新製品レポート
ポータブルなのにDSD 5.6MHz/PCM 32bit/384kHz(integer)を録音可能!

ハイレゾプレーヤーが本格レコーダーになる! Astell&Kern「AK RECORDER」登場

アユートは、4月29日に開幕したフジヤエービック主催の「春のヘッドフォン祭2016」にて、Astell&Kernブランドの新製品発表会を開催し、「AK380」などと接続して使用するポータブルレコーダーユニット「AK RECORDER」と、ハイレゾポータブルオーディオプレーヤーの新モデル「AK300」を発表した。さっそく新製品の特徴をご紹介しよう。

AKシリーズと組み合わせてDSD 5.6MHz/PCM 32bit/384kHzの録音ができる「AK RECORDER」

AKシリーズ専用のポータブルレコーダーユニット「AK RECORDER」。これ1台で本格的なレコーディングが可能だ

AKシリーズ専用のポータブルレコーダーユニット「AK RECORDER」。これ1台で本格的なレコーディングが可能だ

今回発表された「AK RECORDER」は、「究極の音楽プレーヤーには、究極のレコーディング音源を」をコンセプトに開発されたAKシリーズ専用のポータブルレコーダーユニットだ。「AK380」や「AK320」、同時発表された「AK300」といった300番台のAKシリーズに対応しており、対応機種とドッキングして使用する。レコーダー機能の各種操作は、プレーヤーのタッチパネルから操作する形になり、録音した音源をプレーヤーで再生し、その場で確認するといった使い方が可能だ。なお、本体にはマイクは内蔵されていないため、別途マイクや外部入力ソースを接続して録音する形になる。

“究極のレコーディング音源を”をコンセプトに開発されただけあり、録音機能については、DSD 5.6MHz/PCM 32bit/384kHz(integer)をサポート。これは、ハンディータイプのレコーダーとしては世界初となる。また、「Advanced Recording Technology」と呼ばれる機能も搭載。録音時のクリッピングを抑える「Asdvanced Liiter」、録音時の最大信号値を記録・表示する「Peak Hold」、低周波騒音を低減する「Low Cut Filter」、録音開始時に開始直前の指定した時間の音を記録する「Pre Recording」の4つの機能で構成されており、いずれもGUIで直感的に操作することができる。

「Advanced Recording Technology」と呼ばれる独自機能も搭載

「Advanced Recording Technology」と呼ばれる独自機能も搭載

入力インターフェイスは、マイク接続用のミニXLRのほか、3.5mmアナログ、AES/EBUデジタルの3系統用意。マイクだけでなく、レコードプレーヤーやミキサーなどを接続して録音することができる。また、コンデンサーマイクを接続するのに必要なファンタム電源供給機能(5Vと48Vに対応)も搭載。マイクが0.5dB単位、プリアンプが3dB単位で調整できるゲイン調整機能も備えている。

本体底面には、マイク接続用のミニXLR端子を装備

本体底面には、AES/EBUを兼ねたミニXLR端子を装備

本体側面には、3.5mm入力端子を用意しており、レコードプレーヤーなどを接続できる

本体側面には3.5mmのアナログ入力端子を装備しており、レコードプレーヤーなどを接続できる

このほか、「Wireless Control with mobile APP」と呼ばれるアプリが開発中であることも明らかにされた。同アプリを使用することで、無線で接続した最大4台の「AK Recorder」を同期・連動させて録音できるという。コンパクトなレコーディング環境を生かし、普段設置できない場所に設置し、遠隔で録音を開始させるといったこれまでにない使い方ができそうだ。

無線で接続した最大4台の「AK Recorder」を同期・連動させることができる「Wireless Control with mobile APP」も開発中だ

なお、今回発表された「AK RECORDER」は、本体単体のほか、DPAの無指向性ミニチュアマイクロホン「SC4061」をセットにした「Stereo MIC kit for Professional」もラインアップ。「Stereo MIC kit for Professional」には、キャリング用のペリカンケースも付属する。6月発売予定で、日本での価格はまだ未定なものの、グローバルの価格は本体単体が795USドル(税抜)とのことだ。

シングルDAC構成を採用した「AK300」

ハイレゾポータブルオーディオプレーヤーの新モデル「AK300」。本体カラー以外、見た目は「AK320」とほぼ変わらない

今回、「AK RECORDER」をより身近に使ってもらえるようにということで、ドッキングに対応した300番台のAKシリーズに新たに追加されたのが「AK300」だ。DACチップは「AK380」や「AK320」と同じ「AKM AK4490」だが、「AK380」や「AK320」がデュアルDAC構成だったのに対し、「AK300」はシングルDAC構成となっている。また、内蔵メモリーについても、スタンダードモデルの「AK320」が128GBだったのに対し、「AK300」はその半分の64GBとなっている。本体カラーはミッドナイトブラックだ。

そのほかの仕様はほぼ共通で、ネイティブ再生はPCMが192kHz/24bitまで。それを超える周波数は、384kHzならその半分の192kHzに、352.8kHzなら176.4kHzに変換される。ビットレートも32bitの音源は24bitになる。DSDは5.6MHzまでサポートするが、176kHz/24bit のPCMに変換して再生される。超低ジッターの200Femto秒を実現したVCXO(電圧制御水晶発振器)の採用は、「AK380」や「AK320」と同じだ。このほか、専用拡張端子も搭載しており、「AK380 AMP」とのドッキングにも対応する。

発売は5月下旬を予定しており、グローバルでの価格は895USドル(税抜)。日本での価格はまだ未定だが、グローバルの価格からすると「AK320」よりだいぶ低く抑えられた価格で登場しそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る