イベントレポート

新製品・注目製品が大豊作! 秋のヘッドフォン祭2022フォトレポート

新製品・注目製品が大豊作! 秋のヘッドフォン祭2022フォトレポート

2022年9月18日、東京・中野サンプラザで秋のヘッドフォン祭2022が開催された。イベントに合わせてさまざまなメーカーが新製品をお披露目するのが恒例となっているが、今年は特に豊作な印象だった。ここでは、各ブースの新製品・注目製品をフォトレポートでお届けする。

Acoustune

Acoustuneブースには、近日発売予定の2つの新製品が展示されていた。ひとつ目は、音響チャンバー部をユーザー自身で交換できるAcoustuneのフラッグシップイヤホン「SHO-笙- ACO-HS2000MX」のオプション音響チャンバー「ACT03」。木製パーツがスピーカーのバッフルプレートのような役割を担ってくれるという。

もうひとつは、モニタリングイヤホン「Monitor RS」シリーズの第2弾モデル「RS THREE」が披露された。音楽制作やスタジオモニター向けのチューニングを施したという。スタジオでの作業環境を考慮し、ケーブル長を長めに設計したほか、3.5 to 6.3mm変換プラグなども付属するという。価格は2万円前後を見込んでいるそうだ。

Astell&Kern/qdc

Astell&Kernやqdcなどのブランドを有するアユートのブースでは、先日発表のあったAstell&Kernの新フラッグシップモデル「A&ultima SP3000」と、Astell&KernとEmpire EarsとのコラボIEM「Odyssey」がやはり1番人気となっていた。

また、qdcからは、6BA +2EST構成のフラッグシップIEM「Tiger」に加え、ダイナミックドライバー1基構成のIEM「Dmagic Solo」や、完全ワイヤレスイヤホンのように使えるイヤホン用Bluetoothレシーバー「qdc TWX」も参考展示されていた。「qdc TWX」は、SBC/AAC/aptX対応、単体のバッテリー性能は7〜8時間で、専用ケースでは2回のフル充電が可能とのこと。「Tiger」を含め、いずれも10月ごろの発売を目指しているという。現時点では、「Dmagic Solo」は3万円前後、「qdc TWX」は2万円前後の価格を予定しているとのことだ。

このほか、AZLAからは東京ゲームショウ2022で披露された「ASE-500」が参考展示されていた。シリコン製のフレキシブルな筐体を採用し、寝ホンに最適だという。3.5mmジャック接続で、イヤホン単体モデルのほか、USB Type-CやLightning変換アダプターのセットもラインアップ予定とのこと。カラーはホワイト、ブラック、ピンク、スカイブルーの4色展開。

Campfire Audio/Beat Audio

Campfire AudioやBeat Audioなどを取り扱うミックスウェーブ。Campfire Audioからは、フルレンジのダイナミックドライバーを3基搭載したハイエンドイヤホン「Trifecta」が国内初披露された。クリアのナイロン製シェルの中から見える金メッキドライバーケースがなんともゴージャスだ。世界限定333台で、日本では50台の販売を予定しているという。市場想定価格は429,000円前後だ。

Beat Audioからは、OCCを使用した銅ベースのケーブル「Cyclone」に加え、銀ベースのケーブル「Oslo MKIV」、銀メッキ銅を使用した「Silversonic MKVII」などが参考展示されていた。いずれも国内での発売時期は未定とのこと。

final/ag

finalブースでは、完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデルとして開発中の「ZE8000」が初披露された。スティック型のイヤホン本体を採用し、スティック部分にBluetooth通信チップといったデジタル部分を収め、ドライバーユニットやチャンバー部分などを収めたアナログ部分を完全に独立した形で作り込むことが可能になり、音質をさらに追い込むことが可能になったという。また、専用ケースは、カスタムイヤーピースを装着した状態でも収納できるように設計したそうで、「ZE8000」のカスタムイヤーピースもオーダーできるように準備を進めているそうだ。なお、製品の詳細については10月に発表を予定しており、発売は年内を目指しているとのこと。価格は現時点で未定とのことだが、完全ワイヤレスイヤホンハイエンドモデルの価格レンジに収まるくらいにしたいということだ。

また、finalのフラッグシップヘッドホン「D8000」の限定モデル「D8000 Pro Limited Edition」も展示されていた。ベースモデルからカラーリングを変更したほか、通気性にすぐれた和紙素材を使用したイヤーパッドを新たに採用。専用キャリングケースとセットで販売を予定しているそうだ。

ほかにも、音を自分好みにチューニングできるMAKEシリーズの新モデル「MAKE4」や、agブランドで展開している「WHP01K」をベースに、finalでチューニングを実施してfinalブランドで海外展開している「UX3000」も参考展示されていた。

このほか、agブランドの新製品3モデルも披露された。「WHP02G」は普段使いのヘッドホンをゲーミングにも使えるようにというコンセプトで開発されたゲーミングヘッドセット、「BASS1」は重低音を楽しめる音質チューニングを採用した完全ワイヤレスイヤホン、「PITA」は装着感に徹底的にこだわったという完全ワイヤレスイヤホンだ。いずれも、年内投入を予定しているそうだ。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る