話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

海外旅行の味方!? リアルタイム通訳機能がGoogleアシスタントに搭載

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

Googleアシスタントにリアルタイム通訳モードが追加

Googleアシスタントにリアルタイムで言語を通訳する「通訳モード」が搭載

Googleアシスタントにリアルタイムで言語を通訳する「通訳モード」が搭載

新しく搭載された「通訳モード」は、Googleアシスタントを起動し、「OK Google,英語を通訳して」もしくは「OK Google,スペイン語の通訳になって」と話しかけると使用できます。通訳は、画面上にテキストで表示されたり、そのまま音声として聞くことも可能です。

通訳の内容によっては、Googleアシスタントが返答の候補を表示するとのこと。対応言語は、英語やスペイン語、日本語などを含めた44言語。タイ語やベトナム語などアジア諸国の言語にも対応しているため、海外旅行や出張などで活用できそうです。

「通訳モード」は、Androidだけでなく、iOS版「Googleアシスタント」でも利用可能です。

ソース:Google

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」が「Game of the Year 2019」の栄冠に

その年のゲーム業界を締めくくる一大イベント「The Game Awards」が2019年12月12日に開催されました。世界のゲームメディアとユーザーの投票により、その年にもっともすぐれた作品を決定する本イベント。2019年は、最優秀賞となる「Game of the Year」に6タイトルが選出され、そのうち4本が日本産タイトルでした。

その中から「Game of the Year」の栄冠を手にしたのは、フロム・ソフトウェアの「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」。「バイオハザード RE:2」「CONTROL」「DEATH STRANDING」「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」「アウター・ワールド」というビッグタイトルを退けての受賞となりました。

フロム・ソフトウェア「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」

フロム・ソフトウェア「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」

そのほかの主な受賞タイトルは以下の通りです。
・The Game Award for Best Action Game(最優秀アクションゲーム)
デビル メイ クライ5
・The Game Award for Best Action/Adventure(最優秀アクション/アドベンチャーゲーム)
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
・The Game Award for Best Role Playing Game(最優秀RPG)
Disco Elysium
・The Game Award for Best Strategy Game(最優秀ストラテジーゲーム)
ファイアーエムブレム 風花雪月
・The Game Award for Best Ongoing Game(現在進行中のゲームに与えられる賞)
フォートナイト
・The Game Award for Best Multiplayer Game(最優秀マルチプレイヤーゲーム)
エーペックスレジェンズ
・The Game Award for Best Narrative(すぐれた物語性のゲームに与えられる賞)
Disco Elysium
・The Game Award for Best Sports/Racing Game(最優秀スポーツ/レースゲーム)
クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!
・The Game Award for Best Fighting Game(最優秀格闘ゲーム)
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
・The Game Award for Best Family Game(最優秀ファミリーゲーム)
ルイージマンション3
・The Game Award for Best VR Game(最優秀VRゲーム)
Beat Saber
・The Game Award for Best Debut Indie Game(最優秀インディーゲーム)
Disco Elysium
・The Game Awards - Games for Impact Award(すぐれたメッセージ性や問題提起を含むゲームに与えられる賞)
GRIS
・The Game Award for Best Mobile Game(最優秀スマホゲーム)
コール オブ デューティ モバイル
・The Game Award for Best ESports Game(最優秀eSportsゲーム)
League of Legends
・The Game Award for Best ESports Event(最優秀eSportsイベント)
2019 League of Legends World Championship
・The Game Award for Best ESports Player(最優秀eSportsプレイヤー)
カイル・“ブーガ”・ジアーズドーフ(フォートナイトワールドカップソロ部門優勝)
・The Game Award for Best ESports Team(最優秀eSportsチーム)
G2 Esports
・The Game Award for Content Creator of the Year(最優秀コンテンツクリエイター)シュラウド(Mixerのストリーマー)
・The Game Award for Best Performance(最優秀演技賞)
マッツ・ミケルセン
・The Game Award for Best Score/Soundtrack(最優秀音楽賞)
DEATH STRANDING
・The Game Award for Best Audio Design(最優秀サウンドデザイン賞)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
・The Game Award for Best Art Direction(最優秀アート賞)
Control

ソース:The Game Awards

ワム!の名曲「Last Christmas」が4Kリマスターで公開

もうすぐクリスマスということで、町中からテレビまで、いたるところでクリスマスソングを耳にします。そんなクリスマスソングで聞いたことがない人はいないであろう定番中の定番がWham!(ワム!)の「Last Christmas」でしょう。

1984年12月にリリースされ、35年たった今でもクリスマスになると流れる定番ソング。この「Last Christmas」のPVを、ソニー・ミュージックエンタテインメントが4KにリマスターしてYouTubeに公開し話題になっています。

4Kバージョンを見ると、今の人が1980年代のヘアスタイルやファッションに身を包んでいるかのように思えるくらい画質がきれいです。雪合戦のシーンなどは、古い映像とは思えないレベルです。SD画質(480p)のオリジナル動画を見れば、その違いに驚くでしょう。

今は亡き、若かりし日のジョージ・マイケルを4Kで拝めるのもイイですね。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る