細かな機能強化があちこちに散りばめられた正常進化版

アップルが「OS X El Capitan」のプレリリース版を公開! 新しい日本語入力方式が便利すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルは2015年7月10日、今秋リリース予定の次期Mac向け基本ソフト(OS)「OS X El Capitan(オーエステン・エルキャピタン)」のプレリリース版を公開した。Apple Beta Software Programへ登録すれば、一般の人でも無料で試せる。デザインを一新した現行の「OS X Yosemite」をベースに、ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)の改善とパフォーマンスの向上を図ったのが主な強化点だ。大々的なアップグレードではなく、細かな改良を積み重ねて堅実に進化したOS X El Capitan。開発途中のプレリリース版を使って、ファーストインプレッションをお届けしたい。

プレリリース版が公開されたOS X El Capitan。正式版は今秋リリース予定だが、Apple Beta Software Program のメンバーに登録すれば、誰でも無料で試せる。日本語でのフィードバックも受け付けている。ただし、正式版ではないので、メインで利用しているMacへのインストールは控えたほうがいいだろう。試す場合はデータのバックアップも忘れずに

毎日やることにフォーカス! 細かい改良を積み重ねて大きな違いを生み出す

まずはユーザーエクスペリエンスから見ていこう。ユーザー体験とも言われることだが、要は使い勝手の面だ。電源を入れてカーソルがどこにあるのかを探したり、使いたいアプリケーションを探したり、Macユーザーが日々やることに注目して、より使いやすいように改良されている。

Macを起動して最初にやることといえば、カーソルがどこにあるのかを探すことだ。OS X El Capitanでは、トラックパッド上で指を前後左右に動かすか、マウスを揺らすと、カーソルが巨大化して、カーソルがすぐに見つかる。シンプルなアイデアだが、意外と便利な機能だ。ウィンドウの管理機能も強化されている。OS Xには、起動しているアプリケーションをすべて見られる「Mission Control」という機能があるが、OS X El CapitanのMission Controlでは、アプリケーションのサムネイルが重なることなく、すべてを一覧できるようになった。仮想デスクトップへのアプリケーションの移動もドロップするだけでできる。Windowsのように2つのアプリケーションを全画面で表示できる「Split View」も搭載する。Webページをチェックしならメールを書くなど、2つのアプリを同時に利用するときに便利な機能だ。これらのウィンドウ管理機能は、デュアルディスプレイ環境を構築している人にとっても便利な機能だろう。

起動中のアプリをすばやく確認できるMission Control。OS X El Capitanでは、アプリケーションが重ならずに、すべて表示されるようになった。上部には仮想デスクトップが表示されており、ドロップするだけでアプリケーションを展開するデスクトップを選べる

2つのアプリケーションを全画面表示するSplit View。左上の全画面表示ボタンを長押しすると利用できる。ながら作業に便利な機能だ

主要アプリケーションも強化されている。なかでも「メモ」アプリケーションは、よりリッチなアプリとして一新されている。文字だけでなく、写真やビデオ、WebサイトのURLや地図の位置情報なども追加できるようになったのだ。「Safari」や「マップ」で調べた情報を直接メモに保存することも可能だ。メモにやること・やるべきことを忘れないように書きとめている人にとっては、チェックリストを作成できる機能が便利なはずだ。これまでと同じように、クラウドサービス「iCloud」により、メモの内容は「iPhone」や「iPad」でも確認できる。

Safariでは、よく見るWebサイトにピンをつけられるようになった。ピンをつけたWebサイトは、タブバーの左側に常時表示されるようになり、バックグラウンドでアクティブな状態に保たれる。SNSなどにピンをつけておくと、すぐに最新の情報を見られて便利そうだ。また、複数のタブを開いて作業しているときに、面倒なのが音の鳴るWebサイトがある場合だ。OS X El Capitanでは、スマート検索フィールドから消音できるので、音の出ているタブを探して慌てなくてもよくなる。複数のタブから音が出ている場合は、消音にするタブを選べる。

「メール」は全画面表示に対応し、iOSのようにスワイプして不要なメールを削除できるようになった。メール作成画面ではタブ表示が可能になり、複数の人とメールをやりとりしているときの作業効率がアップしそうだ。メールの内容がフライトの案内や夕食への招待の場合は、ワンクリックでカレンダーにスケジュールを追加できる。これまでも時間や場所の情報からカレンダーに半自動でスケジュールの追加はできたが、新しいメールはメールの内容がイベントであることを認識し、ワンクリックするだけでスケジュールに追加できるようになった。

画像や動画、WebサイトのURL、地図の位置情報を加えられるようになったメモアプリ

画像や動画、WebサイトのURL、地図の位置情報を加えられるようになったメモアプリ

Safariでは、よく見るWebサイトにピンをつけて、タブバーの左に常時表示できるようになった。スマート検索フィールドからは、タブの音を消せる

全画面表示が可能になったメール。メールの中身がイベントへの招待の場合は、そのスケジュールをカレンダーにワンクリックで追加できる

プレリリース版でも体感できるスピードアップ! 「Metal」にも期待

パフォーマンス面では、利用者が毎日する作業、たとえば、アプリケーションの起動や切り換え、Eメールのメッセージの表示などをより高速化している。アップルによれば、アプリケーションの切り替えは最大2倍、プレビューでPDFを開くときは最大4倍も速くなっているという。短時間だがプレリリース版を利用して見た限り、同社の言う通り、きびきびと動作する。動きも一段となめらかになっている印象だ。パフォーマンスに関しては大いに期待できる。

モバイル機器向けの「iOS」で導入済みのグラフィックスAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)「Metal(メタル)」をMacにも導入したのもトピックだ。高いグラフィックス性能が求められるゲームやアプリケーションがより快適に楽しめるようになる。ゲームメーカーのほか、アドビなどクリエイティブアプリを手がけるメーカーがMetalの導入を決めており、クリエイターにとってもOS X El Capitanは魅力的なOSとなるかもしれない。

日本のユーザー注目! 新日本語フォントの追加と新しい日本語入力方式

OS X El Capitanは日本語に関する機能も強化されている。まず、「クレー」「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」「游明朝体+36ポかな」の4つの日本語フォントが追加された。クレーは、ペンや鉛筆で手書きしたようなフォントで、手紙や日記などパーソナルなテキストにマッチしそうだ。筑紫A丸ゴシックは柔らかい印象がありつつも、フォーマルなテキストにも使えそうなフォントだ。筑紫B丸ゴシックは、漢字は筑紫A丸ゴシックと同じで、アルファベットが個性的だ。游明朝体+36ポかなは、個性的なフォントでタイトルなどに使うと見栄えのよいテキストやプレゼンテーションの資料などが作れるだろう。

多くの人が利用しているであろう「ヒラギノ角ゴシック」は、太さのバリエーションが増えている。極細の「W0」から「W9」の太いものまで10種類の中から選べる。

OS X El Capitanの新しい日本語の入力方式にも注目したい。多くの人は、単語や文節ごとにスペースバーとエンターキーを押して変換しながら日本語を入力しているはずだ。それに対してOS X El Capitanの「ライブ変換」は、入力するのとほぼ同時に、自動的に変換される。スペースバーを押す回数が劇的に減ることによって、より速く日本語を入力できるようになるのだ。ライブ変換は過去にも存在したが、変換精度の問題で日の目を見ることはなかった。OS X El Capitanのライブ変換は、豊富な語彙と高い精度を誇る言語エンジンを活用することで、ベータ版でありながら、十分使えるレベルに仕上げられている。テキスト内に数字が何度か出てくる場合は、最初の表記(半角か全角か、英数字か漢数字かなど)と統一されるなど、細かな点もよくできている。正式版でさらに磨きがかけられれば、多くの人がライブ変換を使って日本語を入力するようになるかもしれない。

メールの上のテキストは、スペースバーを一度も押すことなく入力したもの。プレリリース版にも関わらず、変換精度は非常に高かった。メールの下のテキストは、今回追加された4つの日本語フォント

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.4.27 更新
ページトップへ戻る