ニュース
Bluetooth&Wi-Fi両対応にバッテリーも内蔵

Sonosの音楽体験をどこでも楽しめるポータブルワイヤレススピーカー「Sonos Roam」がついに上陸

Sonosの音楽体験をどこでも楽しめるポータブルワイヤレススピーカー「Sonos Roam」がついに上陸

8月18日、Sonos Japanはオンライン発表会を開催し、ワイヤレススピーカーの新モデル「Sonos Roam」の先行販売を8月20日より、一般販売を9月30日より開始すると発表した。カラーバリエーションはシャドーブラックとルーナーホワイトの2色展開で、価格は23,800円だ。

ワイヤレススピーカーの新モデル「Sonos Roam」。カラーバリエーションはシャドーブラックとルーナーホワイトの全2色

ワイヤレススピーカーの新モデル「Sonos Roam」。カラーバリエーションはシャドーブラックとルーナーホワイトの全2色

「Sonos Roam」は、三角柱デザインを採用した最新のワイヤレススピーカー。すでにグローバルでは発表・発売されており、日本にも近日導入予定というアナウンスはされていたが、ついに発売日が決定した形だ。

「Sonos Roam」の最大の特徴となっているのが、小型ボディにWi-Fiだけでなく、Bluetoothやバッテリーを内蔵し、屋内だけでなく屋外にも“気軽に”Sonosの音楽体験を持ち出せるということ。同社のワイヤレススピーカーのラインアップには、「Sonos Roam」同様にBluetoothやWi-Fi、バッテリーを内蔵した「Sonos Move」という製品がすでにあるが、「Sonos Move」が重量約3kgとなかなかの重量級で気軽に持ち運ぶことが難しかったのに対し、「Sonos Roam」は「Sonos Move」の約1/6となる重量430gという500mlペットボトルほどの小型軽量ボディを採用し、バッグの中などにポンと入れて手軽に持ち運べるようになっている。

500mlペットボトルほどの小型軽量ボディで、手軽に持ち運びできる

500mlペットボトルほどの小型軽量ボディで、手軽に持ち運びできる

また、「Automatic Trueplay」という「Sonos Roam」ならではの新機能が搭載された点も見逃せない。同社のワイヤレススピーカーには、SonosアプリをインストールしたiOSデバイスのマイクを使い、設置環境に最適なサウンドに調整してくれる「Trueplay」という機能が搭載されているが、「Sonos Roam」では本体内蔵のマイクと加速度センサーを活用し、「Sonos Roam」の設置場所が変わることを検知すると「Trueplay」の機能を自動で実行してくれるのだ。しかも、「Trueplay」はWi-Fi接続が必要だが、「Automatic Trueplay」はWi-Fi接続でもBluetooth接続でも使える機能になっているそう。「Trueplay」のようなiOSデバイス限定で利用できるという縛りがなくなり、Androisデバイスユーザーでも利用しやすくなった点は大きな進化点と言えそうだ。

ほかにも、電波状況からWi-FiとBluetoothを自動で切り替えてくれる機能や、コンテンツ再生を「Sonos Roam」からほかのSonos製品にボタンひとつで簡単に切り替えできる「Sound Swap」といった新機能を搭載。Sonosアプリによるストリーミング音楽アプリとのシームレスな連携や、Sonosのワイヤレススピーカー同士を連携させて再生できるマルチルームオーディオ、Amazon Alexa/Googleアシスタント対応など、これまでのSonosのワイヤレススピーカーと同様の機能も搭載されている。

これまでのSonos製品同様、ほかのSonosスピーカーとの連携も簡単に行うことができる

これまでのSonos製品同様、ほかのSonosスピーカーとの連携も簡単に行うことができる

本体はIP67の防水・防塵設計で、キッチンやお風呂場などの水回りでも利用可能。縦置き・横置きどちらでも設置でき、縦置き時に天面となる部分(横置き時左側面)には、再生/停止やボリュームコントロールボタンが用意されている。ちなみに、これまでのSonosのワイヤレススピーカーでは静電容量タイプのボタンを採用していたが、さまざまな場所に持ち運んで使える「Sonos Roam」では、確実にボタン操作できるように物理ボタンを新たに採用したという。

小型軽量なボディだが、IP67準拠の本格的な防水・防塵性能が備わっている

小型軽量なボディだが、IP67準拠の本格的な防水・防塵性能が備わっている

本体は縦置き、横置きどちらにも対応

本体は縦置き、横置きどちらにも対応

水に濡れた手などでも確実に操作できるよう、物理ボタンとなった操作部分

水に濡れた手などでも確実に操作できるよう、物理ボタンとなった操作部分

バッテリーは連続再生で最長10時間、スリープモードで最長10日間。充電端子はUSB Type-Cで、Qi準拠のワイヤレス充電にも対応する。専用オプションとしてワイヤレスチャージャー(別売り、6480円)も用意されており、「Sonos Roam」とはマグネットで簡単に脱着可能だ。

専用オプションとしてワイヤレスチャージャー(別売り、6480円)も用意されている

専用オプションとしてワイヤレスチャージャー(別売り、6480円)も用意されている

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る