いいモノ調査隊
【1度使えば虜になるハズ】 キーボードを変えたら疲労が溜まりにくくなりました。

手首の疲れが全然違う! 人間工学に基づいたキーボード

筆者は“原稿を書く”という仕事を、もう26年近くしております。それゆえに、入力デバイスとしてのキーボードには並々ならぬ執着心があります。だって、たくさん文字を打つと手首が痛くなるし、疲れますしね〜。なので、快適なキーボードを求めて、人間工学に基づくデザインが取り入れられた「エルゴノミックキーボード」をいろいろと試してきました。今回はここ数年愛用しているキーボードをご紹介いたします。まー、ご覧になってください。すごく…大きいです! そして一風変わった形状です。これ、慣れないと逆に使いにくいキーボードといっても過言ではないかもしれません。

ほら、もうおかしな形状ですよね(長年愛用しているため、使い込んだ感があってすみません)

ほら、もうおかしな形状ですよね(長年愛用しているため、使い込んだ感があってすみません)

一般的なキーボードと比べると一目瞭然!

一般的なキーボードと比べると一目瞭然!

24インチモニタと比較してもこのサイズ!

24インチモニタと比較してもこのサイズ!

ご紹介するのはMicrosoft(マイクロソフト)の「Natural Ergonomic Keyboard 4000 (ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000)」です。見ただけでおかしいですよね。まずデカイ。一般的なキーボードと比べるととてもデカイく、オフィスで使っていると白い目で見られるかも。まず注目すべきはパームレスト(手のひらを置くためのクッション)。これは別途つけるのではなく、最初からキーボードについています。かなりの大型なので安定して手首をのせられます。そして次に気になるのがキーボードの配置。左右に分かれて斜めの形状になっています。大きなスペースバーをホームポジションに据えて入力します。これが最初は慣れないとすごく不安になりますよ。さらにさらに、厚みに注目してください。ちょっと盛り上がっているように見えませんか? 実際手前側が奥側に比べて盛り上がっているのですよ!

ご覧ください、この厚み! というか高さを!

ご覧ください、この厚み! というか高さを!

横から見ると手前が盛り上がってるのがよくわかります

横から見ると手前が盛り上がってるのがよくわかります

どうでしょう? この手前が高いというのはなかなかお目にかかれないタイプだと思います。これは別パーツで、キーボードの下部にお好みで取り付けることができるようになっています。外せば比較的フラットになりますが、それでも従来のキーボードよりは手前が盛り上がっている形状になっています。筆者は最初からこのパーツをつけた状態で使用しております。指先が手首より下がるという入力方法になりますが、実はこれとっても安定するんです。個人的には幽霊の手先のようになるので「うらめしや〜入力」と呼んでおりますが、手首の負担をかなりなくしてくれると実感しております。さらに湾曲したキーボードの形状のおかげで、手首を無理にまっすぐにする必要がなく、前にダランとたらした状態で打てるのでこれまた楽ちんなんですね(「ノーガード戦法入力」と呼んでいます)。

この湾曲具合がいい感じです

この湾曲具合がいい感じです

このキーボードのおかげで自然な体勢でタイピングができ、疲れにくくなった実感があります。これまでキーボードにこだわってこなかった方は、一度替えてみてはいかがでしょう? それだけで肩こりが楽になるかもしれませんよ。

さらにこのキーボードには、いろいろな機能ボタンがついています。正直、購入当初はこんないらんわ! と思ったのですが、使っていくとわりと重宝することがわかりました。まずはキーボード中央にある「ズーム」スイッチ。これを奥に倒すと、今使っているファイルが拡大し、手前に倒すと縮小します。画面全体でないところが便利です。今見ているwebページだけとか、作業しているWordファイルのみを拡大縮小できるので、老眼にはうれしい機能です。さらにパームレストにある「戻る」「進む」ボタン。webページで使うのはもちろん、フォルダの整理の際とか画像編集の時とかに右手でマウス操作をしながら、左手親指で「戻る」操作ができて便利です。

右手人さし指をちょっと伸ばしてズームができます

右手人さし指をちょっと伸ばしてズームができます

左手親指を伸ばしての「戻る」ボタンは快適です

左手親指を伸ばしての「戻る」ボタンは快適です

また、ファンクションキーのさらに上に「メール」や「ホームページ」を一発で呼び出せるボタンや、音量調整や再生、ミュートのできるメディアボタン、個人的に一番重宝している「電卓」を一発で呼び出せるボタン、そしてユーザーが自在に設定できるボタンが5つも付いています。ユーザー設定ボタンはカスタマイズして、一発で呼び出したいファイルを設定できます。Excelシートとか動画ファイルを設定しておくと、ボタン一発で呼び出せるのでなんとなく便利です。またテンキーの上部には「=」ボタンと「()」ボタンがついているのですが、これが何気に便利です。

キーボードの左側上部には「ホーム」や「メール」ボタン、右側上部にメディアボタンや「電卓」ボタンがあります

キーボードの左側上部には「ホーム」や「メール」ボタン、右側上部にメディアボタンや「電卓」ボタンがあります

いかがです? たかがキーボードとはいえ、手首の負担を軽減し、長時間の作業も気にならなくなるならいいと思いませんか? 最近はオフィスで使うパソコンはノートだったり、個人でキーボードやマウスを持ち込みNGだったりと厳しいところが多いですが、やはり入力デバイスにはこだわりたいところですよね。なかなかの大きさで圧倒的な存在感のあるキーボードですが、疲労がたまりにくくて機能性もバッチリなのでかなりオススメですよ。

この全体の湾曲が慣れるとクセになります

この全体の湾曲が慣れるとクセになります

机上でも圧倒的な存在感のあるキーボードですよ

机上でも圧倒的な存在感のあるキーボードですよ

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る