お酢がすっごいおいしくなる

ヨーグルトも作れる!便利なフルーツビネガーメーカーで健康生活はじめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康――。これほど手に入れるための努力が大変なモノがあるでしょうか。三十路に入り、如実に体の疲れが取れにくくなってきた筆者も、今さらカラダのために四苦八苦です。そんな中で目に止まったのが、時短でフルーツビネガーが作れるツインバードのフルーツビネガーメーカー「OLALA EH-4686W」(以下、EH-4686W)の存在。そう、お酢がカラダにイイことはよく語られていますよね。というわけで、さっそく勢いでEH-4686Wをポチり、自作フルーツビネガーを飲みまくる健康生活をスタートしてみました!

こんなにお酢がおいしいとは! 自分の健康が気になりだした方、おしゃれな見た目のものを食べるのが好きな方、ぜひご注目ください

通常1週間以上かかるフルーツビネガーが、たった24時間で作れる

何せお酢は酸っぱくて飲みにくいので、“おいしく”飲める工夫をしたいものです。そこで、フルーツでおいしいビネガードリンクを作れるEH-4686Wの出番というわけ。ちなみに、先に言っておくと、そもそもフルーツビネガー(果実酢)というものは「フルーツ」「氷砂糖」「酢」を適当な容器の中に入れて放っておけば、完成します。

「え? それなら、わざわざEH-4686Wを使う必要なんてないのでは?」と思いますよね。しかし、ここからが重要。一般的なフルーツビネガーの作り方では、最低1週間以上は漬け込む必要があるのです。「よし! フルーツビネガー生活始めるぞ!」と思って作り始めたとして、実際にそれを飲むのは、早くても1週間後まで待たなければなりません。そんなにテンションが続くか、自分に自信がありません……

しかし、EH-4686Wを使った場合、漬け込み時間はたった「24時間」でOK。わずか1日で完成させられるのです。その秘密は、フルーツとお酢を入れたボトル全体を、約50℃のヒーターでじっくり加熱する仕組みにアリ。これにより、漬け込み時間を早め、自然でマイルドな味わいが生まれるよう工夫されているのです。24時間後なら、まだフルーツビネガーに対する筆者のテンションも続いています。

こちらがOLALA EH-4686W。パーツはフルーツビネガーの材料を入れるガラスボトルと、ヒーターの入った本体部とフタ

本体部の内側は、ツルッとシンプル。なので見た目にはわかりませんが、約50℃に保つヒーターが搭載されています

おしゃれなレシピブックも付属。これをめくるだけでも楽しいですよ

おしゃれなレシピブックも付属。これをめくるだけでも楽しいですよ

好きなフルーツ+氷砂糖+お酢で、24時間後からビネガー生活が始まる

さっそく、EH-4686Wを使って人生初のフルーツビネガーを作ってみたいと思います。準備したフルーツは、いちごとブルーベリー。上述の通り、フルーツビネガーの基本は、「好きなフルーツ+氷砂糖+お酢」の組み合わせです。これらの材料を入れたガラスボトルを、EH-4686W本体にセットしてスイッチオンして放っておけばOK。24時間後には、見事なベリービネガーの完成です。

ガラスボトルを熱湯消毒してから、いちご、ブルーベリー、氷砂糖を入れて、最後にお酢を注ぎます。筆者は普通の穀物酢を使って作ってみましたが、米酢やりんご酢など、市販されているいろいろなお酢を使っても楽しめます

ガラスボトルをEH-4686W本体にセットし、フロントにあるスイッチを押せばOK! 加熱中はブルーのランプが点灯します。稼動音はまったくせず、とても静か

同時に、通常のビンで漬け込む作り方もやってみました。材料は同じく、いちごとブルーベリーに氷砂糖をプラスして、お酢を注ぎます

3〜4時間後、EH-4686Wにセットしたガラスボトルを見ると、氷砂糖が溶け始めて水分が上がってきています。じっくり温まっている様子。あと20時間くらいこのままそっとしておきます……

さて、スタートから24時間後にEH-4686W本体の電源が自動でオフになったら、いちご&ブルーベリービネガーのできあがりです。ガラスボトルを取り出してみると、キレイな朱色のビネガードリンクが現れました。中には、漬かりきって変色したいちごとブルーベリー。かなり仕上がっている様子です。

「酸っぱいモノを飲むのは抵抗がある」という方も多いと思いますが、今回EH-4686Wで作ったフルーツビネガーは酸っぱいだけではなく“果実の甘味”がかなり感じられてまろやか。そのまま飲んでもまったく問題ナシです。お酢がこんなにおいしく飲みやすくなるのかと、感動しました。

24時間後、本体からガラスボトルを取り出してみると、見事に仕上がっている感じです

24時間後、本体からガラスボトルを取り出してみると、見事に仕上がっている感じです

たった1日で、左から右の状態へ変身をとげました

たった1日で、左から右の状態へ変身をとげました

できあがったベリービネガーをさっそくカップへ。酸っぱいだけではなくいちごの甘味があるので、そのまま飲んでも問題ナシ。筆者はサイダー割がお気に入りです

そのままバニラアイスにかけてもイイ感じでした! バニラの甘味にほのかな酸っぱさが加わって、かなり爽やかに

なお、EH-4686Wでイイ具合に仕上がったベリービネガー(左)に対し、普通にビンに漬けたほう(右)は24時間ではまったくできあがっていません

左がEH-4686W、右が普通のビンで漬けたもの。フルーツビネガーは、たった24時間では到底作れるものではないのです。改めて、24時間で作れるEH-4686Wはスゴい

EH-4686Wで作ったフルーツビネガーは、ガラスボトルごと冷蔵庫のポケットに入れて保存できるのも便利

EH-4686Wで作ったフルーツビネガーは、ガラスボトルごと冷蔵庫のポケットに入れて保存できるのも便利

理科の実験? 酸の特性を利用して、美しい赤色ビネガーを作ってみた!

たった24時間でおいしいビネガードリンクが作れることに感動した筆者は、続けて野菜を使ったビネガー作りにも挑戦してみました。ビタミンCなどの栄養素が豊富な紫キャベツを、オレンジとあわせて漬けてみることに。紫キャベツに含まれるアントシアニンは、酸と反応して赤い色に変わるので、お酢に漬けると鮮やかな赤色のビネガーが完成します。カラダによいだけでなく、見た目もキレイなビネガードリンクができあがりました。理科の実験みたいで楽しい!

紫キャベツとオレンジを漬けてみました。紫キャベツに含まれるアントシアニンが酸と反応し、紫から赤へ。美しい赤色のビネガードリンクが完成です!

左が紫キャベツとオレンジのビネガー、右が最初に作ったいちごとブルーベリーのビネガーです。どちらも彩りがキレイ。ベリービネガーと比較すると、紫キャベツビネガーのほうは甘さ控えめで、キャベツの素朴な味がしました。葉モノがそのまま飲み物になった感じで、いかにもカラダによさそう。酸味もそこまで強くなくて飲みやすいし、かなりおいしくてハマッてしまいました

漬け込み終わったフルーツや野菜でもう1品! 料理に活用できちゃう

さて、フルーツや野菜でビネガードリンクを作った後に気になるのが、漬け込んだ“材料のほう”です。そのまま食べることはできないですが、捨ててしまうのももったいないですよね? そんなときは、別の料理に活用しましょう。今回筆者は、いちごとブルーベリーをジャムに、紫キャベツとオレンジをサラダにアップデートしてみました。ドリンクだけでは終わらない、一石二鳥で使いこなせるのがうれしいところです。

お酢に漬けた後のいちごとブルーベリーで、ジャムを作ってみました。ただグラニュー糖を加えて混ぜて、電子レンジでチンするだけです。お酢の酸味はまったくなく、パンに塗ったら甘くてかなり美味

紫キャベツとオレンジは、ブロッコリーを加えてマヨネーズで和えてみました! 赤くなったキャベツのおかげで彩りあざやかなサラダに大変身です。ほのかな酸味が味のアクセントに

ビネガーだけじゃない! 果実酒だって作れる

ここまででお気づきの方もいるかもしれませんが、本製品は約50℃の一定温度を保ってガラスボトルを加熱する仕組み。つまり、24時間続く「保温器」なわけです。この特性を応用すれば、フルーツビネガー以外の飲み物も作ることができます。

たとえば、果実酒!「フルーツ+氷砂糖+ホワイトリカー」を組み合わせれば、誰でも作ることが可能です。筆者は「りんご酒」を作ってみましたが、コレがとにかくおいしすぎました。もちろん、たった24時間でできあがります。もう少しでスーパーに梅が並び始めるので、梅酒にチャレンジしてみるのもイイかも。EH-4686Wで家飲みがはかどります。

りんご酒も24時間で激ウマです。梅酒やかりん酒など、シーズンごとにいろいろなお酒を作ると楽しそう

りんご酒も24時間で激ウマです。梅酒やかりん酒など、シーズンごとにいろいろなお酒を作ると楽しそう

ヨーグルトメーカーにもなる実力派!

「一定の温度で長時間保温する」というEH-4686Wの特徴から、ヨーグルトも作れるのではないかと思い、試してみました。結果は、成功! 市販の牛乳に種菌となるヨーグルトを混ぜ、EH-4686W本体にセットして7〜8時間ほど置くと、トロトロのおいしいヨーグルトを自作できます。近年ヒット中のヨーグルトメーカーにもなる本製品、何げに高い能力を秘めています。

市販の牛乳をガラスボトルに注ぎ、種菌となるヨーグルトを混ぜてセット。牛乳パックごとセットできたらよりすごかったですが、サイズがあわなくてEH-4686W本体には入りませんでした

スイッチオンから7〜8時間ほどで、見事にヨーグルトが完成! 就寝前にしかけておけば、朝にはできたてのヨーグルトが食べられます

まとめ。フルーツビネガーだけじゃないのがイイ! 健康生活の強い味方

EH-4686Wがあることで、時短でおいしいフルーツビネガーを作ることができて、筆者は大満足。ヨーグルトも作れるので、腸内環境も整えられるのはうれしい発見でした。本製品は健康生活の強〜い味方です。

しかし、フルーツビネガーとヨーグルトはまあイイとして、自宅でおいしい果実酒が作れるという事実により、思った以上に家飲みがはかどってしまいました。結果、筆者はおいしくお酢を飲めるようになったいっぽうで、同時に飲酒量が増えてしまったという現実……! これはもしや、健康的にはプラマイゼロだったのでは……。しかも、作ったフルーツビネガーをアイスにかけたり、残った具材で甘いジャムを作ったりして、食生活が以前より充実しているので、がっつり食べまくってしまっています。……というわけで、個人的に引き続き、健康生活のための便利なキッチン家電をリサーチしていきたいと思います。

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。あ、90年代アニメも好き。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.8.23 更新
ページトップへ戻る