エントリークラスのプリメインアンプ「PMA-30」もラインアップ

DDFA搭載プリメインに待望の後継モデル! デノン「PMA-60」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルなデザインと本格的サウンドで人気を博しているデノンのコンパクトHi-Fiコンポーネント「デザイン」シリーズ。なかでも、2015年に発売された「PMA-50」は、高性能フルデジタルアンプ技術「DDFA(Direct Digital Feedback Amplifier)」を搭載した初のプリメインアンプということで大きな話題を呼び、2015年の価格.comプロダクトアワード オーディオ部門 プリメインアンプカテゴリーで金賞を受賞。発売当初、品切れが続出するほどの大ヒットを記録した。

そんなPMA-50の流れを組んだ後継モデルがついに発表された。それが「PMA-60」だ。また、PMA-60の弟分として、エントリークラスのプリメインアンプ「PMA-30」もラインアップに加わった。PMA-60は10月下旬、PMA-30は9月上旬の発売を予定している。さっそく新製品の特徴を紹介していきたい。

PMA-60とPMA-30

PMA-60とPMA-30

DDFAのワンチップ化で音質をさらにブラッシュアップしたPMA-60

PMA-60は、DDFAを採用したClass Dパワーアンプを搭載するUSB-DAC付きプリメインアンプの最新モデルで、PMA-50の直系の後継モデルという位置付けだ。

DDFA搭載プリメインアンプのPMA-60。PMA-50直系の後継モデルとして10月下旬より発売される

DDFA搭載プリメインアンプのPMA-60。PMA-50直系の後継モデルとして10月下旬より発売される

最大の特徴は、DDFAに昨年末発売されたUSB DAC/ヘッドホンアンプ「DA-310USB」にも採用されている最新世代のものを採用したこと。DDFAは、高精度なデジタル・フィードバック・ループを採用することで、Class Dアンプの課題であった歪の多さや電源変動による音質劣化を抑えているのがのが特徴だが、前世代のDDFAでは、信号増幅用のPMWモジュレーターとフィードバックプロセッサーが2チップ構成となっていた。今回採用された最新世代のDDFAは、PMWモジュレーターとフィードバックプロセッサーを1チップ化。これにより、周辺回路をシンプルにすることができ、より音質を優先した回路設計と部品の選定が可能になったという。

PMA-60の基板の写真。赤く囲われているのがDDFAチップだ

PMA-60の基板の写真。赤く囲われているのがDDFAチップだ

DDFAの1チップ化により、周辺回路の構造がシンプルにできるほか、チップ自体の実装面積が小さくなったことで、より小型化しやすくなっているのもポイントだ

DDFA以外にもいろいろとアップデートされており、デジタル処理まわりでは、独自のデータ補間アルゴリズムによるアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」が、最新バージョンの「Advanced AL32 Processing Plus」となって搭載されたのがポイント。最大384kHz/32bitまでの信号に対して補正処理を行うことで、より原音に近いアナログ波形の再現が可能になったという。

デノンおなじみのアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」も、最新世代のものへとアップデートされた

また、Advanced AL32 Processing Plusなどの処理を行うFPGAの近くに配置した超低ジッタークロックから供給されるマスタークロックを使用し、FPGAとUSBデジタルオーディオインターフェイスを動作させる「マスタークロックデザイン」を採用。質の高いマスタークロックで各デジタル回路を正確に同期させることで、ジッターを抑えた高品位な再生を実現しているという。

ハイエンドモデルで採用されているマスタークロックデザインも投入された

ハイエンドモデルで採用されているマスタークロックデザインも投入された

このほかにも、電力を増幅する出力段やローパスフィルターには独自のノウハウを詰め込んだディスクリート回路を用い、NEシリーズにも採用されているオーディオ用電解コンデンサーや抵抗器、フィルムコンデンサーの厳選したカスタムパーツを投入するなど、細部にわたってさまざまな改良がなされている。

USB接続時にPCから発生するノイズの影響を低減するために、デジタル・アイソレーターも搭載された

USB接続時にPCから発生するノイズの影響を低減するために、デジタル・アイソレーターも搭載された

スピーカー出力用パワーアンプとは別のヘッドホン出力専用アンプを搭載するなど、ヘッドホン出力にもこだわっている

UBS-DAC機能は、DSD 11.2MHzおよびPCM 384kHz/32bitの入力に対応。DSDの伝送方式はASIOドライバーによるネイティブ再生とDoPの両方をサポート。PC側のジッターを多く含んだクロックを使用せず、PMA-60の超低位相雑音クロック発信器によって生成されるマスタークロックで制御を行うアシンクロナスモードにも対応している。

本体は、これまでのデザインシリーズ同様のミニマルなデザインを採用。縦置き・横置きのどちらにも対応している。本体上下のパネルには3mm厚のアルミニウムを使用し、外部振動による音質への影響にも配慮。フロント部分には、入力ソースや音量などを確認できる有機ELディスプレイを装備する。

ボリュームノブの先端にダイアモンドカットを採用するなど、細部のデザインもこだわっている(ダイアモンドカットはPMA-60のみ)

PMA-60の付属リモコン

PMA-60の付属リモコン

定格出力は25W×2ch(8Ω)、50W×2ch(4Ω)。フロント部分には6.5mmの標準ジャックタイプのヘッドホン出力、背面部分にはサブウーハープリアウトも備える。入力端子は、アナログがアンバランス入力×1、デジタルがUSB-B×1、同軸デジタル×1、光デジタル×2。PMA-50同様、Bluetooth受信にも対応しており、コーデックはSBC、AAC、aptX Low Latencyをサポート。NFC機能も備えており、対応スマートフォン/DAPとワンタッチでペアリングすることもできる。価格は7万円(税別)となる。

USB-DAC機能を省略してコスパを高めたエントリーモデルのPMA-30

PMA-30は、DDFAではないものの、Class Dパワーアンプを搭載したプリメインアンプ。プリメイン機能は欲しいがUSB-DAC機は不要という人のためにUSB-DAC機能を省略し、エントリーモデルとしてコストパフォーマンスを高めたモデルとなっている。

PMA-30(写真右)

PMA-30(写真右)

BLT構成のClass Dパワーアンプを搭載

BLT構成のClass Dパワーアンプを搭載

本体は、デザインシリーズ共通のミニマルなデザインを採用。マスタークロックデザインやスピーカー出力用パワーアンプとは別のヘッドホン出力専用アンプの搭載、NEシリーズにも採用されているオーディオ用カスタムパーツの採用、Bluetooth受信対応など、PMA-60と共通する部分もあるが、PMA-60に搭載されているAdvanced AL32 Processing PlusやNFC機能については省略されている。

定格出力は20W+20W(8Ω)、40W+40W(4Ω)。フロント部分には6.5mmの標準ジャックタイプのヘッドホン出力、背面部分にはサブウーハープリアウトも備える。入力端子は、アナログがアンバランス入力×1、デジタル同軸デジタル×1、光デジタル×2。Bluetooth受信のコーデックはSBC、AAC、aptX Low Latencyをサポート。価格は5万円(税別)だ。

PMA-60とPMA-30の主な仕様。緑になっているのが両機種の差分だ

PMA-60とPMA-30の主な仕様。緑になっているのが両機種の差分だ

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る