レビュー
アイメイクを崩さずに5分で目元をリフレッシュ!?

うなじとこめかみのツボ押しで目の疲れをとるエクリア アイフレッシュ

疲れた目元をリフレッシュできるアイケアアイテムが人気を集めています。目元をピンポイントで癒せるのはありがたいですが、難点をあげるとすれば、目元が完全に覆われてしまう点。目元を隠す=大事なアイメイクが落ちてしまうと、オフィスや外出先では使用しにくいですよね。そこで今回注目したのが、エレコムの目を覆わないタイプのアイケアアイテム「エクリア アイフレッシュ HCM-FEA01シリーズ」(以下、エクリア アイリフレッシュ)。うなじやこめかみのツボを刺激することで目元をケアできるそうです。本当に目の疲れがとれるのか? 実際に使用してレポートします。

目元を覆わない新しいタイプのアイケアアイテム「エクリア アイフレッシュ HCM-FEA01シリーズ」

目元を覆わない新しいタイプのアイケアアイテム「エクリア アイフレッシュ HCM-FEA01シリーズ」

目の疲れを後頭部やうなじのツボ刺激で改善

エクリア アイフレッシュは、目元を直接マッサージするのではなく、後頭部やこめかみの3つのツボを刺激することによって、目の疲れや頭の重みをリフレッシュするアイケアアイテムです。3つのツボは、後頭部の髪の生え際にある「天柱」と、後頭部うなじの外側にある「風池」、そしてこめかみに位置する「太陽」。いずれも目や頭、肩の疲れに効果的なツボだそうです。実際にこのポイントを指で押してみると、頭がすっきりして肩も軽くなったよう。目もシャキっとした気がします。常に自分の手で押すのは疲れるので、「エクリア アイフレッシュ」を巻くだけで手軽にリフレッシュできるのだとしたら重宝しそうです。

目の疲れに効果的とされる、後頭部の髪の生え際にある「天柱」、後頭部うなじの外側にある「風池」、こめかみに位置する「太陽」の3つのツボ

どうやって使うの? 本当に目元を覆わないの?

実際に使用してみます。まずは製品の仕組みを見てみましょう。

「エクリア アイフレッシュHCM-FEA01IV」(写真はボディカラーアイボリー。このほかブラックもラインアップ)。頭部に巻くマッサージャー本体に手元リモコン、ツボプレート×4、ACアダプターが付属。

使い方はいたってシンプル。バンド型の本体を頭部に巻いて、手元のリモコンで操作するのみ。電源を入れるとエアーの力でバンドが締まり、頭部を刺激します。ポイントは、4つのツボプレートが付属し、バンドの内側に備えたポケットに入れることでツボをピンポイントで押せる点。ポケットは、後頭部と左右のこめかみに計12か所用意しており、好みの位置にセットできます。また、ツボはハードタイプとソフトタイプが2個ずつ計4個付属するので、ツボ押しの強さを調節できます。

バンド内側にあるプレート装着ポケット。後頭部には6か所のポケットを備えている

バンド内側にあるプレート装着ポケット。後頭部には6か所のポケットを備えている

こめかみには左右3か所ずつ6か所のポケットを用意している

こめかみには左右3か所ずつ6か所のポケットを用意している

全部で4つのプレート。黒がハードタイプで白がソフトタイプ。このようにポケットにいれます

全部で4つのプレート。黒がハードタイプで白がソフトタイプ。このようにポケットにいれます

それでは装着してみます。筆者はハードタイプのプレート2つを後頭部の天柱あたりに、ソフトタイプのプレート2つをこめかみの太陽あたりにセットしました。バンドは面ファスナー式なので、巻き具合でエアー圧力の強さ調節ができます。

ヘッドバンドを頭に巻きます

ヘッドバンドを頭に巻きます

面ファスナーで長さを調節します

面ファスナーで長さを調節します

装着完了!

装着完了!

装着感は悪くありません。目の部分がしっかり空いているのでアイメイクも崩れず視界も良好。……ですが、見た目がちょっと残念(笑)。筆者は、可能ならオフィスで仕事の合間に使いたいと思っていたのですが、その勇気は出ませんでした。

シンプル操作で“ながら”アイケアができるのが便利!

アイケアを開始。電源のオン/オフとモードの調整を手元のリモコンで行います。リモコンもいたってシンプルで、電源ボタンと「しっかり」「やさしく」の2段階の強さ選択モードがあるのみ。単純でわかりやすい半面、もっと細かく強さ調節ができたほうがよいかもしれないと思いました。

電源ボタンと、しっかり/やさしくのモード選択ボタンのみのシンプルなリモコン

電源ボタンと、しっかり/やさしくのモード選択ボタンのみのシンプルなリモコン

最初は「やさしく」モードで試してみました。エアーの力でギュッと頭を締め付けられ、内側にセットしたプレートが自分の指で後頭部のツボを押した時と同じようにツボに働きかけてくるのがわかります。筆者個人的には、肩と頭がすぐに軽くなったように感じました。目の充血感も和らいだ気がします。また、目元が覆われていないのは思いのほか便利で、PCで仕事をしながらや、本を読みながらのほか、ゲームをしながら、というのもありかもしれません。なにかを中断せずにアイケアができます。このほか、プレートを装着せずバンドだけで使用しても、頭部全体をギュッと締めて気持ちよいものでした。

パソコンで作業をしながらアイケア

パソコンで作業をしながらアイケア

本を読みながらアイケア

本を読みながらアイケア

「やさしく」モードでは強さがもの足りなく感じてきたので、しっかりモードに切り替えたところ、ちょうどよくなりました。リモコン操作はわかりやすくてよいのですが、リズムの選択ができないのが残念です。ワンパターンの動作のみで、ケア時間も5分と決められており、5分経過すると自動的に電源が切れました。ツボを刺激するという特性上、そのくらいが適切なのかもしれませんが、動作モードは何パターンかあるとうれしかったです。ちなみに、アイメイクはまったく落ちませんでしたが、描いた眉毛はちょっと落ちてしまいました。

目尻のほうの眉毛はうっすら落ちた

目尻のほうの眉毛はうっすら落ちた

モバイルバッテリーに接続して持ち運びも可能!

そのほかの細かい仕様をチェックします。電源はACアダプターから給電するほか、USBポートを備えているため、モバイルバッテリーに接続すれば場所を選ばずに使用できます。電源コードが約1.2mと短めで、コンセントのそばでしか使用できないのは残念ですが、モバイルバッテリーと接続すれば外出先でも使用できます。例えば車での移動中に使用できるので、長距離運転で疲れた時などに重宝するのではないでしょうか。

ACアダプターが付属しますがコード長は1.2mとは短めなので使用場所を選びます

ACアダプターが付属しますがコード長は1.2mとは短めなので使用場所を選びます

手持ちのモバイルバッテリーに接続すれば外出先でも使用できます

手持ちのモバイルバッテリーに接続すれば外出先でも使用できます

まとめ

デスクワークをしながらアイケアができればよいなと思って使用してみたエクリア アイフレッシュ。アイメイクが落ちず、作業を中断せずに目の疲れが取れる点は素晴らしかったです。お正月休みを前にした今、休み中にガッツリ読書に没頭したり、TVゲームに明け暮れたりする予定がある人は、目の疲れを手軽にケアできるアイテムとして重宝しそうだと思いました。残念なのは装着した時の見た目です。目立つのでオフィスでの使用は難しいかもしれません。また、ツボプレートの数がもう少し多いとありがたかったです。付属の2種では、筆者のようにこめかみもうなじも強く刺激したい人にはもの足りないかもしれません。

鈴木 ゆり子(編集部)

鈴木 ゆり子(編集部)

旅行(主に中華圏)、ペット、お酒が大好きな編集部員。飲みの席で盛り上げるのが得意ですがたまに記憶をなくします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る