隔週スマホニュース
スマホ業界の最新ニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

ソフトバンク・ワイモバイルが2024年1月下旬に3Gサービスを終了

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、ソフトバンクの3Gサービス終了日程の発表や、auの「au WALLETポイント」と「Ponta」ポイントの統合など4本の話題をお届けする。

ソフトバンクとワイモバイルが2024年1月下旬に3Gサービスを終了

ソフトバンクは、2019年12月6日、3Gのネットワーク「3Gサービス」を2024年1月下旬に終了すると発表した。これにより、LTE(4G)に対応していないケータイやスマートフォン・タブレット、iPhoneおよびiPadシリーズ、このほかデータ通信端末でデータ通信と音声通話が行えなくなる。なお、4G対応であってもVoLTEに対応していないおおむね2015年以前に発売されたスマートフォンや携帯電話、「iPhone 5s」以前のiPhoneシリーズで音声通話が利用できなくなる。

3Gサービスの終了については、すでにKDDIが2022年3月末に、NTTドコモが2026年3月末にそれぞれ終了することを発表済みだ。今回ソフトバンクが行った発表により、国内の主要3キャリアすべてで3Gサービス終了の日程が出揃ったことになる。

「au WALLETポイント」が「Ponta」へ統合

KDDIは、2019年12月16日、ロイヤリティ マーケティングおよびローソンと資本業務提携を結んだことを発表した。この合意に基づき、auのポイントサービス「au WALLET ポイント」を2020年5月以降に、ロイヤリティ マーケティングのポイントサービス「Ponta」へ統一する。また、KDDIとローソンは両社の資産を組み合わせたデータや金融サービスを絡めた次世代型コンビニサービスを展開することも明らかにされた。

なお、ローソンは従来NTTドコモとの関係が深く、NTTドコモのスマートフォンにはローソンのアプリがプリインストールされていたほか、NTTドコモの新サービスの多くをローソンで行っていた実績もあった。それだけに、今回のKDDIとの資本業務提携は業界に大きな衝撃を与えた。

au WALLETポイントがPontaポイントに統合される。Tポイントを使うソフトバンク、楽天ポイントを強みとする楽天モバイルへの対抗策とも思われる

混雑緩和策の一環? NTTドコモが「ネットトラブルあんしんサポート」をスタート

NTTドコモは、2019年12月9日、新しいユーザーサポートプログラム「ネットトラブルあんしんサポート」を発表。同日より受け付けを開始した。

「ネットトラブルあんしんサポート」は、月額500円(税別)の有料サービスで、個人情報の漏洩や詐欺、誹謗中傷など、インターネット上でのさまざまなトラブルに対して、最新のトラブル事例を紹介するほか、実際にトラブルに遭遇した場合に専門のスタッフへの電話サポートが行えるというもの。また、付帯するサービスとして、各社の提供しているQRコード決済、クレジットカード決済、デビットカード決済、後払い式電子マネーなどの不正利用に対して保障を受けることもできる(決済事業者等から補償を受けられる額を除き、100万円まで)。対象となるのはNTTドコモの回線契約者で、dアカウントを保有するだけの他社回線のユーザーは対象外となる。

NTTドコモでは、すでにドコモショップにおけるユーザーサポートのサービス拡充を発表しているが、この「ネットトラブルあんしんサポート」もその一環。これにより、ドコモショップの混雑が緩和され、サービスを受けられる人の数が限られることで本当に困っている人にはむしろ使いやすくなるだろう。

「ネットトラブルあんしんサポート」の契約キャンペーンも実施中。一定の期間、継続して契約した場合にdポイント(期間・用途限定)1,000ポイントが進呈される

UQモバイルが音声定額通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」を提供開始

UQモバイルは、2019年12月16日、格安SIMカードの「スマホプラン」を対象にした、月額1,700円の音声通話オプション「かけ放題(24時間いつでも)」を発表。12月18日より受付を開始している。

10月1日にスタートした新料金プラン「スマホプラン」には、これまで、音声通話のオプションとして、月額700円で1回あたり10分までの国内通話がかけ放題となる「かけ放題(10分/回)」と、月額500円で1か月の国内通話が最大60分まで利用できる「通話パック(60分/月)」が用意されていたが、「かけ放題(24時間いつでも)」はこれらに新たに加わるオプションメニューとなる。なお、同オプションには最低利用期間や契約解除料は設定されていない。

UQモバイルと競合するワイモバイルの新料金は、国内通話10分間のかけ放題が最初からセットになっているほか、音声通話のかけ放題となるオプション「スーパーだれとでも定額」が用意されていた。この「かけ放題(24時間いつでも)」はこれに対抗する料金プランと言えそうだ。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2019年12月5日〜12月19日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

通信キャリアおよびSIMフリー共通

iOS13.3およびiPadOS13.3の配布
・「iPhone」(アップル)
・「iPad」(アップル)

NTTドコモ

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy A20 SC-02M(サムスン)
・Galaxy S9+ SC-03K(サムスン)
・Galaxy Feel2 SC-02L(サムスン)
・Galaxy S9 SC-02K(サムスン)
・Galaxy Note9 SC-01L(サムスン)
・Galaxy Note8 SC-01K(サムスン)
・Galaxy Feel SC-04J(サムスン)
・Galaxy S8+ SC-03J(サムスン)
・Galaxy S8 SC-02J(サムスン)
・Galaxy S7 edge SC-02H(サムスン)
・LG style2 L-01L(LG)
・LG style L-03K(LG)
・Disney Mobile on docomo DM-01K(LG)
・Xperia 1 SO-03L(ソニーモバイル)
・Xperia Ace SO-02L(ソニーモバイル)
・AQUOS R3 SH-04L(シャープ)
・AQUOS sense2 SH-01L(シャープ)
・HUAWEI P30 Pro HW-02L(ファーウェイ)
・arrows Be F-04K(富士通)
・arrows NX F-01K(富士通)

au

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Galaxy Fold SCV44(サムスン)
・Galaxy A30 SCV43(サムスン)
・AQUOS R SHV39(シャープ)
・AQUOS R2 SHV42(シャープ)
・AQUOS sense3 plus サウンド SHV46(シャープ)
・AQUOS sense2 かんたん(シャープ)
・AQUOS sense2 SHV43(シャープ)
・AQUOS R compact SHV41(シャープ)
・Xperia 8 SOV42(ソニーモバイル)
・isai Beat LGV34(LG)
・HUAWEI P30 lite Premium HWV33(ファーウェイ)
・TORQUE G04(京セラ)
・Qua phone QZ(京セラ)

ソフトバンク(ワイモバイル)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Simply(セイコーソリューションズ)
・Simply B(セイコーソリューションズ)
・G8X ThinQ(LG)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 plus(シャープ)
・OPPO A5 2020(OPPO)
・Xperia Ace(ソニーモバイル)

UQモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・HUAWEI P20 lite(ファーウェイ)
・HUAWEI nova lite 3(ファーウェイ)
・Xperia 8(ソニーモバイル)
・DIGNO A(京セラ)
・A5 2020(OPPO)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る