第1弾はモバイル向けU&Yプロセッサー6モデル

“Kaby Lake”こと第7世代インテルCoreプロセッサーが正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

現地時間2016年8月30日、米インテルは、開発コードネーム「Kaby Lake」(カビーレイク)と呼ばれていた第7世代Coreプロセッサーを発表した。

インテル第7世代Coreプロセッサー

インテル第7世代Coreプロセッサー

これまでインテルのCPU開発は、製造プロセスルールを微細化する「Tick」と、アーキテクチャーを変更する「Tock」を1年ごとに交互に行う「Tick-Tockモデル」を採用していた。14 nm の製造プロセスルールを採用する第5世代Coreプロセッサー「Broadwell」の後継として、2015年に登場した第6世代Coreプロセッサー「Skylake」は、アーキテクチャーを変更する「Tock」に当たる。

これまでの流れを当てはめると、第7世代にあたる「Kaby Lake」では、製造プロセスルールを微細化する「Tick」が該当するはずだ。しかし、半導体製造技術の微細化が限界に近づき、これまでの「Tick-Tockモデル」のサイクルを維持することが難しくなってきたこともあり、今回の「Kaby Lake」では、製造プロセスルールの微細化を延期し、現状用いられている14nmの製造プロセスルールを改良する「Tock+」という新しいアプローチが取り入れられている。

第7世代Coreプロセッサーで用いられているシリコンウェハ

第7世代Coreプロセッサーで用いられているシリコンウェハ

第7世代Coreプロセッサーのダイ画像

第7世代Coreプロセッサーのダイ画像

製造プロセスルールに改良が加えられた「Kaby Lake」では、動作クロックが引き上げられている。また、GPUに内蔵されているビデオエンジンにも手が加えられており、4K HEVC 10bitのデコードやエンコード、VP9のデコードなど、4K動画のサポート機能が強化されており、4K動画再生時のバッテリーパフォーマンスも向上しているという。

GPUに内蔵されているビデオエンジンを強化

GPUに内蔵されているビデオエンジンを強化

4K動画サポート機能の追加で、動画再生時のバッテリー駆動時間が向上しているという

4K動画サポート機能の追加で、動画再生時のバッテリー駆動時間が向上しているという

なお、今回発表されたのは、2コア/4スレッドのモバイル向けUプロセッサー(Core i7-7500U/Core i5-7200U/Core i3-7100U、いずれもTDP15W)と、Yプロセッサー(はCore i7-7Y75/Core i5-7Y54/Core m3-7Y30、いずれもTDP4.5W)6モデル。搭載製品については今後順次発表される見込みだ。なお、デスクトップ向けCPUや、グラフィック性能の強力なIrisグラフィックス搭載CPUは、2017年1月に追加されるとのこと。自作PCユーザーやゲーミングノートPCユーザーは、新CPUの登場までもう少しだけ待つ必要がありそうだ。

TDP15WのUプロセッサーのパッケージ

TDP15WのUプロセッサーのパッケージ

Yプロセッサーのパッケージ

TDP4.5WのYプロセッサーのパッケージ

デスクトップ向けCPUや、グラフィック性能の強力なIrisグラフィックス搭載CPUは、2017年1月に追加予定とアナウンスされた

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る