今週発売の注目製品ピックアップ(2016年10月31日〜11月6日)

3キャリア同時発売の「Xperia XZ」や、ドコモ限定の「Xperia X Compact」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、3キャリア同時発売となる、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォンのフラッグシップモデル「Xperia XZ」や、同じくソニーモバイル製でNTTドコモ限定のコンパクトなスマートフォン「Xperia X Compact」、オムロンのBluetooth機能を搭載した上腕式血圧計「HEM-7511T」を紹介する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia XZ」

2016年11月2日(水)発売

ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォンのフラッグシップモデル「Xperia XZ」が登場。NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから同時に発売される。

メインカメラに有効約2300万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーを採用した5.2型モデル。さらに、イメージセンサーを補助する2つのセンサーを新たに搭載し、暗所での高速オートフォーカスと見たままの自然な色合いを再現する。加えて、スマートフォンとして初となる(ソニーモバイルコミュニケーションズ調べ)5軸手ブレ補正によって、近接撮影でもブレずに動画撮影することが可能。4K動画の撮影にも対応する。

デザイン面では、新開発の高純度メタル素材ALKALEIDOを背面パネルに採用。インターフェイスは、新規格のUSB Type-C充電端子を装備する。省エネ機能では、バッテリーの状態に応じた充電によって長寿命化を実現し、「2年使っても劣化しにくい」という。

このほか主な仕様は、ディスプレイが約5.2型フルHD液晶(1920×1080ドット)、プロセッサーがクアッドコア「MSM8996」、メモリーが3GB。内蔵ストレージが32GB、外部記録媒体が最大256GBのmicroSDXCメモリーカードをサポート。カメラ機能はメインカメラが有効約2300万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー、サブカメラが有効約1320万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーを装備する。

さらに、IPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能も備えた。OSは「Android 6.0」をプリインストールする。バッテリー容量は2900mAh。フルセグ/ワンセグ、Bluetooth 4.2、指紋認証などにも対応する。

本体サイズは72(幅)×146(高さ)×8.1(奥行)mm、重量は約161g。ボディカラーは、Forest Blue、Platinum、Mineral Black、Deep Pinkを用意する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia X Compact SO-02J」

2016年11月2日(水)発売

NTTドコモ限定で発売される、4.6型(720×1280ドット)ディスプレイを搭載したコンパクトなスマートフォン「Xperia X Compact SO-02J」が登場!

コンパクトサイズながら、3GBのRAMを搭載し、アプリ起動や切替がスムーズに行える点が特徴。本体背面は陶器のような光沢を放ち、背面からディスプレイまでのループデザインで手にやさしくなじむという。

機能面では、3つのカメラセンサーを搭載し、どんな環境でもカメラまかせで簡単に撮影できる。また、起動から撮影まで約0.6秒と、撮影の瞬間を逃さず、動きのある被写体もしっかり撮れる「先読みオートフォーカス」を搭載した。さらに、インカメラに向かって手のひらをかざすだけで自撮りができる「ハンドシャッター」機能を備えた。

音楽再生では、ハイレゾに対応。MP3などの圧縮音源も、同社独自のDSEE HXで、ハイレゾ相当の高音質で再生できる。このほか、バッテリーの状態に応じて適切な充電を行えるため2年使用しても劣化しにくい、長寿命化を実現した。充電端子は新規格のUSB Type-Cを採用し、上下どちらでも差し込めることで、コネクタの破損を防止する。

主な仕様は、ディスプレイが約4.6型HD(720×1280ドット)、プロセッサーがヘキサコア「MSM8956」、メモリーが3GB。内蔵ストレージが32GB、外部記録媒体が最大256GBのmicroSDXCメモリーカードをサポートする。カメラ機能はメインカメラが有効約2300万画素、サブカメラが有効約510万画素。IPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備える。ワンセグ機能も搭載。無線通信はBluetooth 4.2に対応。OSは「Android 6.0」をプリインストールする。

通信速度は、受信時最大262.5Mbps、送信時最大50Mbps。バッテリー容量は2700mAhで、連続通話時間が約850分(LTE)/約730分(3G)/約620分(GSM)、連続待受時間が約540時間(LTE)/約600時間(3G)/約470時間(GSM)。本体サイズは65(幅)×129(高さ)×9.5(奥行)mm、重量は約135g。ボディカラーは、ミストブルー、ホワイト、ユニバースブラック、ソフトピンクの4色を用意した。

オムロン「HEM-7511T」

2016年11月2日(水)発売

オムロン ヘルスケアから、Bluetooth機能を搭載した上腕式血圧計「HEM-7511T」が登場する。

Bluetoothを経由して、血圧データなどをスマートフォンに転送できる上腕式血圧計。データの推移は、専用アプリ「オムロン コネクト」を使って確認できる。さらに、アップルの健康管理アプリケーション「ヘルスケア」など、他社の健康管理アプリとのデータ連携にも対応する。

また、測定状態や結果をわかりやすく文字と光で伝える「お知らせディスプレイ」を搭載。測定を開始すると、液晶画面に測定中であることを文字で知らせる。さらに、カフ(腕帯)が適切な強さで正しく巻けているかをチェックし、結果を光と文字で表示する。

測定終了後には、正しく測定ができた場合には「測定が完了しました」、測定中に体が動いた場合などには、その理由を示すマークとともに、「再測定をおすすめします」というメッセージを表示する。

主な仕様は、測定方式がオシロメトリック法、カフ圧力表示範囲が0〜299mmHg。測定範囲は血圧が40〜260mmHg、脈拍数が毎分40〜180拍、対象腕周が17〜36cm。保護等級IP20に準拠する。電源は、専用ACアダプターまたは単3形アルカリ乾電池×4を使用し、電池寿命は約300回。重量は約480g(電池含まず) 。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る