イベントレポート
土鍋ごはんのおいしさをアートなおにぎりで体験

おにぎりで愛を語る!? “愛のおにぎり”が味わえるタイガーの期間限定レストランに行ってきた!


土鍋を内釜に採用した炊飯器を展開しているタイガーが、土鍋で炊いたごはんのおいしさを体験できるレストラン「La Donabe(ラ・ドナベ)」を2018年10月19日(金)〜21日(日)の3日間、期間限定でオープン。このレストランで提供されるのは“おにぎり”限定なのですが、上の写真にあるような普通じゃないヤツなんです! オープンに先駆け開催された内覧会で見てきたメニューの数々を紹介しましょう。

「La Donabe」は、東京・代官山にある「代官山T-SITE GARDEN GALLERY」(東京都渋谷区猿楽町16-15)に期間限定でオープン(12〜21時15分まで/ラストオーダーは20時45分)。1日10回、各30分の全席完全入替で、料金は無料。事前予約制となっており、受付は終了しているのですが、当日、席に空きがあれば入ることができるそうなので、興味がある人は直接レストランに行って確認してください

アートな空間でアートなおにぎりを食す!

期間限定のレストラン「La Donabe」がメニューに“おにぎり”を選んだのは、土鍋で炊いたごはんのおいしさを最大限に堪能してもらうため。さらに、食べる人のことを想い愛情を込めて握ることから、“おにぎり”と“愛”をかけ、さまざまな愛のカタチをおにぎりで表現したメニューがそろえられました。しかも、そのおにぎりはこれまでにない前衛的なもの。アート作品のようなおにぎりをアートな空間で楽しめます。

レストランに入って、最初に目を引かれるのは天井まで届く大きなバルーンアート。バルーンアーティストのDaisy Balloon(デイジーバルーン)が手がけた作品で、生命の循環がテーマとなっているとのこと

また、このバルーンアートは炊飯器から出る水蒸気でもあり、バルーンひとつひとつは水滴を表しているのだそう

このような空間でいただけるのは、グランドメニュー1品と裏メニュー1品の計2品。グランドメニューは全7品用意されていますが、指定はできないため、どのメニューが提供されるかはわかりません(食物アレルギーがある場合は変更可能)。いずれも“愛”をテーマとしたユニークでおいしいおにぎりなので、何が出てきてもハズレはなし! 「その壁の向こうにあるものへの恐怖とあこがれ」という愛を語るポエムのようなメニュー名になっているのもおもしろいところなので、提供されるメニューの“愛”の意味をあれこれ考えてみるのも一興です。

【やがて少年は気づく、それが一かけらの永遠だったということに】
少年の初恋をテーマとした、甘く切ない気持ちに似たおにぎり。柑橘のさわやかな香りと梅の酸味が効いています

【ほろ苦さが教えてくれたのは、朝焼けの完璧な静寂】
片思いで眠れぬ夜を越え、開けた窓から入る澄みきった空気。愛がもたらす深い孤独がおにぎりに! おかかやからすみパウダーが入っています

【満ち足りた二人だけが知っているそれぞれの秘密】
森の中でふたりきりで過ごす、誰にもじゃまされない王国をおにぎりで表現。半透明のゼラチンドームは硬く、味付けもされていないので、飾りと思ってもらったほうがいいとのこと。ポルチーニ茸とトリュフ塩が入っており、森の恵みたっぷりです

【刺激と癒やしが結ばれる、幸福な結婚式への参列】
愛に満ちた結婚式をおにぎりにすると、こうなる! 甘み、旨み、酸味、スパイスが味わえます

【大いなるゆるしを受けたものたちのにぎやかな饗宴】
愛の名のもとにひとつになる小さな祝祭をカタチにしたおにぎりには、海、森、畑の食材が小さなキューブになってドッキング。インスタ映えは、これが1番でしょう

【その壁の向こうにあるものへの恐怖とあこがれ】
何があるかわからないけれど、強く惹かれてしまう。そんな愛を教えてくれるおにぎりは、フォアグラの味わいがするそうです

【なにもなくてすべてがあった遠い日のおもいで】
愛とはつまり、海かもしれない。海の幸が凝縮された味わいのおにぎりが、遠い過去と遙かな未来を結びつけてくれるそう

ちょっと変わったオーダーシステムですが、筆者も体験してみました。どんな“愛のおにぎり”が出てくるのが、ドキドキです。仕事的には、写真映えのするメニューが来てほしいところですが、リクエストはできないので、天にまかせて待つのみ!

筆者に提供されたのは、「やがて少年は気づく、それが一かけらの永遠だったということに」。まさかの初恋がテーマのおにぎりが来てしまうとは! アラ○ーなので初恋は数十年前……。思い出すことができるのでしょうか

お上品にお箸でいただきます。何もつけずにそのまま食べてみると、梅の酸味が口に広がりました。これが、男の子に話しかけることすらできなかった頃の、甘酸っぱい感じなのか!?

初恋のことを考えていて味の感想を忘れていましたが、かなりおいしい! これはもう、おにぎりの域を超えた立派な料理です。マンゴーソースを付けて食べても味がまとまっており、意外な組み合わせに感動しました。そして、ごはんがもちもちなのにしっかりとした弾力があって、味わいも食感も最高です

グランドメニューを食したあと、裏メニューが登場。裏メニューの内容は発表されておらず、この内覧会が初披露の場となりました。「愛、そのもの」と名付けられた裏メニューの正体とは!!!

塩むすびでした。なるほど……

塩むすびでした。なるほど……

洒落た空間なのでお箸で食べないといけないのかもと思いつつ、やっぱりおにぎりは手づかみで食べたい! と、かぶりつくことにしました。塩しかついていないのに、衝撃のウマさです。粒離れはいいけど、もちもちで、おにぎりってこんなにおいしかったっけ? とびっくりしたほど

しかも、筆者の塩むすびは“当たり”! 土鍋の内釜で炊くタイガーの炊飯器だからこそできるおこげが入っていました。香ばしさも感じます

食べ終えたあと、手には米粒が。これだけもちもちしているのです。なのに、ひと粒ひと粒を感じられるほどハリがあって、理想的な炊きあがり!

全部、タイガーの最上位モデルで炊いたごはん

「La Donabe」で提供されるごはんは、タイガーの最上位モデルの炊飯器「THE炊きたて JPG-X100」で炊いたものとなります。期間限定のレストランなため、参加できなかった人も大勢いると思いますが、JPG-X100があれば、自宅でも粒感とねばりのあるおいしいごはんが味わえるかも!

1kg500円の金賞受賞コシヒカリを、JPG-X100の白米コースの「しゃっきり」寄りで炊いているとのこと

「La Donabe」のおにぎりには、1kg500円の金賞受賞コシヒカリを使用。JPG-X100の白米コースの「しゃっきり」寄りで炊いているそうです

JPG-X100が気になった人は、家電ライターが炊いて食べてじっくり解説しているレビュー記事でご確認ください!
↓↓↓↓↓
■タイガーの高級圧力IH炊飯器「JPG-X100」 麦めし好きオヤジがその魅力に迫る

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る