話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

Apple Watch着用でお得に運動。アップルが提携ジムで「Apple Watch Connected」を開始

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

アップルがジムと提携。「Apple Watch Connected」をアメリカで開始

アップルは、Apple Watchをジムで活用するプログラム「Apple Watch Connected」をアメリカでスタートしました。

Apple Watchユーザーはアップルの提携ジムで運動するとはかどりそう

Apple Watchユーザーはアップルの提携ジムで運動するとはかどりそう

「Apple Watch Connected」は、Apple Watchユーザーが提携ジムを利用することで、さまざまな恩恵を受けられるプログラムです。たとえば、Apple Watchで設定した目標をクリアすると、ジムで利用できるクレジットをもらえたり、Appleやナイキのギフトカードをもらえたり、レッスンが無料で受講したりすることなどが可能です。

ジムが「Apple Watch Connected」に参加するには、ジム内でApple Payが使えること、Apple Watchと連携してデータを同期できるGymkit対応マシンを導入すること、iPhoneやApple Watchのアプリを提供することがあります。プログラム開始当初は、Orangetheory、Basecamp Fitness、YMCA、Crunch Fitnessという4つのフィットネスチェーンが参加しており、今後の増加が見込まれます。

Apple Watchで飲み物などをキャッシュレスで購入し、ジムでの運動データもアプリに同期。さらに、運動データに応じてジムからインセンティブを受け取れるのは、ユーザーにとってかなりメリットのあるプログラムになるでしょう。

iOSシェアの大きい日本でも導入されれば、スマートウォッチ市場はApple Watchの1強になるかもしれません。

ソース:CNBC

Googleが検索結果のデザインを変更するも、批判を受け改善へ

Googleは、デスクトップの検索結果デザインを2020年1月23日に変更しましたが、広告がわかりにくいとの批判を受け、さらにデザインを改善することを明らかにしました。

以前までは緑色の枠付きで「広告」と表示されていたのが、1月27日時点では太字で「広告」のみに変更

以前までは緑色の枠付きで「広告」と表示されていたのが、1月27日時点では太字で「広告」のみに変更

2020年1月23日にロールアウトされたデザイン変更では、青色で表示されていたタイトルの下に緑色で広告のラベル、その隣にURLが表示されていたのが、タイトルの上部に太字で広告のラベル、その隣にURLが表示されるようになりました。また、タイトルの左側にはファビコンを表示するデザインになっていました。

この変更はモバイル版アプリで2019年5月に実施されたもので、ユーザーからは好評だったためデスクトップ版にも展開したとのこと。しかし、デスクトップ版のデザイン変更後は、広告のラベルが緑色から黒色、太字になったことで、オーガニック検索との区別がつきにくくなったとの批判がありました。

これを受けて、Googleはデザイン変更の目的が検索結果のソースをわかりやすく明示すること、そし広告をわかりやすくすることだったと説明し、ファビコンの表示をオフにするなどデザイン改善を今後継続して実施すると表明。1月27日時点では、ファビコンが非表示になっていますが、黒色太字の広告はそのままになっています。

ソース:Google公式Twitter

トランプ大統領が宇宙軍のロゴ披露。スター・トレックに酷似していると反響

アメリカのトランプ大統領が第6の軍隊である「宇宙軍」のロゴを公式Twitterで公開しました。しかし、公開直後から宇宙軍のロゴがスター・トレックのロゴに酷似していると話題になっています。

トランプ大統領が公開した宇宙軍のロゴ

トランプ大統領が公開した宇宙軍のロゴ

トランプ大統領が2019年6月にアメリカ国防総省に命じて設立した、陸海空軍に並ぶ軍隊の宇宙軍。宇宙におけるアメリカの支配権を強調すべく、宇宙探索や宇宙開発などの活性化が目的とされています。

この宇宙軍のロゴが公開されたのですが、デザインが「スター・トレック」に登場する宇宙艦隊「スター・フリート」のロゴにそっくりだという指摘がTwitterで相次ぎました。

左が「スター・フリート」のロゴで、右が宇宙軍のロゴ。確かに似ているような気がしますね

左が「スター・フリート」のロゴで、右が宇宙軍のロゴ。確かに似ているような気がしますね

宇宙軍はロゴの中央にある三角形のシンボル(デルタ記号)について「1945年にアメリカ陸軍航空軍で初めて採用され、1961年には空軍宇宙軍団のエンブレムでも使用された。それ以来、三角形のシンボルは軍事宇宙組織において、著名な特徴になっている」と公式Facebookで説明しています。

ソース:トランプ大統領公式Twitter

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る