Android 5.1やLTE対応など、ベーシックな性能を備えた高コスパ機

実売15,000円以下で買える格安SIMフリースマホ5選

このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能なハイエンドモデルから低価格のエントリーモデルまで、多彩な製品を選べるのがSIMフリースマートフォンの魅力。そんな製品の中から、価格.comの最安価格で15,000円以下(2016年8月16日時点)ながら、OSにAndroid 5.1を採用し、LTEにもしっかり対応する、ベーシックな性能を備えた高コスパモデル5機種を紹介しよう。

メインカメラにデュアルフラッシュを搭載する最新モデル
ZTE「Blade E01」

720×1280のHD表示に対応した約5.0インチ液晶ディスプレイを採用する中型モデル。ボディサイズは、約71(幅)×142.5(高さ)×7.8(厚さ)mm、重量は約155gとなっており、8mmを下回るスリムさと、約71mmの横幅がもたらすコンパクトさが魅力だ。主要スペックは、CPUにMediaTekのクアッドコア「MT6735P(1.0GHz×4)」、RAMが1GB、ROMが8GB(イオンモバイル版はRAMが2GB、ROMは16GB)という構成になっている。メモリーカードスロットは、32GBまで対応するmicroSDHCで、バッテリーは容量2,200mAh。

メインカメラは約800万画素と平均的なスペックだが、色の異なる2色のフラッシュを組み合わせたデュアルフラッシュを備えており、自然な仕上がりのフラッシュ撮影が行えるのが魅力だ。また、サブカメラは約500万画素なので、自分撮りもきれいに仕上がる。

118gの軽量ボディに、エントリーモデルでは大容量な16GBのROMを搭載
UPQ「UPQ Phone A01X」

854×480のFWVGA表示に対応した約4.5インチの液晶ディスプレイを搭載する小型モデル。ボディサイズは、約66(幅)×133(高さ)×8.6(厚さ)mm、重量は約118gとなっており、かなり軽くコンパクトな製品だ。主要スペックは、CPUにMediaTekのクアッドコア「MT6735(1.3GHz×4)」を採用するほか、1GBのRAM、16GBのROM、32GBまで対応するmicroSDHCメモリーカードスロットを搭載する。特に、このクラスでは珍しい16GBの大容量ROMが魅力で、メモリーカードでは代替できないアプリのインストールも比較的余裕がある。バッテリーは交換可能なパック式で容量は1,800mAhだ。

このほか、メインカメラは約500万画素、サブカメラは約200万画素。カラーバリエーションが豊富で、NRホワイト、NRブラック、ホワイトBG、ブルー・バイ・グリーン、ホワイト、ブラック、という6種類から選ぶことができる。

軽量ボディで5GHz帯のWi-Fiにも対応
FREETEL「FREETEL Priori3 LTE」

854×480のFWVGA表示に対応した約4.5インチの液晶ディスプレイを搭載する小型モデル。ボディサイズは約65(幅)×132(高さ)×8.9mm、重量約120gで、今回取り上げる5製品の中では、「UPQ Phone A01X」と並んで軽い。主要スペックは、CPUにMediaTekのクアッドコア「MT6735M(1.0GHz×4)」を採用。1GBのRAM、8GBのROM、128GBまで動作確認の取れたmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせている。このクラスの製品としては珍しく、5GHz帯のWi-Fiに対応しているのが特徴だ。バッテリーは容量2,100mAhで、着脱可能のパック式となっている。

メインカメラは約800万画素、サブカメラは約200万画素。カラーバリエーションが豊富で、ブラック、ホワイト、ヌーディーベージュ、ビビットオレンジ、ルビーレッド、ミントブルーの6色が用意されている。

エントリー機ながら充実のカメラ&サウンド機能
HUAWEI「HUAWEI Y6」

720×1280のHD表示に対応する約5.0インチの液晶ディスプレイを搭載する、ファーウェイのエントリーモデル。ボディサイズは、約72.1(幅)×143.5(高さ)×8.5(厚さ)mm、重量は約155gとなる。ボディ背面に配置されたスピーカーと、音を増幅するチャンバー構造を採用することで、テーブルなどに平置きした場合でも十分なボリュームで音楽を再生できるほか、イコライザーも標準搭載されるなど、サウンド機能が比較的充実している。主要スペックは、CPUにQualcommのクアッドコア「Snapdragon 210 MSM8909(1.1GHz×4)」を採用。このほか、1GBのRAM、8GBのROM、32GBまで対応するmicroSDHCメモリーカードスロットを備えている。バッテリーは内蔵式で、容量は2,200mAh。

メインカメラは、約800万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーに、F2.0の大口径レンズという組み合わせで、このクラスとしてはハイスペック。手ブレや被写体ブレ、暗部のノイズなどを抑えた撮影が期待できるだろう。なお、サブカメラは約200万画素となっている。

1万円以下で買える高コスパ機
Geanee「GM-01A」

540×960のQHD表示に対応する約4.5インチの液晶ディスプレイを搭載する小型モデル。ボディサイズは、約66.5(幅)×133.5(高さ)×9.95(厚さ)mm、重量は約142gとなっている。主要スペックは、CPUにQualcommのクアッドコア「Snapdragon 410 MSM8909(1.2GHz×4)」を採用。1GBのRAM、8GBのROM。32GBまで対応するmicroSDHCメモリーカードスロットを搭載している。バッテリーは交換可能となっており、容量は1,800mAhとなる。

カメラ性能は、メインカメラが約500万画素、サブカメラは約200万画素。スペック的にはミニマムだが、1万円以下で購入できる価格の安さが魅力だ。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.10.17 更新
ページトップへ戻る