特別企画
WWDC2017はソフトウェア&サービスも充実

「iOS 11」は個人間の送金やARに対応! 「macOS High Sierra」は新ファイルシステムを採用

アップルは2017年6月5日(現地時間)、米カリフォルニア州サンノゼ市で開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2017」(WWDC2017)を開催し、同社製デバイスが搭載する基本ソフト(OS)「iOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」の最新バージョンを発表した。なお、WWDC2017で発表されたハードウェアは「『HomePod』や10.5型の『iPad Pro』など、今年のWWDCはハードウェアが続々登場」をご覧いただきたい。

個人間送金やARに対応する「iOS 11」

「iOS 11」は、iPhoneやiPadに搭載されるiOSの最新バージョン。開発者向けプレビューは本日より提供を開始し、一般ユーザーには今秋提供する予定だ。数多くの新機能が盛り込まれているので、代表的なものをいくつか紹介したい。

iOS 11

iOS 11

Apple Payが個人間の送金に対応

Walletアプリケーションに登録してあるクレジットカードやデビットカードを利用し、メッセージやSiriを使って友人などに送金できるようになる。詳細は不明だが、送金されると新しい「Apple Pay Cashアカウント」に入金され、すぐに利用できるようになるという。そのまま店舗やアプリケーションで買い物をしたり、銀行口座に振り替えたりすることが可能。なお、個人間の送金およびApple Pay Cashは今秋、米国で提供する予定だ。

iPadでの作業効率がアップ

iPadでは、macOSのような「Dock」が追加される。カスタマイズ可能なDockを使えば、どの画面からでも、よく使うアプリや書類に素早くアクセスできるようになるという。アプリの切り替えも一新される。新しいファイル管理アプリケーションも用意。デバイス上や「iCloud Drive」「Box」「Dropbox」など、どこにファイルが保存してあっても、すべてのファイルをひとつの場所にまとめておける。また、システム間でドラッグ&ドロップが使えるようになり、画像やテキストの移動も簡単に行える。

Apple Pencilとの連携も強化され、インライン描画がサポートされるようになったほか、ロック画面をタップするだけで素早くメモがとれる「インスタントメモ」という機能も追加される。

マルチタスクがより快適に行えるようになる

マルチタスクがより快適に行えるようになる

「Live Photos」に新機能が追加

カメラ機能では、新たにHigh Efficiency Image File Format(HEIF)形式を採用することで、写真のファイルサイズが小さくなる。静止画撮影時に前後の動画も記録する「Live Photos」には、繰り返し再生するループ、逆再生するバウンス、長時間露光という新機能が追加される。

iPhoneとiPadのためのAR

開発者向けに「ARKit」を提供し、iOSデバイスのカメラ、プロセッサー、モーションセンサーなどを組み合わせたARアプリを開発できるようにする。

そのほか

・Siriに英語の単語や語句を中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳する機能が追加される。残念ながら日本語には非対応。
・アプリストア「App Store」のデザインを一新。「ゲーム」タブなどが新設される。
・「コントロールセンター」のカスタマイズが可能に。ロック画面では、通知をまとめて表示できる機能が追加される。
・「AirPlay 2」は、マルチルームオーディオ機能によってスピーカーのコントロールが可能に。
・「Apple Music」には、友人と音楽をいっしょに楽しむ方法が追加され、共有プレイリストを再生したり、よく聞く曲を表示したりできるようになる。
・キーボードの片手操作用モードによって、移動中のiPhoneでの入力がさらに簡単に。iPadでは新しい「QuickTypeキーボード」によって、数字や記号、句読点をすばやく表示できるようになる。

新しいファイルシステムをサポートする「macOS High Sierra」

macOSの次期バージョンである「macOS High Sierra」は、新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」を採用。ファイルやディレクトリのコピーなどの一般的な操作がよりスピーディーに行えるほか、停電やシステムクラッシュからデータを保護する機能も備える。macOS High Sierraは、HFSでフォーマットされたドライブとデータとの完全な読み書き互換性を維持しているという。

グラフィックスAPIは「Metal 2」に進化し、VRコンテンツ制作をサポート。これにより、没入感のあるVRコンテンツをMac上で作ることができるようになる。このほか、SafariにはWebページを開いた際に、動画の自動再生ブロック機能を搭載。写真アプリには、常に表示されるサイドバーを追加し、使い勝手を高めている。

Metal 2でVRコンテンツの制作をサポート

Metal 2でVRコンテンツの制作をサポート

「watchOS 4」と「tvOS」

「Apple Watch」向けの「watchOS 4」は、ユーザーが必要であろう情報を先読みして表示する「Siri」の文字盤を搭載。ワークアウトアプリケーションが強化され、有酸素運動器具と接続したワークアウトを実現する「GymKit」も登場する。ミュージックアプリケーションでは、「New Music Mix」「Favorites Mix」「最もよく聴いている音楽」を自動的に同期し、より快適に音楽を楽しめるようになる。

「Apple TV」の「tvOS」は、米アマゾン・ドット・コムの「Amazonプライムビデオ」の再生に対応する。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る