いいモノ調査隊
100冊のノートがこれ1台に! 紙とPCの良いところが融合した電子ノートの使い勝手が最高。

(紙+パソコン)÷2。電子ノートの使い勝手が抜群すぎる

メモやノートをとる時、皆さんはパソコン派? 手書き派? それともスマホ派ですか? パソコンは圧倒的に速い、手書きは内容を覚えやすいなど、どの方法にもメリット・デメリットがありますよね。

ちなみに私は手書きとパソコンの両方使い派で、その時の気分で使い分けています。それはいいとして、困った癖がありまして…メモをすぐに消してしまうんです。少しの期間使用していないメモがあるとどうにも気になって、パソコンの場合は削除、手書きのメモは丸めてポイしてしまうんです。そうこうしていると、整理のつもりがうっかり大事な情報まで一緒に捨ててしまう時も…。

先日も大事な仕事の用事である人に電話をかけようとしたのですが、電話番号を書いた手書きメモをいつの間にか捨ててしまっていてどうにもならないことがありました。もうパソコン派? 手書き派? 以前に私は馬鹿派? と思ってしまいます。とにかく改善しなければと思いたどり着いたのが、今回ご紹介する手書き電子ノートです。

SHARP (シャープ)の電子ノート「WG-S30」

SHARP (シャープ)の電子ノート「WG-S30」

取り外しできるカバーに、専用ペン、USBケーブルと説明書が入っていました。またさらにくわしい説明書が本体内にデータとして内蔵されています。

見た目はまるでタブレット

見た目はまるでタブレット

これは電子ノートといって、手書きのメモとパソコンのいいとこ取りをしたような商品。手書き感覚で書き込めて、パソコンのように保存ができるというものです。ノートとしてのシンプルな機能しかないので起動が速く、紙と変わらないスピードですぐにメモできます。私はこのノートをいつもデスクの上に置いて、メモ帳の代わりとして活用しています。そして絶対に削除しないことを心がけています。ページ数の上限は3,000とかなり多いので、1日2〜3ページ使ったとしても、3年間くらいは削除なしでいけそうな気がしています。

主な仕様は、ディスプレイが6型メモリ液晶(600×800ドット)。電源はリチウムイオン充電池を内蔵し、1回の充電で約30日間使用できます(ノートの記入40分、ノートの表示80分で1日2時間使用の場合)。本体サイズは幅111mm×厚さ9.9mm×奥行き155mm(専用カバーを除く)で、重量は約210g(本体のみ)です。普段スマホや小型のタブレットを使う方には少々厚く感じるかもしれませんが、手で持った感じは軽いです。時計、カレンダー機能が付いていて、暗証番号の設定も可能。

手書き入力のしやすさは、ほかの機種を使用したことがないため他機種と比べることはできませんが、普通にスラスラ書けて気に入っています。本体の大きさはA6サイズですが実際に書ける範囲は少し狭いので、欲をいえばもう少し大きいほうが使いやすいかなと感じました。また、液晶は白黒でバックライトがついていないので、周りの光にやや左右されやすいですが、個人的には許容範囲内。

ここからは、ノートをとる際に使える機能についてくわしくご紹介します。私の予想をはるかに超えた機能がテンコ盛りでした。

さまざまなペンやスタンプ機能

さまざまなペンやスタンプ機能

ペンやマーカーは5種類の太さ、3種類の濃さから選択できます。消しゴムが優秀で、ペンの文字を残してマーカーだけ消したり、マーカーを残してペンの文字だけ消したりできるんです。また、メモをとるのに便利なスタンプが40種類内蔵されているのも魅力。

ノートを最大100冊作れます

ノートを最大100冊作れます

ノートは(方眼、スケジュール、無地、TODOなど)9種類のフォームから選べて、最大100冊(ページはすべてのノートを合わせて最大3,000ページ)まで作れます。

(例)スケジュール帳のフォーム

(例)スケジュール帳のフォーム

上の画像はスケジュール帳のフォームになります。スケジュール帳は5種類9パターンから選べます。

スケジュールの書き込み例

スケジュールの書き込み例

電子ノート「WG-S30」
充実の検索機能

充実の検索機能

作ったノートは、いろいろな方法で呼び出せます。カレンダーから日付を選んでその日に作成したページを探したり、ページに設定した分類から探したりと、大量のノートから効率的に目的のページを検索できます。

電子ノート「WG-S30」
パソコンとつなげば〜

パソコンとつなげば〜

さらに、パソコンとつなげば、ノートの保存やバックアップ、画像の取り込みなどが行えます。上の画像はパソコンから取り込んだ画像データです。また、専用ソフトをダウンロードし、追加コンテンツを取り込むこともできます。

紹介しきれていない機能もありますが、ざっとこんな感じです。ちょっと複雑に思われたかもしれませんが、実際に触れてみれば感覚ですぐに使いこなせるようになると思います。私は購入してよかったと思っています。ぱっと書ける紙のいいところと、編集・保存が簡単にできるパソコンのいいところが融合していて、もうメモ帳もスケジュール帳もほとんど使うことがなくなりました。将来、紙のノートを使うことは…たぶんないと思います。私のようなライトユーザーからヘビーユーザーまで使える電子ノート! ぜひご検討してみてください。

べっぷおんせん

べっぷおんせん

一人暮らしで妄想に耽る日々が続いてます。趣味は競馬で勝ったお金でアイデアグッズや気になるグッズを買い漁っています。本業は自称ギャンブラー、副業はブログ運営。得意科目は社会と算数です。よろしくお願いします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
電子文具のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る