はじめてMacを買う人、そろそろ買い替えを検討している人へ

Macノートの選び方【2017年版】 MacBook、MacBook Air、MacBook Proどれを選ぶ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前までは、持ち運び用は「MacBook Air」、据え置き用は「MacBook Pro」というように、ノート型Macは比較的選びやすいラインアップだった。しかし、薄型・軽量の「MacBook」がラインアップに加わり、MacBook Proは2016年のフルモデルチェンジで持ち運び用としても使えるほど薄型化と軽量化を果たした。MacBook Airは11インチモデルの販売は終了したものの、13インチモデルが販売されている。特に、「コンパクトなMacノートが欲しい」「初めてMacを買う」という人にとって、どれを選ぶべきか悩ましい状況となっているのだ。そこで今回は、最新のノート型Macを改めて整理してみたい。

最新Macノートのラインアップを整理

現行のノート型Macは、12型のMacBook、13.3型のMacBook Air、13.3型のMacBook Pro、15.4型のMacBook Proの4つのモデルがあると言っていいだろう。

この中で持ち運び用として選ぶなら、MacBook、MacBook Air、13.3型のMacBook Proが有力な選択肢となる。3つでも悩ましいのだが、13.3型のMacBook Proには、「Touch Bar」を搭載するモデルと搭載しないモデルがあるので、合計4つのモデルから選ぶことになる。まずは、この4モデルの特徴を把握しておこう。なお、これらのモデルははじめてノート型Macを買うという人にとっても最適なモデルなので、ぜひ参考にしてもらいたい。

一番小さくて軽い「MacBook」 最新モデルはキーボードが使いやすくなった!

高解像度な12型の「Retinaディスプレイ」を搭載するMacBookは、ノート型Macの中でもっともフットプリント(設置面積)が小さくて、軽いモデルだ。MacBook Airの11インチモデルの販売が終了したことで、画面サイズも一番小さなモデルとなっている。1kgを切る軽くてコンパクトなボディは持ち運びにピッタリだ。

ノート型Macの中では一番コンパクトで軽いMacBook

ノート型Macの中では一番コンパクトで軽いMacBook

最新の2017年モデルはCPU性能が向上し、キーボードの打ち心地が大きく改善された。一番安価なモデルはCPUに第7世代のCore m3プロセッサーを搭載する。動作周波数は2016年モデルの1.1GHzから1.2GHzへ、ターボブースト使用時は最大2.2GHzから最大3.0GHzへ向上し、ピーク時の性能が大きくアップしている。ファンレス構造のため、高負荷の作業を長時間こなすのには向いていないが、性能が気になっていた人にとってはうれしい性能アップだ。GPUが「HD Graphics 615」となったことで、外部出力が最大4096×2304/60Hzとなったのは、外部ディスプレイを使っている人にとっては朗報のはず。

賛否両論だったキーボードは、MacBook Proと同じ第2世代のバタフライ構造を採用し、従来モデルよりもキーストロークが深く感じられるようになった。従来モデルほどペタペタした感じがなくなったので、ぜひアップルストアなどで試してみてもらいたい。外部インターフェイスはUSB Type-Cとヘッドホン出力だけのストイックな仕様は変わっていない。

●主なスペック
・ディスプレイ:12型IPS液晶(2304×1440、226ppi)
・CPU:1.2GHzデュアルコアCore m3(ターボブースト使用時最大3.0GHz)
・GPU:HD Graphics 615
・メモリー:8GB 1866MHz LPDDR3
・ストレージ:256GB SSD
・外部インターフェイス:USB Type-C×1、ヘッドホン出力
・バッテリー:最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧(41.4Whリチウムポリマーバッテリー内蔵)
・本体サイズ:280.5(幅)×196.5(奥行)×3.5〜13.1(厚さ)mm
・重量:0.92kg
・カラー:ローズゴールド、スペースグレイ、ゴールド、シルバー
・アップルストア価格:142,800円(税別)

一番安い「MacBook Air」 高い拡張性と“普通のキーボード”が魅力

MacBook Airは2008年に「世界最薄のノートブック」として、当時のCEOであるスティーブ・ジョブズ氏が茶封筒から取り出したのは有名な話。ストレージがHDDからフラッシュストレージへ、バックライトキーボードが廃止されたり復活したり、何度もモデルチェンジを繰り返し、現在も販売されている歴史の長いモデルだ。

MacBook Airの13インチモデル。11インチモデルは販売が終了し、現在は13インチモデルが販売されている

MacBook Airの13インチモデル。11インチモデルは販売が終了し、現在は13インチモデルが販売されている。写真は一世代前の2015年モデル

最新モデルはCPUが1.6GHz(ターボブースト使用時最大2.7GHz)から、1.8GHz(ターボブースト使用時最大2.9GHz)へアップデートされ、基本性能が底上げされた。ただし、第5世代のCore i5プロセッサーで、ほかのモデルと比べるとアーキテクチャーは古い。しかし、その分、価格が安いのが魅力で、税別10万円以下で買える唯一のノート型Macだ。

ディスプレイがRetinaディスプレイではないなど、CPU以外にも古さを感じる部分はあるが、フルサイズのUSB 3.0やSDメモリーカードスロットを備えるなど、USB Type-Cしか搭載しないMacBookやMacBook Proよりも外部インターフェイスは充実している。キーボードもバタフライ構造ではない、“普通のキーボード”だ。

●主な仕様
・ディスプレイ:13.3型液晶(1440×900、127ppi)
・CPU:1.8GHzデュアルコアCore i5(ターボブースト使用時最大2.9GHz)
・GPU:HD Graphics 6000
・メモリー:8GB 1600MHz LPDDR3
・ストレージ:128GB SSD
・外部インターフェイス:USB3.0×2、Thunderbolt 2、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
・バッテリー:最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧(54Whリチウムポリマーバッテリー)
・本体サイズ:325(幅)×227(奥行)×3〜17(厚さ)mm
・重量:1.35kg
・カラー:シルバー
・アップルストア価格:98,800円(税別)

パワフルな「MacBook Pro」 「Touch Bar」ありモデルとなしモデルはどう選ぶ?

ノート型Macの中で、ハイエンドに位置づけられるMacBook Pro。昨年2016年にフルモデルチェンジし、本体の薄型化と軽量化が図られた。13.3型モデルは重量が1.37kgで厚さが14.9mm、15.4型モデルでも重量が1.83kg、厚さが15.5mmと、持ち運び用としても十分使いやすくなった。ただ、本体の薄型化にともない、外部インターフェイスがThunderbolt 3(USB Type-C)のみになるなど、これまでのMacBook Proとは大きく生まれ変わった。

Touch Barを搭載しないMacBook Proの13.3型モデル

Touch Barを搭載しないMacBook Proの13.3型モデル

Touch Barを搭載するMacBook Proの13.3型モデル。サイズや重量はTouch Barなしのモデルと変わらない

Touch Barを搭載するMacBook Proの13.3型モデル。サイズや重量はTouch Barなしのモデルと変わらない

昨年のフルモデルチェンジでは、ファンクションキーの部分にタッチディスプレイを搭載したTouch Barという新しい操作スタイルが取り入れられた。音量や画面の明るさなどをタッチ操作で直感的に調整したり、iPhoneの電話やFaceTime通知を受けたり、テキストの候補や絵文字にすばやくアクセスしたり、アプリによってさまざまな使い方ができる。もちろん、ファンクションキーとしても使用可能。Touch Bar搭載モデルは、iPhoneでおなじみの「Touch ID」も組み込まれており、ロック解除や「Apple Pay」を使った買い物の認証に指紋を利用できる。

最新の2017年モデルは、第7世代Coreプロセッサーを採用し、基本性能がアップ。従来モデルは第6世代Coreプロセッサーを搭載していたので、最新アーキテクチャーの採用を待っていたという人にとって待望のモデルと言える。

Touch Barありとなしのモデルは、搭載する外部インターフェイスも異なる。Touch Barありのモデルは4つのThunderbolt 3(USB Type-C)を備えるのに対して、Touch Barなしモデルは2つのThunderbolt 3(USB Type-C)を備える。

●主な仕様
MacBook Pro 13.3型モデル(Touch Barなし)
ディスプレイ:13.3型IPS液晶(2560×1600、227ppi)
CPU:2.3GHzデュアルコアCore i5(ターボブースト使用時最大3.6GHz)
GPU:Iris Plus Graphics 640
メモリー:8GB
ストレージ:128GB SSD
外部インターフェイス:Thunderbolt 3(USB Type-C)×2、ヘッドホン出力
バッテリー:最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧(54.5Whリチウムポリマーバッテリー)
本体サイズ:304.1(幅)×212.4(奥行)×14.9(厚さ)mm
重量:1.37kg
カラー:シルバー、スペースグレー
アップルストア価格:142,800円(税別)

●主な仕様
MacBook Pro 13.3型モデル Touch Bar搭載
ディスプレイ:13.3型IPS液晶(2560×1600、227ppi)
CPU:3.1GHzデュアルコアCore i5(ターボブースト使用時最大3.5GHz)
GPU:Iris Plus Graphics 650
メモリー:8GB
ストレージ:256GB SSD
外部インターフェイス:Thunderbolt 3(USB Type-C)×4、ヘッドホン出力
バッテリー:最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧(49.2Whリチウムポリマーバッテリー)
本体サイズ:304.1(幅)×212.4(奥行)×14.9(厚さ)mm
重量:1.37kg
カラー:シルバー、スペースグレー
アップルストア価格:198,800円(税別)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.9.25 更新
ページトップへ戻る