クラウドファンディングによる先行販売が8月8日スタート

スピーカー全体で和楽器のような響きを再現! オンキヨーから桐を使った超高級スピーカーが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月7日、オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、キャビネット素材に桐を採用した新しいスピーカーシステムと専用スピーカースタンドをセットにした「桐スピーカー」を開発。日本経済新聞社が運営するチケット購入型クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」でのクラウドファンディングにより先行販売を開始すると発表した。

キャビネット素材に桐を採用したオンキヨーの桐スピーカー。スピーカー本体と専用スタンドがセットで提供される

キャビネット素材に桐を採用したオンキヨーの桐スピーカー。スピーカー本体と専用スタンドがセットで提供される

以前、価格.comマガジンでも開発中の桐スピーカーの試作機をレポートしたが、ついに一般ユーザー向けの販売がスタートする格好だ。クラウドファンディングのプランは、桐スピーカー(スピーカー本体+専用スタンド)に専用チューニングを施したアンプ「R-N855」、CDプレーヤー「C-755」、スピーカーケーブル(3m×2)、オンキヨースタッフによる設置・接続サービスをセットにしたプラン1と、桐スピーカーのみのプラン2の2種類が用意され、価格はプラン1が130万円(税別)、プラン2が120万円となる予定。それぞれ限定5セット用意され、成約数が5セットに満たなくても販売されるという。受付期間は2017年8月8日〜9月30日までだ。

今回、クラウドファンディングによる先行販売に先駆け、桐スピーカーのプレス向け発表会が実施された。ここでは、新製品の特徴や試聴レポートをお届けする。

響きを生かす逆転の発想で開発された桐スピーカー

今回発表された桐スピーカーは、楽器の響きにヒントを得て、スピーカーそのものを“音を奏でる楽器”と捉え、キャビネット素材に天然素材の桐を使用したブックシェルフ型スピーカーだ。一般的なスピーカーは不要な響きを極力排除する方向で開発されているが、今回の桐スピーカーは“楽器のようにいかに響かせるか”という逆転の発想で開発されているのが、これまでのスピーカーにはない特徴となっている。

楽器の響きにヒントを得て開発された桐スピーカー

楽器の響きにヒントを得て開発された桐スピーカー

楽器のような生々しい響きを作り上げるためにさまざまな工夫が施されているが、なかでもキモになっているのがウーハーユニットだという。同社は2015年に鉄の5分の1の質量で鉄の5倍の強度を持つバイオマス素材「CNF(セルロースナノファイバー)」(CNF)を使用したスピーカーの振動板開発に世界で初めて成功したと発表したが、今回の桐スピーカーでは、CNFに和紙の原料となる楮(こうぞ)や高緯度地域の針葉樹のパルプを配合した専用の振動板を新たに開発。自然由来のクセのない素材を使用することで、さらなる軽量化と高剛性化、高内部ロスを実現したという。

また、振動板表面に天然素材のにかわをコーティングすることで物性を最適化したほか、ボイスコイルとの接着部には、桐油を使用した最高級油煙墨「桐油煙墨」をグラデーション含浸することで、微小振動の伝達を制御。これにより、明瞭で厚みあるサウンドを実現したということだ。

桐スピーカーに搭載されている10cmノンプレスONF振動板ウーハー。中央のイコライザ部分はローズウッド材が用いられている

高域用ユニットは、桐スピーカーのために開発したという、ポリエステル素材を振動板に用いた3cm径リンクツイーターが組み合わされている。ネットワークには誘導電流を低減する構造を採用したほか、空芯コイル、低歪ケイ素鋼板コアコイル、Mundorf社製コンデンサーなどの厳選パーツを組み合わせた。

桐スピーカーに使われている新開発の3cm径リングツイーター

桐スピーカーに使われている新開発の3cmリングツイーター

ネットワーク回路にも桐が使われている

ネットワーク回路にも桐が使われている

そして、これらのスピーカーユニットの特性を最大限生かすために用いられているのが、天然の桐素材を使ったキャビネットだ。軽量かつ多孔質な天然の桐素材は、楽器の個性を特徴づける音色や響きをマスキングする高域の振動ピークが少なく、楽器演奏のような自然な響きを再現するのにまさにうってつけだったのだという。ちなみに、キャビネットの桐は密度の詰まった国内産ではなく、自然な響きを実現するのに最適な密度を備えた中国産のものをあえて使っているという。

キャビネットに天然の桐を使用。暖かみのある木目のデザインが非常に美しい。本体サイズは、約153(幅)×289(奥行)×274(高さ)mmと、比較的コンパクトにまとめられている

キャビネットに天然の桐を使用。暖かみのある木目のデザインが非常に美しい

筺体には余計な付帯音を抑えるために、「Scepter(セプター)」シリーズスピーカー「SC-3」にも採用されている「Resonance Sculpting Control」テクノロジーを適用した積層構造を採用。さらに側板には、和太鼓などに用いられる「網状鱗彫り」と呼ばれる彫刻を施しているのもポイントだ。厚みを連続的に変化させることで、筺体内部での反射音を避け、音の濁りを排除し、澄み切った美しい響きを再現できるという。楽器のような響きを実現するために、和楽器の伝統的な工法が用いられているというのはなかなか面白いところだ。

側板には、和太鼓などで用いられるうろこ模様の伝統的な彫刻が施されている。こちらは機械で削り出しているということだ

キャビネット内部。一般的なスピーカーのキャビネット内部(写真右)には吸音材がびっしりと詰まっているが、桐スピーカー(写真左)は、響きを生かすために、吸音材を必要最小限しか使っていない。使っている吸音材も真綿を使うなど、天然素材にとことんこだわっている

専用スタンドは、北米産のタモ材(と一部黒壇)を使用し、オイルフィニッシュ仕上げを施している。こちらも、スピーカーシステムがもつ“響き”の特性を最大限に発揮するよう設計したという。なお、スタンドにはあらかじめ角度が付けられているが、2.5m離れた場所で座って試聴したときに耳に最適な音を届けられるように調整した結果、この角度になったという。

専用スタンドは、スピーカーの自然な振動をそのまま生かすため、重心支持構造が採用されている

専用スタンドは、スピーカーの自然な振動をそのまま生かすため、重心支持構造が採用されている

サイズを超える鳴りっぷりと唯一無二のサウンドが魅力

今回、オンキヨーの試聴ルームで行われたプレス向け発表会では、クラシックやポップスなど計4曲の楽曲を試聴することができた。

しっかりとセッティングされた環境でじっくりと試聴させてもらった

しっかりとセッティングされた環境でじっくりと試聴させてもらった

まず最初に試聴したのは、桐スピーカーの特徴が非常にわかりやすいギターデュオ。一聴した途端、サイズ感を超える鳴りっぷりにかなり驚かされた。自分の目の前で生演奏しているのようなパワフルな鳴りっぷりで、前方から倍音を直接体に浴びているような錯覚だ。2台のギターから奏でられる複雑に絡み合う倍音が本当に気持ちいい。

続いてバイオリンとピアノのアンサンブルを試聴。こちらは、キレのあるきれいなサウンドを得意とするスピーカーだと、特にバイオリンの尖った超高音が耳に刺さることが多い楽曲だったのだが、桐スピーカーは響きに柔らかさのようなものがあり、鋭いが耳が痛くなるような刺さり方がなくて非常に聴きやすかった。

最後に、ボーカル曲を2曲ほど試聴。静かなボーカル曲と元気のあるミュージカル楽曲という異なるタイプの楽曲だったが、前者はスムーズな音場の広がりを特にしっかりと感じられた。ボーカルのハッキリとした大きな音像の存在感と、バックの楽器の響きとの陰影も自然で、とても心地よい。元気のあるミュージカル楽曲も、響きをしっかりとコントロールし、パワフルな躍動感を残しつつ、しっかりと一体感のあるサウンドになっていた。これだけのレベルをあの筺体サイズで実現できているのは、まさにお見事だ。

今回の桐スピーカーは、理想の音を追い求めてコスト度返しで開発したということで、お値段は小型のブックシェルフ型スピーカーとしてはかなり破格のものとなっている。なかなか手の出しにくいお値段だが、その唯一無二のサウンドは、一聴の価値アリだ。東京・八重洲にある「Gibson Brands Showroom TOKYO」で試聴ができるということなので、気になる人はぜひ足を運んでみてほしい。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.9 更新
ページトップへ戻る