トレンドニュース

ソニーの新型フルサイズ一眼「α7R III」が好発進。ユーザー評価は5点満点!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーが2年ぶりに放つフルサイズ・ミラーレス一眼は、さらなる画質向上+さらなる高速AFを実現

・ソニー「α7R III ILCE-7RM3」(ボディ)

・ソニー「α7R III ILCE-7RM3」(ボディ)

2017年11月25日に、ソニーから、新型のミラーレス一眼カメラのハイエンドモデル「α7R III ILCE-7RM3」(以下、α7R III)が発売された。前モデル「α7R II ILCE-7RM2」(以下、α7R II)から約2年ぶりのモデルチェンジとなった形だ。

「α7R III」は、前モデル「α7R II」と同じく、約4240万画素のフルサイズ裏面照射型Exmor R CMOSセンサーを採用。センサー自体は変わらないが、画像処理エンジン「BIONZ X」が進化しており、低感度時に約15段分の広いダイナミックレンジを実現するほか、高度なノイズリダクション機能などにより、常用感度の上限がISO25600からISO32000に向上するなど、より幅広いシーンでの高画質撮影が可能になった。また、最高約10コマ/秒の連射機能や、エリア数が従来の25点から425点に大幅増加した「ファストハイブリッドAF」など、連射機能、AF性能もさらに高速化。カメラ任せでも素早く被写体にピントが合うため、シャッターチャンスを逃すことがさらに少なくなっている。動画撮影機能では、4K/30pの動画撮影に対応。HDRにも対応している。このほか、センサー上の素子を1つずつずらして4枚の写真を撮影し、後でPC上で合成することで、従来以上の解像感を実現するという「ピクセルシフトマルチ撮影」機能も新搭載された。

図1:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品のアクセス推移(過去3か月)

図1:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品のアクセス推移(過去3か月)

図1は、「価格.comトレンドサーチ」で見た、過去3か月における「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品のアクセス推移を示したものだ。「α7R III」は、発売日のちょうど1か月前となる10月25日に発表されたが、その時点からある程度の注目度は集めたいたものの、さほど大きな盛り上がりとはなっていなかった。しかし、発売日の11月25日が近づくと大きく注目を集め始め、11月29日時点では、ほかの製品を大きく引き離しての首位となっている。ただし、9月8日に発売されたニコンのフルサイズ一眼レフ「D850」のほうが発売時の盛り上がりは大きく、そこまでの注目度とはなっていない。

図2:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品のランキング推移(過去3か月)

図2は、上記5製品の売れ筋ランキング推移を示したもの。こちらを見ると、「α7R III」は製品発表直後に大きくランクが上昇しており、予約注文が多く入ったものと思われるが、その後しばらくはベスト10内を維持するのがやっとという状況となっていた。しかし、発売日が近づくにつれ、ランキングは再上昇。11月27日時点では、ニコン「D850」に次ぐ2位の座につけている。

こうして見ると、「α7R III」の発売はさほど大きく盛り上がっていないように見えるが、これは比較対象がニコンあるいはキヤノンという二大メーカーの製品であるためで、ソニーの「α7」シリーズとしては、そこそこ順調なスタートダッシュと言っていいだろう。実際、11月29日時点では、価格.com掲載のほとんどの店舗で品切れ状態となっており、全体的には品薄状態となっている。

図3:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品の最安価格推移(過去3か月)

図3:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品の最安価格推移(過去3か月)

なお、「α7R III」の販売価格であるが、11月29日時点の最安価格は359,523円。これは発売開始から変わっておらず、事実上の定価販売と言っていい。なお、おもしろいことに、ライバル機となるニコン「D850」の現在の最安価格も359,640円と、ほぼこれに並んでいる(図3)。4位につけているキヤノン「EOS 5D Mark IV」の305,994円と比べると、5万円ほど高いが、こちらは2016年8月の発売時には40万円前後の価格をつけていたことを考えると、むしろ割安と言ってもいいかもしれない。

ユーザー評価は驚きの5点満点! 完成度の高さに「ミラーレス一眼の最終形」との声も

図4:「デジタル一眼カメラ」カテゴリーにおける売れ筋ランキング上位5製品のユーザー満足度推移(過去3か月)

「α7R III」で驚くべきなのは、そのユーザー評価が極めて高いことだ。11月29日時点では、8名のレビュワーが評価を行っているが、その満足度は5.00の満点。ニコン「D850」も、発売直後には5点満点をつけていたが現在では4.80にまで下がっており、これと比べても、現状では高い評価となっている。なお、キヤノン「EOS 5D Mark IV」については、4.46と満足度としてはさらに低めだ。

図5:「α7R III」のユーザー評価(2017年11月29日時点)

図5:「α7R III」のユーザー評価(2017年11月29日時点)

では、「α7R III」は、どういった点がここまで高く評価されているのだろう。図5は、11月29日時点での「α7R III」のユーザー評価であるが、各項目を見ると、「画質」「携帯性」の2項目が5点満点。「操作性」が4.88、「機能性」が4.83、「液晶」が4.63と、軒並み高い。「バッテリー」もカテゴリー平均を上回る4.51をつけており、「デザイン」「ホールド感」を除けば、ほとんどの項目で高い値をつけている。

特に評価の高かった「画質」であるが、こちらは全レビュワーがほぼ最高レベルの評価をくだしている。「普通にとってもISO3200くらいまでは精細感を欠かない高画質です。センサー性能もトップクラスなのでレンズが良ければ忠実に答えてくれます」「夜景でISO最大3200を頭に撮ってみましたがしっかりディティールが残っており文句なしです」など、特に高感度撮影時の解像感の高さが多くコメントされている。また、新搭載の「ピクセルシフトマルチ撮影」機能についても、「4240万画素のピクセルシフトの画質は恐ろしいほどにキレイですので、静物撮影メインの人には超おすすめです」など、高評価となっている。

また、高速なAF性能についても多くコメントされており、「瞳AFや顔認識は他社より一歩先を行っていて、ボケのキレイなレンズも多いのでポートレート撮影メインの人にもかなりおすすめです」「瞳AFに尽きます、子供撮りには最高です」「ピントの追従性能はα7Uと比べると圧倒的。かなりピントが来る。動く子供でも実用上問題なし」など、特にAF-C(コンティニュアスAF)のピントの追従性や、独自の「瞳AF」などの機能が高く評価されている。

もちろん、小型のミラーレス機ということで、携帯性はバツグン。「他社フルサイズよりは圧倒的に小型です」「撮影しにいくときに大げさなバッグ持ってかなくていいのは嬉しいです」など、こちらも高評価。また、使い勝手の部分も従来モデルで不評だった部分がほぼ解消されているようで、「α7IIとα7RIIIですが、ぱっと見の外観は同じですがじっくり見ると相当変わっており全く別の筐体と言ってよいです」「α7RIIの問題であった部分はほぼ潰されているため、これがミラーレスの一つの完成形なのかもしれません」など、従来のシリーズユーザーからの評価もかなり高い。バッテリーについても、かなり持ちは改善しているようだ。

総じて、「α7R III」は非常に完成度の高い製品となっているようで、トピックの少なかった2017年のデジタル一眼カメラ市場では、ニコン「D850」と並んで、注目の存在となっている。現在品薄状態が続いているが、年末年始の商戦期に向けて、期待の製品の登場と言えそうだ。

鎌田 剛(編集部)

鎌田 剛(編集部)

価格.comの編集統括を務める総編集長。パソコン、家電、業界動向など、全般に詳しい。人呼んで「価格.comのご意見番」。自称「イタリア人」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
トレンドニュース最新記事
トレンドニュース記事一覧
2017.12.9 更新
ページトップへ戻る