牛乳パックのままで調理ができて1℃単位の温度調節が可能

R-1ヨーグルトも作れる? アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカープレミアム」のお得感がハンパない

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月10日現在、価格.com「その他調理家電」部門の「売れ筋」「満足度」の両ランキングにおいて1位を獲得し、価格.comに価格登録されているほぼすべての店舗で「入荷待ち」状態となっているアイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカープレミアム IYM-012」(以下、IYM-012)。市販の牛乳パックをそのまま使用でき、衛生的にヨーグルトを作ることができるヨーグルトメーカーです。ひっそりとアツい支持を集めている「IYM-012」の人気の理由を、実際に使ってチェックしました。

1℃刻みの温度調整機能を生かして、R-1ヨーグルトの量産にもチャレンジしてみました

1℃刻みの温度調整機能を生かして、R-1ヨーグルトの量産にもチャレンジしてみました

ヨーグルトメーカーの決定版!? 人気の理由は“欲しい機能が全部入り”だから

「IYM-012」は、「牛乳パックのままで調理OK」「1℃刻みの温度調整機能付き」「タイマー機能付き(1〜48時間)」「最高温度が65℃と高め」という特徴を持ったヨーグルトメーカー。1つひとつの機能は特殊なものではありませんが、このすべてがそろったヨーグルトメーカーはこれまでなかったように思います。また、「1℃刻みの温度設定機能付き」「タイマー機能付き」のヨーグルトメーカーは価格が高くなりがちなのですが、2017年3月10日現在の「IYM-012」の価格.comにおける最安価格は4,130円(現在入荷待ち状態)。手ごろな価格も、支持を集めている一因でしょう。ただ、品薄状態が続いているためか、一時は市場想定価格の6,900円より高い販売価格をつけている店舗もあったほど人気なので、購入を考えている方は、こまめな価格チェックが必須です。

本体のサイズは147(幅)×147(奥行)×280(高さ)mmで、重量は570g。電源コードの長さは1.3mで、消費電力は30Wです

1L、500mlどちらの牛乳パックでもヨーグルトが作れます

1L、500mlどちらの牛乳パックでもヨーグルトが作れます

調理容器(容量800ml)、ヨーグルトの水切りに使用するカップ、牛乳パック用キャップ、スプーン、レシピブックなど、付属品も充実しています

1℃刻みで温度調整できるから、R-1ヨーグルトも作れる?

さっそく、牛乳パックごとヨーグルトを作ってみましょう。せっかくなので、一般的なヨーグルトよりやや高めの温度での保温が必要となるR-1ヨーグルトを作ってみたいと思います。市販のR-1ヨーグルトは一般的なヨーグルトよりも高価ですが、自分で作れればコスパもよくなりますし、いろんなアレンジで食べられます。

R-1 ヨーグルトに使用されている「R-1菌(乳酸菌1073R-1)」が生産する「EPS(多糖体)」は免疫力を高めると言われていて、腸内環境の改善のほか、インフルエンザや花粉症などの予防にも効果が期待できるそうです

※注)「プロビオヨーグルトR-1」の製造元である明治は同社サイトにて、「プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることはできますか」という問いに対し、「プロビオヨーグルトR-1の特徴である1073R-1が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なります。一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。そのため、当社で生産しているプロビオヨーグルトR-1をお召し上がりいただくことをおすすめします」(明治のサイトより引用)という回答をしているので、自宅で作ったR-1ヨーグルトでは、必ずしも市販されているものと同程度の効果を期待できるとは言えないことを、あらかじめお断りしておきます。

R-1ヨーグルトの作り方についてインターネットで調べてみると、R-1菌の培養に最適と言われている温度は、一般的なヨーグルトよりも高い43℃。これは温度を40℃にしか設定できないようなヨーグルトメーカーでは難しいですが、「IYM-012」は1℃単位の温度調整が可能なので、余裕です。材料は、スターターとなるR-1ヨーグルト、牛乳、砂糖です。

スターターは、牛乳と混ぜやすいドリンクタイプを用意。牛乳は、「無脂乳固形分が9.7%で乳脂肪分が3.05%」のものがよいという情報を得たものの手に入らなかったので、成分無調整のものを使用。砂糖は菌が培養する際の「エサ」の役割となるのだそう

作り方自体は通常のヨーグルトと同様。常温〜40℃程度に温めた牛乳に、牛乳の10分の1程度の量のスターターと砂糖30gを入れてよく混ぜます。なお、この時使用するスプーンなどは、使用前に熱湯消毒しておきましょう。

牛乳パック満杯に作る場合でも、スターターを入れる分の牛乳を少しだけ減らしてからスターターを加えます

牛乳パック満杯に作る場合でも、スターターを入れる分の牛乳を減らしてからスターターを加えます

スターターを加えたり中身を混ぜる時は、牛乳パックの口に手が触れないように気をつけましょう

スターターを加えたり中身を混ぜる時は、牛乳パックの口に手が触れないように気をつけましょう

これを「IYM-012」にセットしたら、牛乳パックの口にキャップをして43℃で12時間保温します。ちなみに、付属のキャップは「かぶせているだけ」という感じで気がついたら外れていることも多い(特に500mlのパックで作る時)ので、しっかり口を閉めたい場合は、別途クリップなどを用意したほうがよさそうです。

500mlのパックの口には付属のキャップがフィットしないようです。いつも外れていました

500mlのパックの口には付属のキャップがフィットしないようです。いつも外れていました

温度と時間は、初期設定では40℃で8時間にセットされています

温度と時間は、初期設定では40℃で8時間にセットされています

12時間後、保温が終了しました。この時、終了のアラームは鳴らないので、スマートフォンでアラームを設定しておくと安心。すぐに冷蔵庫に入れて5時間ほど冷やしたものを、市販のR-1ヨーグルトと比べてみました。市販のもの同様にしっかりと固まっていますが、味は市販のものよりやや酸味が強く仕上がりました。砂糖を入れているため、ほんのり甘みがあるので、そのままでもおいしく食べられます。菌の培養に関しては成功か失敗かを確かめるすべは筆者にはないものの、満足のいく結果でした。

見た目や味だけではR-1菌が培養されているかは確認できませんが、成功?

見た目や味だけではR-1菌が培養されているかは確認できませんが、成功?

牛乳パックのまま作れるのは確かに手軽だけど、いいことばかりではないかも

実際にヨーグルトを作ってみて、牛乳パックのまま調理できるヨーグルトメーカーは手間がなくより衛生的に調理ができるという利点があるいっぽうで、ちょっと不便なこともあるなと感じました。具体的には、容器が深いため中身が取り出しにくいこと。また、付属の容器も牛乳パックと同様に口が狭く深さのある形状になるということです。

取り出しにくい件については、筆者の場合はスプーンが届かない部分はあまり深追いせず、牛乳パックに水と甘味料を加えてシェイクし、ヨーグルトドリンク状態にして飲むことで解決しています。また、500mlのパックで作ることで、コストパフォーマンスはちょっとだけ悪くなりますが、取り出しにくいという不満は軽減できます。

付属のスプーンは柄の長いものですが、それでも1Lの牛乳パックほど底の深さがあると、底の角にあるヨーグルトは取れず、手も汚れてしまいます

また、「IYM-012」には水切りヨーグルトを作るためのカップが付属しますが、そのカップと専用の調理容器をセットすると、25cmほどの高さになるため、ひとり暮らし用など小さめの冷蔵庫には収まりにくいです。また、水切りカップは調理容器の口のサイズに合わせているため容量が少なく、作ったヨーグルトをまとめて水切りヨーグルトにするのは難しいかもしれません。別途、ざるとボウルなどを使用したほうが効率はよさそうです。

水切りカップに入るヨーグルトの量は300g程度。1Lの牛乳パックで作った場合は3分の1も入らない……

水切りカップに入るヨーグルトの量は300g程度。1Lの牛乳パックで作った場合は3分の1も入らない……

水切りカップをセットすると、容器に高さが出るので、ひとり暮らし用の冷蔵庫ではおさまりにくいかも?

水切りカップをセットすると、容器に高さが出るので、ひとり暮らし用の冷蔵庫ではおさまりにくいかも?

60℃〜65℃の温度設定は料理に大活躍

最後に触れておきたいのが、「IYM-012」はヨーグルト以外を作るのにも重宝するということ。最高温度が65℃と高めなので、肉料理の低温調理や、温泉卵作りにも活用できます。付属のレシピブックには、61℃以上の温度で調理するレシピは掲載されていないのですが、インターネットで見たレシピをもとに調理してみました。

甘酒(60℃で5時間ほど)

「飲む点滴」と呼ばれる栄養満点の甘酒だって簡単です。お湯にごはんと乾燥米糀を加えて混ぜ、60℃で保温するのみ。7〜8時間ほど保温すると書いてあるレシピが多いですが、それだと甘みがかなり強くなるので、甘すぎないほうが好みの場合は、5時間程度で切り上げるのがいいと思います。

専用容器は口が狭く深さがあるため、ごはんと乾燥米糀をまんべんなく混ぜるのがやや難しいです。口の広い容器で混ぜ合わせてから入れ替えたほうがスムーズかも

できれば1時間おきにかき混ぜつつ、5時間ほど保温すると、とろっとろのおいしい甘酒ができあがり

できれば1時間おきにかき混ぜつつ、5時間ほど保温すると、とろっとろのおいしい甘酒ができあがり

甘酒はヨーグルトにかけて食べてもおいしいです

甘酒はヨーグルトにかけて食べてもおいしいです

鶏ハム(63℃で3時間ほど)

耐熱袋に入れた状態でお湯に浸けてじっくり熱を通すのが一般的な方法ですが、温度の管理が難しく、かといって生煮えを恐れて温度を高めで加熱してしまうと仕上がりが硬くなりやすい鶏ハム。ヨーグルトメーカーなら温度管理が簡単なので、拍子抜けするほど簡単に、ふわっふわの触感にできました。

しょうゆ糀に漬けた鶏むね肉を60℃くらいのお湯につけ、63℃で3時間放置

しょうゆ糀に漬けた鶏むね肉を60℃くらいのお湯につけ、63℃で3時間放置

しっとりやわらかで、白米にもお酒にも合う絶品鶏ハムが完成

しっとりやわらかで、白米にもお酒にも合う絶品鶏ハムが完成

温泉卵(65℃で2時間ほど)

温泉卵も、自宅の鍋などで作ろうとすると温度管理が難しいですが、80℃位のお湯に入れ、65℃にセットした「IYM-012」で2時間ほどほったらかしでOK!……と言いたいところなのですが、実は試行錯誤中。設定温度よりも、調理する際の卵の温度と、最初に入れるお湯の温度が仕上がりにかなり影響するようです。とはいえ、「IYM-012」を買う前は自宅で温泉卵を作る気にもなれなかったので、これからも挑戦してベストな方法を導きだしたいと思います。

80℃以下のお湯に入れ、65℃で2時間ほど保温

80℃以下のお湯に入れ、65℃で2時間ほど保温

白身が固まりすぎたのは、最初に入れたお湯の温度が高かったため(写真左)。黄身が固まらないのは、冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵を使ったため(写真右)

まとめ

思ったとおり、「IYM-012」は非常に調理がしやすいヨーグルトメーカーでした。設定温度は範囲が広いうえに細かく調節ができるので、作りたいと思えるものはほとんど簡単に作れるという印象。「今度はローストビーフに挑戦してみよう」などといった、料理への意欲もかき立てられます。今回は60℃以上の高めの温度での調理例を紹介しましたが、20〜30℃台の温度では、天然酵母や水キムチなども作れるそうなので、低めの温度帯も活用してみたいと思います。

「IYM-012」はできないことが少ないため、使っていて不便に感じることがほぼありませんでしたが、あえて1点追加してほしい機能を挙げるとすれば、タイマー終了時にアラームが鳴るといいなと思いました。また、「IYM-012」に限ったことではありませんが、牛乳パックのまま作れるという点に関しては、調理の手軽さは抜群なものの、できたヨーグルトを取り出すのが面倒です。付属の容器もどうしても牛乳パックに近い縦長の形状になるので、ヨーグルト以外のものを調理する際も、作業のしやすさに関しては好みが分かれそうだな、と思いました。

なお、「IYM-012」には、温度設定がカスピ海ヨーグルト用の27℃とプレーンヨーグルト用の40℃のみに限定され、12時間固定のタイマー機能が付いた「ヨーグルトメーカー IYM-011」という下位モデルも用意されています。しかし、両モデルの価格差は2,000円程度。「本当に普通のヨーグルトしか作らない、絶対! 」という人は別かもしれませんが、個人的には、「この価格差でこれだけの機能が追加されちゃっているIYM-012のお得感、ハンパないわ」と思った次第です。

>>価格.comユーザーのおすすめは? ヨーグルトメーカー人気売れ筋ランニング
>>価格.comでそのほかのヨーグルトメーカーをチェックする

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.6.23 更新
ページトップへ戻る