レビュー
価格は約25,000円で、12月9日(土)発売!

Google Homeと何が違う? ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」をじっくり使ってみた

LINE「WAVE」やGoogle「Google Home」の発売が開始されるなど、日本でも“スマートスピーカー”が大きな盛り上がりを見せている。日本メーカー各社も、今年9月にドイツで開催された世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2017」でいくつかの製品を披露したが、その中のひとつ、ソニーの「LF-S50G」が、ついに日本国内に投入されることが発表された。

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」。左から、ブラック、ホワイト、ブルーの3色のカラーバリエーションをラインアップ

スマートスピーカーで用いられる音声アシスタントは、Google「Googleアシスタント」、Amazon「Alexa」、Apple「Siri」、LINE「Clova」などが有名どころだが、今回ソニーが投入するLF-S50Gは、Googleが開発するGoogleアシスタントが搭載されている。Googleアシスタントを搭載するスマートスピーカーとしては、日本ではGoogleが自らら手がけるGoogle Homeがすでに発売されている。ソニー初のスマートスピーカーは、Google Homeと何が違うのか。編集部にLF-S50Gがさっそく到着したので、筆者が所有するGoogle Homeと比較しながら、Google Homeとの違いなどをまとめてみた。

LF-S50G

Google Homeよりも一回りほど大きいボディ。ボイスコントロールで操作できる内容はGoogle Homeと同じ

まずはLF-S50Gの外観から見ていこう。LF-S50Gでは、スマートスピーカーで主流となっている円筒形のボディが採用されている。本体サイズは110×162mm(直径×高さ)、重量は750gとなっており、Google Homeと比べると、サイズは一回りほど大きく、手に取ったときの重量感はかなりある。

Google Homeが思った以上に小さいため、LF-S50Gが一回りほど大きいといってもかなりコンパクトなサイズだが、中身はけっこう詰まっている感じで、見た目より重さは感じる

底面のベース部分は鏡面加工が施され、スピーカーカバーにはファブリック素材が用いられている。スピーカーカバーは取り外し可能。裏側にはLEDパネルが配置されており、電源をONにすると、ファブリック素材のすき間から、現在時間やボイスコントロールの状況が浮かび上がるように光って表示される仕組みだ。ちなみに、LF-S50Gは、ホワイト、ブラック、ブルーの3色のカラーバリエーションが用意されているが、ベース部分のカラーリングも、それぞれのカラーに合わせて微妙に色合いが異なっている。

LF-S50Gの本体は、スピーカーユニットを内包したベース部分とスピーカーカバーの2つに分かれる

LF-S50Gの本体は、スピーカーユニットを内包したベース部分とスピーカーカバーの2つに分かれる

ファブリック素材を使用したスピーカーカバーの裏側。LEDパネルがくる部分には、光をうまく透過させるための専用の加工が施されている

LEDパネルを正面から見たところ。上部に配置された4つの丸いLEDは、Googleアシスタントの状況を表すもので、マイクミュート時はオレンジ色に点灯。下部のデジタル表示は、通常時は時計表示だが、ボリューム調整中は現在のボリュームを0〜100の101段階で表示してくれる

鏡面加工が施されたベース部分。本体カラーに合わせた仕上がりになっている

鏡面加工が施されたベース部分。本体カラーに合わせた仕上がりになっている

本体上部には、ボイスコントロール用のマイクや、後述するジェスチャーコントロール用のセンサーを搭載。ベース部分には、Bluetooth操作用ボタンやマイクのミュートボタンなどが並ぶ。無線通信機能は、IEEE 802.11a/b/g/n対応無線LANとBluetooth 4.2をサポート。電源は、付属のACアダプターから給電する形だ。

ソニーのロゴがあしらわれている本体上部。左右の穴はマイクだ。静電容量タイプのタッチセンサーは、手を触れなくても反応するようになっており、手が濡れた状態でも操作することができる

ベース部分には、マイクのミュートやBluetoothの切り替えに使用する物理キーを配置。底面部分にも、ホールドボタンとLEDの明るさ切り替えボタンが用意されている

付属のACアダプター。ホワイトとブルーにはホワイトのACアダプターが、ブラックにはブラックのACアダプターが付属する予定

先述したとおり、LF-S50Gの音声アシスタントにはGoogleアシスタントが採用されている。同じGoogleアシスタントを搭載するGoogle Home同様、初回のセットアップ時は、スマートフォンやタブレットにGoogle Homeのアプリをダウンロードし、アプリ側でいくつかの設定を行う必要がある。初回設定時には音声ガイダンスが流れるので、ガイダンスにしたがって設定していけばOKだ。

初回設定時には、Google Homeアプリをインストールしたスマートフォンやタブレットが必要。このあたりはGoogle Homeとまったく同じだ

同じGoogleアシスタントを搭載するということで、当然といえば当然だが、電源をONにしたときに流れる音声ガイダンスはもちろん、「OK Google」「ねぇ Google」と話かけてできる内容もGoogle Homeとまったく同じとなっている。では、Google Homeと何が違うかというと、「音質」と「使い勝手」の部分だ。次ページでは、この2つについてさらにくわしく見ていこう。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る