「Ryzen 5 1600X」と「Ryzen 5 1500X」をテスト

AMDの新メインストリーム向けCPU「Ryzen 5」がコスト控えめで高性能!

このエントリーをはてなブックマークに追加

既報の通り、ハイエンドCPU「Ryzen 7」に続き、AMDの一部モデルが、本日発売となった。発表時には、競合のインテルCPUに対して高い性能を実現したとアナウンスされたが、はたしてその性能は本物なのか。さっそくAMDよりレビュー用機材を入手したので、ここでは各種ベンチマークテスト結果をお届けする。

6コア/12スレッドの「Ryzen 5 1600X」と4コア/8スレッドの「Ryzen 5 1500X」をテスト

ベンチマーク結果をレポートする前に、今回の検証環境について軽く紹介したい。

今回、製品の発売に先立ち、AMDからレビュー用の機材一式が編集部に届いた。前回、Ryzen 7をレビューした際も、専用の木製キャリングケースに機材が収められて到着したが、今回も同様に、黒い専用ケースに収められた状態で到着。ケース内には、6コア/12スレッドの「Ryzen 5 1600X」と4コア/8スレッドの「Ryzen 5 1500X」の2つのCPUに加え、B350チップセットを搭載したGIGABYTEのマザーボード「GA-AB350-Gaming 3」、GeILのDDR4メモリー「GEX416GB3200C16DC」が同梱されていた。今回の検証ではこちらの機材を使用している。

ファブリック素材でできた黒い専用ケースに収められて届いたRyzen 5のレビュー機材

ファブリック素材でできた黒い専用ケースに収められて届いたRyzen 5のレビュー機材

専用ケースの中にはRyzen 5 1600XとRyzen 5 1500Xなど、レビューに必要な機材一式が収納されていた

専用ケースの中にはRyzen 5 1600XとRyzen 5 1500Xなど、レビューに必要な機材一式が収納されていた

6コア/12スレッドのRyzen 5 1600X。動作クロックは3.6GHz/4.0GHzで、TDPは95Wだ

6コア/12スレッドのRyzen 5 1600X。動作クロックは3.6GHz/4.0GHzで、TDPは95Wだ

4コア/8スレッドのRyzen 5 1600X。動作クロックは3.5GHz/3.7GHzで、TDPは65W

4コア/8スレッドのRyzen 5 1600X。動作クロックは3.5GHz/3.7GHzで、TDPは65W

マザーボードは、B350チップセットを搭載したGIGABYTE のGA-AB350-Gaming 3

マザーボードは、B350チップセットを搭載したGIGABYTE のGA-AB350-Gaming 3

メモリーは、GeILのGEX416GB3200C16DCが同梱されていた

メモリーは、GeILのGEX416GB3200C16DCが同梱されていた

ちなみに、Ryzen 5 1500XにはリテールのCPUクーラー「Wraith SPIRE」が同梱されているが、Ryzen 5 1600XはCPUクーラーが同梱されていない。そのため、今回はRyzen 5 1600XとRyzen 5 1500Xの2モデルとも、レビュー機材一式とセットで送られてきた「Wraith MAX RGB」を組み合わせて検証を行っている。ビデオカードについては、メインストリーム向けCPUということで、NVIDIAの「GeForce GTX 1060」を搭載したZOTAC「ZTGTX1060-GD5STD」を組み合わせた。

Ryzen 5 1500Xに付属するWraith SPIRE。Ryzen 5 1600Xと検証条件を統一するため、今回はこちらのCPUクーラーの使用は見送った

今回組み合わせたCPUクーラーのWraith MAX RGB。ファン部分にLEDライトが仕込んであり、動作中は自動でイルミネーション機能が動く

また、今回Ryzen 5の検証を行うにあたり、AMDからいくつか条件の指定があった。ひとつはメモリークロック。GIGABYTEのマザーボードとの組み合わせでは、メモリークロックをDDR4-2933(16-18-18-18-36)に設定して検証を行うことが条件となっていたので、今回はこの条件にメモリーを設定して検証を行っている。また、Windows電源プランについても、Ryzen 7のレビュー時同様に、設定を「高パフォーマンス」に変更してほしいとのことだったので、変更して検証を行った。さらに、UEFIから「High Precision Event Timer」を無効化することも条件に新たに加わったため、こちらも無効化して検証を行った。

なお、今回はパフォーマンスの比較のため、上位モデルの「Ryzen 7 1700」が用意できたので、そちらの計測結果もあわせて掲載する。今回試用したCPUのスペックと、検証環境の細かな仕様は以下の通りだ。

マザーボード:GIGABYTE「GA-AB350M-Gaming 3」
メモリー:GeIL「GEX416GB3200C16DC(8GB×2)」※DDR4-2933に設定
ストレージ:crucial「MX300 CT525MX300SSD1」
電源ユニット:Silverstone「SST-ST75F-PT(750W)」
OS:Windows 10 Pro

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.8.23 更新
ページトップへ戻る