話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

Googleがアプリやゲームの月額制使い放題サービス「Google Play Pass」を発表

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

Apple Arcadeの対抗? Googleが月額制でアプリやゲームの使い放題サービスを開始

Googleは、アプリ販売プラットフォーム「Google Play」において、月額制のサブスクリプションサービス「Google Play Pass」を発表しました。

ゲームに加えてアプリも使える「Google Play Pass」

ゲームに加えてアプリも使える「Google Play Pass」

「Google Play Pass」は、月額4.99ドル(約540円)払えば、対象のアプリやゲームを広告なし、アプリ内課金なしで無制限に使うことができるサービスで、ローンチは今週中。ゲームだけでなく、アプリも使いたい放題になるというのが、大きなポイントです。サービス開始時は、10日間の無料お試し期間に加えて、初年度が月額1.99ドル(約210円)で利用できるキャンペーンも実施されます。

サービス開始時点で対象となっているアプリとゲームの約350本で、順次追加予定とのこと。似たようなサービスでは、アップルの「Apple Arcade」があり、月額料金は4.99ドルと同じですが、こちらは対象がゲームのみ、本数がローンチ時点で100本となっており、「Google Play Pass」のほうが充実しています。

なお、本サービスはアメリカで開始され、ほかの国については順次展開予定とのことです。

ソース:Google

ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「Mate 30」シリーズ発表。Googleのアプリは搭載せず

ファーウェイは、ドイツのミュンヘンで新製品発表会を行い、新フラッグシップスマートフォン「Mate 30」、「Mate 30 Pro」を発表しました。

革新的なカメラで他社製品に差を付けるファーウェイ。今回の新モデルも1/1.54インチのRGGBセンサーと1/1.74インチのRYYBセンサーを組み合わせたカメラ性能、7680fpsという、これまで見たことのないフレームレートでスローモーション撮影できる動画性能など、驚異的なスペックはで多くの人を驚かせました。

「Mate 30」シリーズ

「Mate 30」シリーズ

ただし、今回発表された新製品の注目すべきポイントは、アメリカの制裁措置によりGoogle関連のソフトウェアを搭載できなかったこと。つまり、脱Google(OSはAndroidベースですが……)モデルということです。

搭載OSは、Androidをベースに独自カスタマイズされた「EMUI 10」。しかし、Google PlayやGoogleマップ、YouTubeといったGoogle関連のアプリはインストールされていません。Google Playが搭載されていないため、アプリはファーウェイ独自のアプリ販売プラットフォーム「AppGallery」からダウンロードします。

「Mate 30」シリーズはAndroidベースのOSなので、アプリをパッケージにしたapkファイルをインストールすることは可能です。実際に、海外のレビュワーたちが、「Mate 30」にGoogleのアプリをapkファイル経由でインストールしたレポートを上げているのですが、これによればアプリをインストールできるものの、動作できない状態になっています。可能性としては、Googleのアプリを使うにはGoogleのサーバーに接続する必要があり、ここに何らかの制限がかけられていると考えられます。

非常に高い製品力を備える「Mate 30」シリーズですが、Googleのアプリなしでどこまで販売を伸ばせるのか注目です。なお、発売日に関しては1〜2か月後とするにとどまり、販売する国やエリアなどは明らかにされていません。

ソース:ファーウェイ

サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」がようやく発売へ

2018年に大きな話題になりつつも、すでに忘れられた感のある折りたたみスマートフォン。ついにというか、ようやくという感じですが、サムスンが折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を2019年9月27日にアメリカで販売開始します。

サムスン「Galaxy Fold」

サムスン「Galaxy Fold」

スマートフォンの新しい形として注目される“折りたたみ”機構を採用したことで話題になりつつも、2019年4月の発売寸前にレビュワーたちからハードウェアの欠陥報告が相次ぎ発売が延期されていた「Galaxy Fold」。5か月の延期を経て、ようやく9月27日に発売されます。

同社のプレスリリースでは、購入者に特別なコンシェルジュサービスを提供することが明記されています。これは、購入後のセットアップから機能の使い方、そしてデバイスのケア方法をサポートするサービスとのこと。特に、欠陥が指摘されていた“デバイスのケア方法”がどのようなものか非常に気になるところです。

1980ドル(約21万円)というスマートフォンとしては規格外の値段設定であるいっぽうで、予約を受け付けているAT&TやBestBuyでは“品切れ”となっており、まだまだ注目度は高そうです。

ソース:サムスン

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る