トレンドニュース
トレンドニュース

アップル「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」を発表。サプライズ少なく、注目度は低調な出だし

大きな進化があったのは「iPhone X」。「iPhone 8/8 Plus」はサプライズなし

2017年9月13日(米国現地時間9月12日)、アップルは新型iPhoneとなる「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の3モデルを発表した。「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」は9月22日より発売開始。「iPhone X」は11月3日より、日本国内では、NTTドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアから発売される。そのスペックなどは価格.comマガジンでもすでにお伝えしているとおりだが、まずはその概要を改めておさらいしておこう。

アップル「iPhone 8」(4.7インチ)、「iPhone 8 Plus」(5.5インチ)

アップル「iPhone 8」(4.7インチ)、「iPhone 8 Plus」(5.5インチ)

まず、ベースモデルとなる4.7型液晶搭載の「iPhone 8」だが、前モデル「iPhone 7」からボディサイズや画面サイズはほとんど変化なし。大きく変わったのは、背面を含む全面が強化ガラスコーティングとなったことと、ワイヤレス充電規格「Qi」に対応したこと。プロセッサーは世代がひとつ上がり「A11 Bionic」となった。なお、「iPhone 8 Plus」も、基本スペックは「iPhone 8」と同じで、画面サイズが5.5型に大型化されたモデルと考えてよい。ただ、こちらは、後述する「iPhone X」と同様のデュアルカメラが搭載される。ちなみに、全面ガラスの採用によるものか、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」ともボディサイズ・重量は「iPhone 7/7 Plus」よりも若干増している。

アップル「iPhone X」

アップル「iPhone X」

むしろ大きく変化したのは、10周年記念モデルの「iPhone X」だろう。「iPhone 8 Plus」を超える5.8型の有機ELディスプレイをiPhoneシリーズでは初搭載。ホームボタンが廃止され、前面がすべてディスプレイというようなデザインになっている。画面解像度は2436×1125で、「iPhone 8/8 Plus」の1334×750に比べるとグンと解像度が増し、やや縦長のワイド画面になっている。ホームボタンが廃された代わりに、カメラを使った顔認証機能「Face ID」を使用できるのが特徴。カメラ機能も大幅に改良され、広角と望遠のデュアルカメラ仕様となった。カメラはどちらも1200万画素で、光学式手ぶれ補正機能も備える。その他の特徴は、「iPhone 8/8 Plus」などと同様だ。

このように、ハードウェアスペックだけを見ると、10周年記念モデルである「iPhone X」の進化ぶりが目立つが、それだけに価格も高く、64GBモデルでも112,800円(税別)という、現在発売されているすべてのスマートフォンの中でももっとも高いプライスをつけている。価格面でもかなりのサプライズだったと言えるかもしれない。

逆に主力モデルである「iPhone 8/8 Plus」については、前モデル「iPhone 7/7 Plus」からの進化点が少なく、サプライズはほとんどない発表となった。価格面も「iPhone 8」が78,800円(税別)から、「iPhone 8 Plus」が89,800円(税別)からと、こちらも「iPhone 7/7 Plus」から若干上がっている。もっとも安いモデルのストレージが32GBから64GBに引き上げられたことによるものだが、「もしかしたら価格が引き下げられるのでは?」という憶測も見事に外れ、こちらでもサプライズは全くない形となった。

なお、これら新モデルの発売にともない、従来モデルの「iPhone 7/7 Plus」および「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」のアップルストアでの販売価格が引き下げられて併売される。「iPhone 7/7 Plus」および「iPhone 6s/6s Plus」は11,000円の値下げ、「iPhone SE」は5,000円の値下げとなり、購入しやすくなった。

ユーザー側の盛り上がりは低調。従来モデルからの買い換えは微妙という声も

図1:「スマートフォン」カテゴリーの閲覧者数推移(過去2年)

図1:「スマートフォン」カテゴリーの閲覧者数推移(過去2年)

では、今回の新型iPhoneの発売に対するユーザーの反応はどうだったのか。「価格.comトレンドサーチ」によるいくつかのデータから確認してみよう。まず図1だが、こちらは、過去2年間における「スマートフォン」カテゴリーの閲覧者数推移を示したものだ。例年、新型iPhoneが発表される9月中旬頃はユーザーの注目が一気に集まるため、「スマートフォン」カテゴリーの閲覧者数も一気に跳ね上がる。ここ2年のトレンドで見ると、2年前の「iPhone 6s/6s Plus」の発表、1年前の「iPhone 7/7 Plus」の発表、そして今年の「iPhone 8/8 Plus/X」の発表と、いずれもアクセスは一時的に跳ね上がっているが、スマートフォン全体の注目度が減少気味のトレンドにあって、新型iPhoneの注目度も年々下がってきていることがわかる。なお、今年の9月11週は、新型iPhoneのほか、Androidスマホの人気シリーズ、ASUS「ZenFone」の最新モデル「ZenFone 4」の発表もあったため、純粋に新型iPhoneだけによる盛り上がりとはなっていない点はお断りしておく。

図2:「スマートフォン」カテゴリーにおける主要5メーカーの閲覧者数推移(過去2年)

図2:「スマートフォン」カテゴリーにおける主要5メーカーの閲覧者数推移(過去2年)

図2は、過去2年間における「スマートフォン」カテゴリー主要5メーカーの閲覧者数推移を示したもの。価格.comの「スマートフォン」カテゴリーにおいては、一番人気のメーカーは「Xperia」を擁するソニーであるが、こちらは年々数字を下げてきている。「iPhone」を擁するアップルについては、新モデルの発表・発売時には一時的に盛り上がるが、その後の盛り上がりが長くは続かず、ここ1年はファーウェイ、シャープ、サムスンといったメーカーに注目度で抜かれ5位に甘んじることもあったが、さすがに新モデル発表の注目度は高く、今回も一時的に首位に躍り出ている。ただ、今のところ、以前ほどのピークにはなっておらず、首位ソニーを大きく引き離すところまで伸びてはいない。ソニーに比べるとコンスタントな人気を保ってはいるが、その勢いは徐々に落ちてきているというのが正直なところだろう。

図3:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気5製品の閲覧者数推移(過去3か月)

図3:「スマートフォン」カテゴリーにおける人気5製品の閲覧者数推移(過去3か月)

図3は、過去3か月間における、「スマートフォン」カテゴリー人気5製品の閲覧者数推移を示したものだ。この夏に発売されたAndoid系の新モデルが人気の中心で、特にソニー「Xperia XZ Premium SO-04J」(ドコモ)と、SIMフリーモデルのファーウェイ「Huawei P10 lite」、ASUS「ZenFone 3」あたりが人気のベスト3を構成していたが、今回の新型iPhoneの発表にともない、従来モデルである「iPhone 7(128GB)」(ドコモ)の注目度が一時的に高まった。これは、同時に発表された価格改定の影響が大きいものと思われる。ただ、高まったとは言っても、上位3モデルの順位を脅かすところまでは行かず、すぐに注目度は下がっている。なお、現在のところ、今回発表された新モデルの姿は、このベスト5には入っておらず、2017年9月20日時点では、「iPhone X(256GB)」のSIMフリー版が注目ランキングで6位、「iPhone 8(256GB)」のSIMフリー版が8位という状況だ。

図4:iPhoneシリーズの人気5モデルの閲覧者数推移(過去1か月)

図4:iPhoneシリーズの人気5モデルの閲覧者数推移(過去1か月)

図4は、iPhoneシリーズの中でどのモデルが人気なのかを示した図だ。これを見ると、新型モデルの中では「iPhone X(256GB)」のSIMフリー版、および「iPhone 8(256GB)」のSIMフリー版が人気となっているが、それでも旧モデルの注目度には達していない。むしろ注目を高めているのは、「iPhone 7(128GB)」(ドコモ)、「iPhone SE(64GB)」(SIMフリー)、「iPhone 7(128GB)」(SIMフリー)などの従来モデルである。上にも記した通りだが、新型モデルの発表と同時に発表された価格改定の影響が強く見られるものとなっている。

図5:iPhoneシリーズの人気5モデルのクチコミ数推移(過去1か月)

図5:iPhoneシリーズの人気5モデルのクチコミ数推移(過去1か月)

図5は、上記iPhoneの人気5モデルのクチコミ投稿数の推移を示したものだが、さすがに新モデルのクチコミ数はそこそこ多く投稿されているものの、その数は1日で最大でも30件程度。累計数も、新型モデルでは一番人気の「iPhone X(256GB)」で86件、「iPhone 8(256GB)」で118件と、これまでのiPhoneシリーズの新型モデルと比べても圧倒的に少ない。ユーザーの注目度の低さは印象的だ。

投稿されているクチコミの内容を見ても、ややネガティブな意見が目立つ。「iPhone 8」のクチコミ掲示板では、「5Sを使い続け、8の発表を楽しみに待ってましたが、デザイン含め7からの進化は特になく…。ワイヤレス充電対応と言っても充電ベース別売りだし…。Xのベゼルレスは今までのデザインと違って目新しいけど11万〜も出す気になれないし…。報道されてる『10周年にふさわしい期待以上の進化』を感じませんでした」、「Phone5からのユーザーで、現在は7を使用中です。新しもの好きで、基本的には毎年買い換えていましたが、今回の8にはあまり魅力を感じないため、買い換えないつもりでいます。」、「iPhone 7 PlusかiPhone8かで迷っています。9月発表のタイミングで新型iPhoneに機種変しようと思っていたのですが、、、Xは高すぎて手が出ず・・・」といった、買い換えに対して躊躇するユーザーの投稿が目立つ。実際、前モデルの「iPhone 7/7 Plus」からは大きく進化していないので、このユーザーからの買い換えは難しそうだが、その前の世代の「6/6s」さらには「5s」のユーザーからも買い換えを躊躇するという声が出ているのは、厳しいところだ。

なお、11月に発売される「iPhone X」に関しても、クチコミ掲示板ではその価格の高さに対するクチコミが散見される。「アップルケア込みだと、税込で146,000円から165,000円也」、「14万円の価値が見いだせる人は買えばいいし、1年ごとに変える自分には新しいPC買った方が良いかな・・・」、「必ず毎年買い替えてたけど、初めて買い替えを見送るかも…。これだけ食指が動かないのは初めて」など、こちらも、その価格に見合う買い物であるかどうかで悩んでいるユーザーが多そうだ。

むしろ、今回の発表によって、価格改定がなされた従来モデルへの注目度が増していることからもわかるとおり、買い換え検討層のiPhoneユーザーの一部が、新モデルではなく、安くなった従来モデルへ流れることが予想される。そうなると、余計に新モデル、特に「iPhone 8/8 Plus」の人気は頭打ちになってくるため、全体としてiPhoneの新モデルは盛り上がりに欠けることになるかもしれない。

鎌田 剛(編集部)

鎌田 剛(編集部)

価格.comの編集統括を務める総編集長。パソコン、家電、業界動向など、全般に詳しい。人呼んで「価格.comのご意見番」。自称「イタリア人」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る