ニュース
アップルのアップデート祭!

「HomePod」が夏に日本発売! 「MacBook Air/Pro」は入門モデル強化、「MacBook」は姿消す

アップルは2019年7月9日、「MacBook Air」と「MacBook Pro」のエントリーモデルのアップデートを発表した。さらに、昨年2018年に米国で発売したスマートスピーカー「HomePod」を日本で夏に発売することも予告。いっぽう、12型の「MacBook」が公式サイトから消えており、販売終了となるようだ。ここではアップルが昨日発表した情報を整理していきたい。

ついに「HomePod」が日本発売

HomePod

HomePod

2017年6月のWWDCで発表され、2018年に米国で発売されたスマートスピーカーのHomePodが日本で発売される。公式サイトには「この夏、登場」の一文が追加されている。日本での価格は32,800円(税別、アップルストア価格)。ホワイトとスペースグレーの2色のカラーバリエーションが用意される。

Googleの「Google Home」やAmazonの「Echo」のライバル製品として注目されたスマートスピーカーで、「Siri」を使って音声操作で天気を調べたり、「Apple Music」で好きな音楽を再生したりできる。「HomeKit」対応の家電を音声操作することも可能だ。

空間認識機能によって、その場所に合わせてサウンドを調整する機能や、2つのHomePodを使ってステレオの環境を作り出す機能など、音質にもこだわっている。高さ172mm、幅142mmのボディには7つのツイーターと6つのマイクが搭載されている。

スマートスピーカーとしては後発となるHomePod。発売を待っていたという人も多いはずだ

スマートスピーカーとしては後発となるHomePod。発売を待っていたという人も多いはずだ

値下げの「MacBook Air」。旧モデルは販売終了

MacBook Airは、Retinaディスプレイ搭載モデルがTrue Toneに対応し、価格を15,000円ほど値下げし、119,800円(税別)からとした。同時に、Retinaディスプレイを搭載しない旧モデルはラインアップからなくなり、今回アップデートされたモデルが最安かつ入門モデルとなる。

MacBook Air

MacBook Air

MacBook Airの主な仕様は、CPUが第8世代のCore i5(デュアルコア、1.6GHz、ターボブースト時最大3.6GHz)、メモリーが8GB、ストレージが128GB SSDまたは256GB SSD。ディスプレイは13.3型(2560×1600)のTrue Tone対応のRetinaディスプレイ。True Toneは環境光に応じて、画面のホワイトバランスを調整する機能。

アップルストアの価格はSSDの容量が128GBのモデルが119,800円(税別)、256GBのモデルが139,800円(税別)。学生・教職員向けは109,800円(税別)から。

全モデルTouch Bar搭載となった「MacBook Pro」

13インチのMacBook Proは、「Touch Bar」を搭載しないエントリーモデルをモデルチェンジし、CPUを第7世代Coreプロセッサーから第8世代Coreプロセッサーに強化。非搭載だったTouch Barを新たに搭載し、15インチモデルを含めて、MacBook ProはすべてTouch Bar搭載となった。操作性が統一されるメリットはあるものの、物理的なファンクションキーがなくなったのは賛否両論ありそうだ。

エントリーモデルの主な仕様はCPUが第8世代のCore i5(クアッドコア、1.4GHz、ターボブースト時最大3.9GHz)、メモリーが8GB、ストレージが128GB SSD。ディスプレイは13.3型(2560×1600)のTrue Tone対応のRetinaディスプレイ。アップルストアの価格は139,800円(税別)から。学生・教職員向けは1万円安い129,800円(税別)から。

13インチMacBook Pro。通常ファンクションキーがある部分に埋め込まれたタッチ操作できる細長いディスプレイがTouch Bar

12型の「MacBook」は公式サイトから姿が消える

新モデルが発表された中で、12型のMacBookは公式サイトから消えてしまった。2015年にMacBook Airに代わる超軽量モバイルノートとして登場したMacBookだったが、4年で姿を消すことになった。

MacBook Airが8年ぶりにリニューアルされたことで、存在感が薄れつつあったMacBook。4年で姿を消すことになったが、復活はあるのか注目だ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
パソコン本体のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る