ニュース

総合力の高い注目機! カラバリも豊富なヤマハ「TW-E3C」

ヤマハが完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデル「TW-E3C」を2022年11月25日に発売する。市場想定価格は11,000円前後(税込)。6色の豊富なカラーバリエーションを擁することが特徴の「TW-E3B」の後継機種であり、やはり展開色は6種類。彩度の低い「くすみカラー」を取り入れたラインアップは、ブラック、ネイビーブルー、グレー、ベージュ/ラテ、グリーン/ピスタチオ、レッド/ラズベリー。「TW-E3B」とは異なる色味が揃えられた。

ヤマハの完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3C」。左前から時計回りにレッド/ラズベリー、ブラック、ネイビーブルー、ベージュ/ラテ、グレー、グリーン/ピスタチオ

ヤマハの完全ワイヤレスイヤホン「TW-E3C」。左前から時計回りにレッド/ラズベリー、ブラック、ネイビーブルー、ベージュ/ラテ、グレー、グリーン/ピスタチオ

ヤマハの完全ワイヤレスイヤホンはグレード別に3機種が展開されている。ヤマハが目指す高音質「TRUE SOUND」をどんな場面でも、気軽に楽しめるように企画されたのが「TW-E3C」。ミドルクラスの製品が「TW-E5B」で、最上位モデルの「TW-E7B」のみアクティブノイズキャンセリング機能を搭載する

ヤマハの完全ワイヤレスイヤホンはグレード別に3機種が展開されている。ヤマハが目指す高音質「TRUE SOUND」をどんな場面でも、気軽に楽しめるように企画されたのが「TW-E3C」。ミドルクラスの製品が「TW-E5B」で、最上位モデルの「TW-E7B」のみアクティブノイズキャンセリング機能を搭載する

「TW-E3C」の基本的なスペックは以下のとおり。
●ドライバー:6mmダイナミック型
●Bluetoothバージョン:5.2
●対応コーデック:SBC、AAC、aptX Adaptive
●再生可能時間:9時間(+ケース充電15時間)
●タッチ式操作に対応
●「アンビエントサウンド」「ゲーミングモード」機能搭載
●音声操作対応(Siri/Google Assistant)
●マルチポイント対応
●2マイク搭載
●Qualcomm TrueWireless Mirroring対応
●専用アプリ「Headphone Control」によるEQ(音質調整)に対応
●防水仕様:IPX5(あらゆる方向からの噴流を当てても動作する)

「TW-E3C」をひと言で表せば、QualcommのBluetoothチップがヤマハの上位グレードモデルと同等になり、従来モデルよりも機能性が向上した製品、ということになるだろう。外音取り込みのための「アンビエントサウンド」、低遅延の「ゲーミングモード」機能を使えるようになったほか、マルチポイントにも対応。PCとつなぎつつ、スマートフォンへのとっさの通話にも対応できる……という現代ならではの需要にも応える仕様だ。

ヤマハ独自の機能「リスニングケア」。音量の小さなときに低域/高域が聞こえづらくなるという人間の聴感特性やリスニング環境に合わせ、音のバランスを最適化してくれる機能だ。過度な音量アップによる耳の負担を抑える

ヤマハ独自の機能「リスニングケア」。音量の小さなときに低域/高域が聞こえづらくなるという人間の聴感特性やリスニング環境に合わせ、音のバランスを最適化してくれる機能だ。過度な音量アップによる耳の負担を抑える

通話機能については、マイクがひとつ増えたことにも注目したい。2つのマイクによる「cVc(Clear Voice Capture)」では、話者の位置(声)の特定と明瞭化がより高精度になり、通話品質の向上に寄与する。ヤマハによれば、マイクをふたつ以上搭載する製品であっても、「cVc」のためにそれらを使っているとは限らないという。このあたりも、オンライン会議などでの利用も見越したアップデートだと言えそうだ。また、左右独立伝送方式のひとつ「Qualcomm TrueWireless Mirroring」に対応するため、親機(スマートフォンなど)を問わず、安定した接続を期待できる。iPhoneユーザーの多い日本では特に歓迎されるポイントだろう。

こちらが実際のマイクの位置。間の黒い点はインジケーター

こちらが実際のマイクの位置。間の黒い点はインジケーター

そのほか、ハードウェア周りでは、物理ボタン式の操作からタッチ式の操作へと変更されたことが大きい。物理ボタンの操作の際、どうしても耳が痛い、という声を受けてのことだそうだ。イヤホンとしての基本部分、つまり6mm口径のダイナミックドライバー1基によるシンプルな構造などは従来モデルを踏襲。ドライバーと音導管を同軸上に配置し、ロスのない音を耳に届ける工夫なども従来と同様だ。ただし、音質改善のためのチューニングを怠ってはいない。よりタイトな低域を実現するためにノズルに空気抜きの穴を、空間の広がりを出すためにドライバーの背面部分に同様の穴を設けて音質チューニングを施した。

イヤーチップを外したノズル部に、チューニング用の穴が見える

イヤーチップを外したノズル部に、チューニング用の穴が見える

ドライバー背面の穴は、本体内側にあたる。「R」の文字の左側だ

ドライバー背面の穴は、本体内側にあたる。「R」の文字の左側だ

また、フィット感向上のために本体の小型化にも努めた。これは物理ボタンを廃止してタッチ式としたこととも関連しているという。パーツ点数が減ることや、本体を一体成形できるため剛性を得やすいというメリットを生かした結果、ドライバーなど主要部分の変更なしに小型化に成功。耳への収まりがよい形状を検討し、本体にやわらかなカーブの突起/くぼみを設けている。

一様に丸いのではなく、本体には突起/くぼみが設けられている。これが耳の後ろ側にひっかかるように収まる

一様に丸いのではなく、本体には突起/くぼみが設けられている。これが耳の後ろ側にひっかかるように収まる

「TW-E3C」を装着したところ

「TW-E3C」を装着したところ

まとめ:特筆すべき総合力の高さ。音質もよく練られている

最後に、「TW-E3C」を試聴できたので、そのインプレッションをお伝えしたい。まず驚いたのは、思った以上の低域の量感の多さ。深く沈み込む低音をあまさずに再生する、ということではないが、違和感のない範囲のいいところを狙っている印象だ。この低域といい、中高域の抜け方といい、ダイナミック型らしい自然さも感じる。

従来モデル「TW-E3B」との比較では、低域の混濁感が減ったことで、音楽全体が締まった印象だった。帯域バランスがより整ったとも言える。音量を上げてもバランスがくずれづらいため、聞き疲れを抑える効果も期待できそうだ。これがチューニングの賜物だろう。低域の表現に物足りなさを感じる向きには、専用アプリ「Headphone Control」でのEQ(イコライザー)による音質調整をどうぞ、ということになる。

目をひくカラーリング、拡充された機能、ブラッシュアップされた音質、「TW-E3B」はとても総合力の高い完全ワイヤレスイヤホンだ。アクティブノイズキャンセリング機能にこだわらなければ、1万円前後の製品として有力な候補になるだろう。

柿沼良輔(編集部)

柿沼良輔(編集部)

AVの専門誌を編集して10年超。「(デカさ以外は)映画館を上回る」を目標にスピーカー総数13本のホームシアターシステムを構築中です。映像と音の出る機械、人が一生懸命つくったモノに反応します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る