レビュー
アダプターでワイヤレスヘッドホンに変身!

1台で有線も無線も楽しめるHIFIMAN平面磁界型ヘッドホン「DEVA Pro」がマニアックだけど面白い

平面磁界型や静電型などの高級ヘッドホンや、サウンドもデザインも個性的なポータプルDAPなどを手がけるHIFIMANから、ワイヤレス接続が可能な開放型の平面磁界ヘッドホン、「DEVA Pro」が新発売された。

こちら、2020年に発売された「DEVA」のアップグレードモデルで、こちらがすでに終売となっているため、「DEVA Pro」は事実上その後継に位置付けされているようだ。高額な製品が多い平面磁界型ヘッドホンが30,000円前後という手ごろな価格で、しかもワイヤレス接続で楽しめることが好評だったモデルの後継だけに、どのようなアップグレードがおこなわれたのか、コスパは維持されているのか、大いに気になるところ。ということで、今回「DEVA Pro」の詳細をチェックしていきたいと思う。

HIFIMAN平面磁界型ヘッドホン「DEVA Pro」

HIFIMAN平面磁界型ヘッドホン「DEVA Pro」

ケーブル接続コネクターの刷新でバランス接続にも対応。Bluetoothモジュールも大幅進化

まずは外観についてから。こちらは正直、オリジナル「DEVA」とほとんど変わっていない。シルバーカラーに彩られた大柄なハウジング部ややわらかくクッション性の高いヘッドバンド部、(汗が気にならないための配慮か)接触面に布地が採用された厚手のイヤーパッドなど、デザイン的にはほぼそのままの形となっている。ただし、ヘッドバンドとイヤーパッドはカラーがブラックに変更されていて、これまでのカジュアルな雰囲気から、ずいぶんとシックな、落ち着いた印象となった。

オリジナル「DEVA」(写真左)と「DEVA Pro」(写真右)。ヘッドバンドとイヤーパッドがブラックとなり、全体的に落ち着いた印象だ

オリジナル「DEVA」(写真左)と「DEVA Pro」(写真右)。ヘッドバンドとイヤーパッドがブラックとなり、全体的に落ち着いた印象だ

接触面に布地が採用された厚手のイヤーパッドは、オリジナル「DEVA」から引き続き採用

接触面に布地が採用された厚手のイヤーパッドは、オリジナル「DEVA」から引き続き採用

いっぽうで、大きく変わった部分もある。それは、着脱式ケーブルの接続コネクターだ。「DEVA」ではL側に3.5mm4極端子を接続するようになっていたが、「DEVA Pro」では左右それぞれに3.5mm3極端子を接続するように変更されている。“両出し”などと呼ばれるこちらの方式のほうが音質面では何かと有利な傾向があるため、決して悪くないチョイスだとは思う。

“両出し”になった着脱式ケーブル

“両出し”になった着脱式ケーブル

ケーブルはヘッドホン側の左右、プレーヤー側ともに3.5mm3極端子仕様だ

ケーブルはヘッドホン側の左右、プレーヤー側ともに3.5mm3極端子仕様だ

しかしながら、ここで疑問になるのがBluetoothモジュールの接続方法だ。「DEVA」はBluetooth機能がヘッドホン内蔵ではなく、付属の専用モジュール「Bluemini」をケーブル端子に差し込むことでワイヤレス化していた。しかし、「DEVA Pro」は両側コネクターを採用しつつも、「DEVA」と同じ片側接続タイプのBluetoothモジュールが付属されている。

どうやって接続すればよいのだろう。しかし、調べると簡単にわかった。なんと、L側の端子が3.5mm4極仕様となっていて、こちらに差し込むことで「DEVA」同様ワイヤレスヘッドホンとして活用することができるようになっているのだ。

これはなかなかに便利で合理的なシステムといえる。というのも、「DEVA」同様こちら(L側端子)に市販の3.5mm4極バランスケーブルを接続して利用することも可能で、1本だしと2本だし、2つのバランスケーブルを利用できる仕様となっている。手元のケーブルを無駄なく活用できるというのはなかなか面白い試みだ。

また、「DEVA Pro」は、付属するBluetoothモジュールがグレードアップされている点も見逃せないポイントだろう。「Bluemini R2R」と名付けられたこちらのモジュール、外観は「DEVA」付属のものと変わらず、機能面もLDACやaptX HDコーデック対応などに変化はないものの、新たに、表面にR2Rの文字が追加されている。そう、「Bluemini R2R」の内部には同社が先日発表したばかり、FPGA+ディスクリートR2R構成の独自DAC「HYMALAYA DAC」が搭載されているのだ。

Bluetoothモジュール「Bluemini R2R」は、内蔵DACがFPGA+ディスクリートR2R構成の独自DAC「HYMALAYA DAC」に生まれ変わった

Bluetoothモジュール「Bluemini R2R」は、内蔵DACがFPGA+ディスクリートR2R構成の独自DAC「HYMALAYA DAC」に生まれ変わった

「Bluemini R2R」を「DEVA Pro」のL側に接続するとこのような形になる

「Bluemini R2R」を「DEVA Pro」のL側に接続するとこのような形になる

「Bluemini R2R」の充電端子はUSB Type-Cを採用する

「Bluemini R2R」の充電端子はUSB Type-Cを採用する

DSDにこそ対応していない(プレーヤー側でリニアPCM変換しておく必要がある)ものの、768kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応しており、今後はさまざまなHIFIMAN製品に採用予定となっている。今後、高額モデルに採用されていくだろう独自DACのサウンドを、いち早く楽しむことができる貴重な製品となっているのだ。

しかも、値段は「DEVA」に対して3,000円ほどのアップにとどまっている。税込3万円台中盤で、平面磁界型ヘッドホンがワイヤレスでも有線でも存分に楽しめるのだ。マニアックな製品ではあるが、これほどコストパフォーマンスのよい製品は滅多になく、いろいろと遊べるモデルであることは間違いないだろう。

ワイヤレス接続でも平面磁界型ヘッドホンならではのサウンドを楽しめる

ここまで紹介してきたように、「DEVA Pro」はスペックだけを見ても大いに魅力的な製品に仕立てられているわけだが、肝心なのは実際のサウンドだろう。そこで、「DEVA Pro」とともに「DEVA」も借用し、両者を比べつつ、そのサウンドをワイヤレス、有線接続ともにチェックしてみた。

ちなみに、「DEVA Pro」に搭載されている平面磁界ユニットには、振動板駆動時に空気の乱れを大幅に減らす特殊形状の磁石「ステルスマグネット」や、独自開発の振動板「NsD(NEO supernano振動板)」が採用されている。そして、NsDに関しては、以前(「DEVA」)よりも80%も薄型化されているという。

「DEVA」よりも80%も薄型化された独自開発の振動板「NsD(NEO supernano振動板)」

「DEVA」よりも80%も薄型化された独自開発の振動板「NsD(NEO supernano振動板)」

まずは有線接続の音から。プレーヤーにはAstell&Kern「SE180」やLUXURY&PRECISION「P6PRO」を組み合わせてみた。

素直な表現の自然なサウンドが魅力。帯域バランスはあくまでも中域を中心としながら、伸びやかな高域と不足のない低域の量感により、鮮明さと聴き心地のよさが巧みにバランスしたサウンドにまとまっている。解像感やディテール表現など、音のきめ細やかさに関してはこの価格帯としては望外のレベルで、平面磁界型ヘッドホンならではのアドバンテージを大きく感じる。ハイハットが鮮明かつ軽やか、金管楽器が少しばかり煌びやかな音色になっているなど、高域がちょっとだけ強調されたバランスながら、音色は決して耳障りということはないため、Aimerなどの女性ボーカルはクリアで感情表現豊かな歌声を聴かせてくれるが伝わってくる。

「DEVA」に対しては、基本的なキャラクターは変わらないものの、解像感の高さ、音の広がり感でかなりのクオリティアップが感じられた。その違いの恩恵か、ピアノの音は「DEVA Pro」のほうがあきらかに伸びやかで音場的な広がり感もスムーズ。女性ボーカルもディテールがはっきり伝わってくるようになった分、リアリティが高まっている。

続いて、「Blumini R2R」モジュールを使ったワイヤレス接続のサウンドをチェック。こちらは、スマートフォンXiaomi「Mi 11 Lite 5G」とLDACコーデックで接続した。

清々しさと勢いのよさが巧みにバランスした整いのよいサウンド。アンプの設定やチューニングが絶妙なのだろう、低域の量感が増えたうえに高域の伸びやかさがちょっと控えめになった結果か、ずいぶんと落ち着きのあるサウンドに変化した。このナチュラルな音色傾向は、なかなかに好印象。解像感やダイナミックレンジの幅広さで有線接続に敵うべくもないが、好きなアーティストを存分に楽しむことも、BGMとして音楽を長時間楽しむこともできる魅力的なサウンドキャラクターだ。逆にいえば、有線接続ではポータブルDAP直ではなく、据え置き型など上質なヘッドホンアンプを組み合わせるべきなのかもしれない。そういった絶妙なサウンドを手軽に楽しませてくれる良質さを「Blumini R2R」は持ち合わせている。

このように「DEVA Pro」は、ワイヤレス接続で平面磁界型ヘッドホンならではのサウンドを楽しめるとともに、有線接続でさらなる高音質も追求できる2度おいしい製品に仕上がっている。これが3万円台中盤で入手できるのだから、コスパという面ではかなり高い。少々マニアックな製品ではあるが、ぜひとも1台手元に置きたい、そう思わせる魅力的な製品だ。

野村ケンジ

野村ケンジ

ヘッドホンなどのオーディオビジュアル系をメインに活躍するライター。TBSテレビ開運音楽堂にアドバイザーとして、レインボータウンFM「みケらじ!」にメインパーソナリティとしてレギュラー出演。音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員も務める。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る