話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

8歳の少年が約28億円で1位。YouTuber年収ランキング公開

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

YouTubeで成功するには子ども向けコンテンツを作るべき!? 年収ランキング1位は8歳の少年で約28億円

アメリカの経済誌、フォーブスがYouTuberの年収ランキングを公開しました。年収データは、インフルエンサーマーケティングのCaptiv8、ソーシャルメディアの分析を行うSocialBlade、業界誌のPollstarから集計したデータを元に掲載されたものになります。

第1位 Ryan Kaji 推定2,600万ドル
8歳の少年、Kajiのチャンネル。おもちゃの開封の儀関連の動画などを投稿。

第2位 Dude Perfect 推定2,000万ドル
5人の男性グループ。スポーツやスタントなどでギネス記録に挑戦する動画を投稿。

第3位 Anastasia Radzinskaya 推定1,800万ドル
ロシアの5歳の少女、Nastya。合計7つのチャンネルを運営。主にお父さんと遊ぶ動画を投稿。

第4位 Rhett and Link 推定1,750万ドル
第5位 Jeffree Star 推定1,700万ドル
第6位 Preston (Preston Arsement) 推定1,400万ドル
第7位 PewDiePie (Felix Kjellberg) 推定1,300万ドル
第7位 Markiplier (Mark Fischbach) 推定1,300万ドル
第9位 DanTDM (Daniel Middleton) 推定1,200万ドル
第10位 VanossGaming (Evan Fong) 推定1,150万ドル

ランキングの多くを占めるのは、ゲーム関連の動画を投稿するYouTuberたち。6位から10位までは、すべてゲームに関する動画を投稿するYouTuberがランクインしました。こういったYouTuberをしのぐ人気を誇るのが、上位にランクインしたキッズ系YouTuberたちです。

3位のNastyaは、7つのチャンネルを運営し、合計1億700万人という登録者数を持つ超人気YouTuber。1位のRyan Kajiは、UnBoxing(開封の儀)というジャンルの動画を投稿する、わずか8歳の少年。チャンネルの登録者数は2,300万人にものぼります。

これらの結果が示すのは、YouTubeの視聴者の多くがキッズ系動画やゲーム系動画を見る若年層ということです。アメリカのピュー研究所の調査によれば、子どもが登場する動画は、ほかの動画と比べて平均視聴回数がおよそ3倍にもなるとのこと。また、11歳以下の子どもを持つ親の81%が、子どもにYouTubeを見させているという調査結果も報告されています。YouTubeで成功するカギは、いかに子どもを引きつけるコンテンツを作るかということなのかもしれません。

ソース:Forbes

Facebookがトランプ支持ニュースを拡散する偽アカウントを削除。総フォロワーは5500万人以上

Facebookは、トランプ大統領を支持するニュースを拡散する偽アカウント610件、ページ89件、グループ156件を削除したことを明らかにしました。これに加えてインスタグラムのアカウントも72件削除されています。

削除されたFacebookアカウントおよびページ、グループを少なくとも1件以上フォローしているユーザーは5,500万人以上。インスタグラムについては、92,000人以上のユーザーが1件以上の偽アカウントをフォローしていたとのことです。

削除された偽アカウントの多くはアメリカ国外で登録されていましたが、実際に運営していたのは、アメリカに拠点をおくThe BLというメディア。海外のユーザーに対してトランプ大統領を支持するニュースや、トランプ大統領の競合を批判するニュースを配信していたとされています。

削除されたアカウントの中には、AIで自動生成した偽のプロフィール画像を使用しているものもあったとのこと。偽の情報でユーザーを誘導する選挙マーケティングがケンブリッジ・アナリティカの一件で明らかになり、2020年のアメリカ大統領選でも同様の問題が懸念されています。今回削除されたような偽アカウントは今後も増加するとみられており、Facebookがどのように対応するのか注目です。

ソース:Facebook

クリストファー・ノーラン最新作「TNET」の予告編が公開

独創的なアイデアを誰でも楽しめる脚本に仕立て上げ、数々のヒット作を手がけてきたクリストファー・ノーラン監督の最新作「TNET」(テネット)の予告編が公開されました。

ノーラン監督作品の予告編は「映画のストーリーはさっぱり伝わってこないけどなんかスゴそう」という印象で、今回の「TNET」もその系譜から外れません。予告編を見ると、事前情報として明かされている「世界をまたにかけるスパイ映画」ということはかろうじてわかりますが、そのほかの情報はほぼなし。それでも、映像をみる限りノーランお得意の時間に関するトリックが仕掛けられている気がしますね。

「TNET」は2020年9月18日に公開予定。今から楽しみな作品です。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る