話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

アップルのクレカ「Apple Card」は8月リリース。脱獄iPhoneは使えず

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

「Apple Card」は8月リリースへ。脱獄iPhoneは使用不可

アップルのティム・クックCEOは、第3四半期業績発表にて、独自のクレジットカード「Apple Card」のリリース時期を発表。さらに、カード発行元のゴールドマン・サックスが会員規約を公開しました。

アップルのクレジットカード「Apple Card」が、いよいよアメリカで2019年8月にリリースされます(写真はアップルより)

アップルが、ゴールドマン・サックスとマスターカードの提携で展開する「Apple Card」。「Apple Pay」での使用で、通常の買い物の2%の還元、Apple Storeでの利用時は3%の還元を受けることができ、個人間送金サービス「Apple Cash」(日本では展開されていません)にキャッシュバックされます。

アプリ「Wallet」と連動することで、iPhoneでの使用が可能。また、支出などの管理も行えます。

この「Apple Card」が、2019年8月にアメリカでローンチされます。以前の発表では、2019年夏ローンチとされていましたが、ようやくリリース時期が判明しました。

また、提携するゴールドマン・サックスが「Apple Card」の会員規約を公開。これによると、年利は13.24%〜24.24%で、年会費や海外決済手数料、延滞金は一切かかりません。

ハードウェアやソフトウェアなどに脱獄などで不正に手が加えられた端末は、「Apple Card」と紐づけられないと書かれており、脱獄したiPhoneでは使用できません。お金を扱うサービスとして、不正使用の疑いがあるデバイスは安全上の理由から禁止というわけです。また、Apple Cardを使えない対象として、キャッシングサービスやトラベラーズチェック、外貨、暗号通貨、郵便為替など「現金に相当するもの」が指定されています。

アップル製品のユーザーなら気になる「Apple Card」。日本で展開されるかどうかは、未定です。

ソース:アップルゴールドマン・サックス

マイクロソフトが超人気ストリーマーを独占契約。Twitch1強を崩せるか

ゲーム実況プラットフォーム「Twitch」で活躍していた超人気ストリーマー、Ninja(本名:タイラー・ブレビンス)が、マイクロソフトのゲーム実況プラットフォーム「Mixer」への電撃移籍を発表しました。

ゲーム「フォートナイト」などのゲーム実況で世界的な人気を誇るストリーマーのNinja。フォロワー数は300万人(2018年1月時点)を超え、2018年には月収が5,000万円以上あることを明かすなど、ゲーム実況で最も成功した人物と言っても過言ではないストリーマーの1人です。

そのNinjaが、アマゾン「Twitch」からマイクロソフト「Mixer」への移籍を突如発表。「Mixer」は、ゲーム配信プラットフォームとしては、TwitchやYouTube Liveに比べ知名度が低く、マイクロソフトはNinjaの移籍によりユーザー数の増加と認知度アップが狙いと考えられます。

マイクロソフトはNinjaに莫大な金額を支払って契約したとされており、反対にTwitchはスターを失ったことになります。これにより「Mixer」が、ゲーム実況プラットフォーム市場で1強状態の「Twitch」を揺るがすようなサービスへ成長する起爆剤となるのか、今後の展開に注目です。

ソース:Ninja公式Twitter

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る