レビュー
しっかり蒸らして高温で抽出するハンドドリップの淹れ方を目指したこだわりの逸品

“通”が求める機能満載! ハリオのコーヒーメーカー「V60 珈琲王」が人気の理由とは?

コーヒーの淹れ方はいろいろあるけれど、フィルターに入れたコーヒー粉にお湯を注ぐ“ペーパードリップ”は器具が揃えやすくとっつきやすい。その反面、お湯の温度や注ぎ方が違うだけで味が変わる“奥深さ”もある。ゆえに、コーヒー通は自分の按配で調整できる“ハンドドリップ”を好むという。

筆者も、あの作法に憧れてハンドドリップに挑戦したことがあるのだが、コーヒー粉にゆっくりとまんべんなくお湯を注ぐ時点で断念。想像していたよりも時間がかかるうえに、難しい。そんな時に目に留まったのが、ハリオ「V60 珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5(以下、V60 珈琲王)」だ。ハンドドリップのコーヒー器具を提供しているメーカーが“ハンドドリップの味をコーヒーメーカーで再現する”を目指したもので、発売から1年経過した今でも高い人気を誇る。そこで、「V60 珈琲王」が長く評価される理由を探ってみた。

構造をチェック

「V60 珈琲王」の大きな特徴は、ドリッパーが“円すい形”であること。これは、世界中のカフェで使用されている同社のハンドドリップ用コーヒー器具「V60」のノウハウを活用したものだ。抽出口が1つの円すい形状はコーヒー粉が長くお湯に触れるため、しっかりと旨味を抽出できる。さらに、ドリッパー側面には渦を描くようにリブが施されており、ペーパーフィルターとドリッパーの密着を防ぐ。これにより適度に空気が抜けるので、蒸らしの際にコーヒー粉が大きく膨らむという。

ドリッパーは、円すい形を採用

ドリッパーは、円すい形を採用

ペーパーフィルターも円すい形。40枚が同梱されている

ペーパーフィルターも円すい形。40枚が同梱されている

円すい形のドリッパーには、抽出穴が1つ。穴を大きく、1か所だけにすることで、お湯の流れが制限を受けることなく1点に集中するのがいいのだという。そして、その穴に向かうように、リブが施されている。溝ではなく、高さのあるモノがらせん状になっているため、フィルターとドリッパーが密着せずに済むというわけだ

ドリッパーの構造は従来からのノウハウを活用した「V60 珈琲王」だが、こだわりはこれだけではない。おいしいコーヒーを淹れるために重要となる“お湯を注ぐ”工程にも、独自の手法を採用。一般的なコーヒーメーカーは最初に抽出されるお湯の温度が低いことが多く、それによりコーヒー粉が十分に蒸らせていなかったという。蒸らしは、コーヒー粉が含む旨味を出すために大切な工程なので、蒸らし不足は旨味不足にもつながる。そこで「V60 珈琲王」は、抽出口から出るお湯の温度を95℃という高温に設定。ドリッパー内でも93℃前後を保持できるようにしているため、最初の蒸らしからコーヒーの抽出まで理想的な温度でドリップできる。

ペーパーフィルターは入れていないが、サーバーの上にドリッパーを乗せたものを写真のように本体にセットしてドリップする

本体サイズは、230(幅)×327(高さ)×240(奥行)mm

本体サイズは、230(幅)×327(高さ)×240(奥行)mm

本体背面ある水タンクは取り外しはできない

本体背面ある水タンクは取り外しはできない

前面の目盛りを見ながら水を注ぎ入れよう。1回のドリップで淹れられるのは、2杯分(300ml)〜5杯分(750ml)。この内、約10%が蒸らしの湯量として使われる

水量目盛りの反対側には、ボタン類を搭載。なかでも特徴的なのが、2〜5まで用意された「蒸らしボタン」だ。セットしたコーヒー粉と同じ杯数のボタンを押すことで、分量に適した蒸らしを行う

95℃のお湯は、21個の穴から出るようになっている。多孔にすることで、コーヒー粉全体にやわらかくお湯がかけられるという

コーヒー粉を計量するためのスプーンはすりきり時8gとなっているが、7gと6gの目安線も記されている

コーヒー粉を計量するためのスプーンはすりきり時8gとなっているが、7gと6gの目安線も記されている

ドリップした後に、ドリッパーを置くための「ドリッパー受け」も同梱

ドリップした後に、ドリッパーを置くための「ドリッパー受け」も同梱

コーヒーを淹れてみよう

水とコーヒー粉を入れて、ボタンを押すだけでのシンプルな構造なので操作を迷うこともない。さっそく、2杯分のコーヒーを淹れてみる。

水はミネラルウォーターではなく、水道水が推奨されている

水はミネラルウォーターではなく、水道水が推奨されている

水を入れ過ぎた場合、本体を傾けて排出するしか方法がないので目盛りをしっかりと見ながら行おう

水を入れ過ぎた場合、本体を傾けて排出するしか方法がないので目盛りをしっかりと見ながら行おう

スプーン1杯分がコーヒー1杯分となるため、今回は計量スプーンにすりきり2杯入れてみた

スプーン1杯分がコーヒー1杯分となるため、今回は計量スプーンにすりきり2杯入れてみた

サーバーの上にドリッパーを乗せ、本体にセット

サーバーの上にドリッパーを乗せ、本体にセット

2杯分のコーヒー粉を入れたので、電源を入れたら蒸らしボタン「2」を選択

2杯分のコーヒー粉を入れたので、電源を入れたら蒸らしボタン「2」を選択

抽出開始ボタンを押せば、ドリップが始まる。できあがるまでの時間は、2杯分は約5分、3杯分は約6分、4杯分は約7分10秒、5杯分は約8分30秒

上の動画にあるように、お湯が沸く音がボコボコと鳴りだし、抽出開始ボタンを押してから約2分後に少量のお湯が噴出。その後30秒間止まるのだが、このタイミングでコーヒー粉が蒸らされる。蒸らしをしっかりと行ってから、再度お湯を落として抽出するのがポイントだ。お湯が噴出される時の音などはわりと大きめだが、テレビの音が聞こえなくなるほどではない。

95℃のお湯が出るためか、湯気もたくさん出る。これだけ湯気が出ると、棚の中で使用するのは難しそう

95℃のお湯が出るためか、湯気もたくさん出る。これだけ湯気が出ると、棚の中で使用するのは難しそう

使用後もドリッパーの上にある本体には大量の水滴が付く

使用後もドリッパーの上にある本体には大量の水滴が付く

ドリップが完了するとアラームが鳴り、「抽出完了/保温」のランプが点灯。サーバー下のプレートが加熱され、保温できるようになる。保温できる時間は30分

ドリッパーを受け皿に置いてから、コーヒーをカップに注ぐ

ドリッパーを受け皿に置いてから、コーヒーをカップに注ぐ

ドリップ後のコーヒー粉の状態を見るとコーヒー粉にらせん状の模様が入っており、お湯が回りながら落ちていったように見受けられる。ハンドドリップする場合、少量のお湯を「の」の字を書くように注ぐので「V60 珈琲王」での抽出はハンドドリップの入れ方に近いのではないだろうか。また、お湯を注ぐと中央が窪み、その周囲にできる“コーヒーの壁”も壊れていない。この壁は、アクを塞き止めるものなので崩れていないことは重要だ

コーヒーは、一般的に温度が高いと苦味が強く、低いと味が薄くなるという。93℃でのドリップは、わりと高めなためか「V60 珈琲王」で淹れたものは、苦味を強く感じた。しかし、雑味がないのでスッキリとしている

まとめ

「V60 珈琲王」は、数あるコーヒーメーカーの中でも質実という印象を受けた。もともとコーヒーメーカーには複雑な機能は搭載されていないが、「V60 珈琲王」にはコーヒーの濃さをマシンで変える機能もない。まさに、ハンドドリップのお湯を注ぐ部分だけをマシンが代行してくれるといった具合だ。その一方で、蒸らし時間、蒸らしに利用する湯量、抽出温度などはしっかりと数値を公開している。“コーヒー粉にお湯をかけて、蒸らしてから抽出する”という方法を謳うメーカーはほかにもあるが、時間や量、温度を明確に記していいるものは少ない。つまり、「V60 珈琲王」は、コーヒーの出来栄えを左右する“蒸らし”と“高温抽出”に自信アリ! ということがわかる。ハンドドリップはできないけれど、その手法で淹れたコーヒーが飲みたいという人ならば高い満足が得られるかも。

では、普段ハンドドリップで味わっている層には「V60 珈琲王」はいかがなものか。同社の「V60」の円すい形ドリッパーでハンドドリップした場合、お湯を素早く注げばスッキリとした味に、ゆっくり注げばコク深い味になるという。このように、お湯の注ぎ方や温度などを調整してコーヒーの味を変えることは「V60 珈琲王」ではできないので、“コーヒー通も満足!”とは言い切れない。しかし、ハンドドリップは時間がかかるうえに、コツも必要。ハンドドリップで淹れる時間がない時には、「V60 珈琲王」を利用するというように併用するのもよさそうだ。

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る