ニュース
コンパクトな「AQUOS」や独自ブランドの「Qua」シリーズなどで挑む春の商戦

auが2016年春モデルを発表!スマホやガラホなど4機種をラインアップ

auは2016年1月12日、2016年春モデルとして、Androidスマートフォン2機種、同タブレット1機種、ガラホ1機種の合計4機種を発表した。同社は、2015年秋モデルおよび冬モデルをまとまった形で発表しておらず、久しぶりの新製品発表会となったが、どんな製品がラインアップされたのか、その概要をお届けしよう。

約4.7インチのハイスピードIGZO液晶を備えた
シャープ「AQUOS SERIE mini SHV33」

2015年春モデルとして登場した「AQUOS SERIE mini SHV31」(以下、SHV31)の後継機種。画面サイズが約4.5インチから約4.7インチにアップし、本体サイズと重量もわずかにアップしている。本体サイズは約66(幅)×126(高さ)×8.9(厚さ)mm、重量は約120g。SHV31と比較すると、幅が約3mm、高さが約2mm、重量が約2g増加し、約1mm薄型化している。

画面解像度はフルHDで、IGZO液晶という点は変わらないが、120Hzの倍速駆動に対応したハイスピードIGZOに変更されている。これによって、ゲームなどの操作性や地図やWebブラウザーなどの画面スクロールの追従性が向上している。

CPUには、ヘキサコアの「Snapdragon808 MSM8992(1.8GHz×2+1.4GHz×4)」を採用。3GBのRAM、16GBのROM、200GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを備える。プリインストールされるOSは「Android 5.1」だ。

基本スペックとしては、ROMが16GBとSHV31から変更がなく、やや少ないのが気になる。最近のスマートフォンではゲームアプリやマルチメディアデータ、撮影した写真や動画など、ストレージを消費するペースが以前よりも早まっているので、容量の大きなmicroSDメモリーカードを組み合わせたいところだ。

また、SHV31では、Android 5.X系へのバージョンアップが見送られた経緯があったが、本機のバージョンアップについては現時点で未知数である。

電源の周辺を見ると、バッテリーが2,810mAhとかなり大きい。これは、SHV31の2,120mAhと比較しても大幅アップだが、約5.0インチ液晶を備えた2015年夏モデル「SHV32」の2,600mAhと比べてもさらに大容量だ。連続通話時間は約1350分、連続待受時間は、約490時間、特に連続通話時間は、過去のAQUOSと比較しても長めの部類だ。

扱いやすさや耐衝撃性能などが特徴のau独自ブランドスマホ
京セラ「Qua phone」

2015年夏モデルとして登場したタブレット「Qua tab 01」から発展する形で、au独自のプライベートブランドとして「Qua(キュア)」シリーズが新たにスタートする。

auでは、今までデザイン志向の「iida」や、多機能かつ高性能な「isai」といったスマートフォンのサブブランドを保有していたが、このQuaシリーズは、「アフォータブル(affordable:手ごろな、入手可能な)」がキーワードで、必要とされる機能は抑えつつ、低価格な製品ラインアップとして位置づけられている。

そんなQuaシリーズ初のスマートフォン「Qua phone」は、HD表示対応の約5.0インチ液晶ディスプレイに、クアッドコアCPU「Snapdragon 410 MSM8916(1.2GHz)」と2GBのRAM、16GBのROMを組み合わせている。ハードウェアの基本スペックは控えめだ。なお、動作OSのAndroid 5.1を64bitで動作させている。

本体サイズは約72(幅)×146(高さ)×7.9(厚さ)mmで、重量は約132g。ボディがメタル製ということもあり、価格帯が近いSIMフリースマートフォンとはひと味違う上質感も感じられる。

また、本機はタフネス設計にこだわりのある京セラ製ということで、アメリカ国防総省の調達基準であるMIL-STD-810Gの耐衝撃基準をクリアしている。もちろんIPX5/8等級の防水仕様と、IP5Xの防塵仕様も満たしている。

機能面では、フルセグおよびワンセグチューナーが省略されているほか、キャリアアグリゲーションにも対応しておらず、下り最大速度も150Mbpsにとどまっている。そのいっぽうで、FeliCaポートやVoLTEには対応しており、優先度の高い機能を選別して搭載している。

気になる本体価格だが、2万円台前半を想定しているとのこと。格安のSIMフリースマホと比較しても十分魅力的な価格設定だ。

擬似サラウンド機能やWUXGA液晶を組み合わせたフルサイズタブレット
ファーウェイ「Qua tab 02」

Qua tab 01に続く2世代目のQuaシリーズのタブレット。前モデルは約8.0インチのコンパクトなモデルだったが、Qua tab 02はWUXGA表示に対応する約10.1インチ液晶ディスプレイを備えたフルサイズタブレットだ。

処理性能を見ると、オクタコアCPUの「Snapdragon 615 MSM8939(1.5GHz×4+1.2GHz×4)」に、2GBのRAM、16GBのROM、最大128GBまで動作確認の取れたmicroSDXC
メモリーカードスロットを組み合わせる。OSは、Android 5.1だ。

本機は、LTEおよびWiMAX2+には対応しているが音声通話は行えない。キャリアアグリゲーションにも対応しておらず、下り最大速度は150Mbpsにとどまっている

機能面を見ると、ファーウェイの擬似サラウンド機能「Super Wide Sound 2.0」を備えており、本体の左右に備わる2個のスピーカーを使って迫力ある音声を再生できる。フルセグおよびワンセグの各テレビチューナーや、FeliCaポート、NFCポートは搭載しない。

本機は、高解像度なディスプレイと高いサウンド機能を備えたAV機能を重視したタブレットだ。価格は、本体価格は1万円台前半が想定されており、Qua phoneとセットでも購入しやすい。

LTE対応のガラホ仕様に生まれ変わったGRATINA
京セラ「GRATINA 4G」

「AQUOS K」に続く、auとしては3世代目のAndroidケータイ、いわゆるガラホとなる「GRATINA 4G」。前モデルと同様、VoLTEに対応するなど、基本的な機能を維持しつつ、ユーザーの意見を反映して従来のケータイに使い勝手を近づけたのが強化点だ。

約3.4インチの液晶というサイズはそのままだが、AQUOS KのqHD(540×960)から、480×864のFWVGA液晶に変更。防水および防塵仕様に加えて、京セラ製端末らしく耐衝撃性能を備えるようになった。新たにNFCポートも搭載した。

このほか、アプリの起動や短縮ダイヤルを登録できる3個のショートカットボタン「カスタマイズキー」や、利用したい機能だけを登録できる「カスタムメニュー」、電話帳に登録した誕生日や記念日を通知する「記念日通知」といった新機能を備える。

既存モデル2機種に新色が追加
ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia Z5」、京セラ「BASIO」

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る