ棒です。長さは30cm程度で、それほど大きいものでもありません。一見華奢に見えますが、名前どおりパワフルです

台車です。幅7cm×奥行き10cmとこれまたミニサイズです。4つ使うと300kgまで運べてしまいます

台車です。幅7cm×奥行き10cmとこれまたミニサイズです。4つ使うと300kgまで運べてしまいます

テコの原理を利用してタンスや冷蔵庫を持ち上げ、それらの下に台車を入れて動かしてしまうっていうかなり強引な器具です。
楽ちんパワフルキャリーには、1本の持ち上げ棒と4つの台車がセットになっています。持ち上げ棒は自撮り棒程度の大きさながら、なんと150kgの重さまで持ち上げることができます。持ち上げ棒の支点に当たる部分に車輪が付いているので、支点に荷重がかかったとしても床を傷つけることもなく、安心して使えます。

テコの原理の支点、力点、作用点の支点に当たる部分は車輪になっています。作用点は薄い鉄の板です

テコの原理の支点、力点、作用点の支点に当たる部分は車輪になっています。作用点は薄い鉄の板です

タンスを持ち上げずに底面に潜り込ませるようになっていて、すごく薄い鉄製の板で持ち上げるわけですが、見た目にもすぐ折れてしまいそうなのに、しっかりと持ち上げてくれます。4つの台車は全部で300kgまで乗せることができるので、ほとんどのタンスや冷蔵庫を乗せられます。ちなみにパナソニックで一番大きい冷蔵庫は容量が665Lで重さが125kgです。飲み物や食べ物が多少入ったところで100kgもないので、余裕で移動させられますね。大型バイクでも200kgオーバーくらいなので、ほとんどの家具や家電を動かせるといっても過言ではないと思います。

まず、持ち上げ棒の鉄の板をタンスの下に潜り込ませます。薄い板なので、タンスの隙間などにスルッと入ります

力点となる持ち手の部分を押し込みます。なんとこれだけでタンスが浮きました

力点となる持ち手の部分を押し込みます。なんとこれだけでタンスが浮きました

台車が入るくらいの隙間ができるまで持ち上げます。隙間に台車を入れたら、ゆっくりと持ち上げ棒を戻します

台車が入るくらいの隙間ができるまで持ち上げます。隙間に台車を入れたら、ゆっくりと持ち上げ棒を戻します

同じようにタンスを持ち上げ、タンスの四隅に台車を入れます

同じようにタンスを持ち上げ、タンスの四隅に台車を入れます

台車はできるだけ角にあったほうがいいので、調整しておきます

台車はできるだけ角にあったほうがいいので、調整しておきます

うしろのほうも台車を入れることができ、これですべての角に台車を入れました

うしろのほうも台車を入れることができ、これですべての角に台車を入れました

軽くタンスを引っ張ってみました。なんと、ほとんど力を入れなくても、簡単にタンスが動かせました

軽くタンスを引っ張ってみました。なんと、ほとんど力を入れなくても、簡単にタンスが動かせました

掃除が終わったら、タンスを元の位置に戻して、台車を抜きます

掃除が終わったら、タンスを元の位置に戻して、台車を抜きます

台車の強さの秘密は、車輪が6つあることみたいです。4つの車輪よりも1つの車輪にかかる重さが分散されるので、小さな台車にもかかわらず、300kgの重さに耐えられるってことです。もちろん、車輪の回転もスムーズになるので、より軽い力でタンスを移動させられます。

台車には6つの車輪がついています。小さな車輪ですが、力を込めずとも動かせ、1点に重さが集中せず、床も傷つけません

元の位置に戻したあとも、持ち上げ棒を使って、タンスや冷蔵庫を持ち上げ、台車を1つずつ引き抜くだけ。このときも持ち上げ棒をゆっくり扱えば、タンスを勢いよく床にたたきつけることなく、静かに置くことができます。ただ、柔らかい無垢の床板だと、車輪の跡がついてしまうかもしれませんので、無垢材を使っている場合は注意してくださいね。
掃除以外にも部屋の模様替えや部屋間の引っ越しなどにも利用できる便利アイテムなので、一家に一台用意しておくといいのではないでしょうか。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る