今週発売の注目製品ピックアップ(2016年1月25日〜31日)

単3形電池で駆動するニコンの光学5倍ズームコンデジ「COOLPIX A10」などが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、単3形電池で駆動するニコンの光学5倍ズームコンデジ「COOLPIX A10」や、ソニーのXQDメモリーカード「M」シリーズ、NTTドコモの2015-2016冬春モデルのスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01H」(シャープ製)を紹介する。

ニコン「COOLPIX A10」

2016年 1月28日(木)発売

ニコンイメージングジャパンから、コンパクトデジタルカメラの新モデルとして、単3形電池対応の「COOLPIX A10」が登場する。

撮像素子に有効1614万画素の1/2.3型原色CCDセンサーを採用し、広角26mm相当(35mm判換算)からの光学5倍ズームのNIKKORレンズを備えたモデル。バッテリーは、単3形のアルカリ電池またはリチウム電池を各2本使用する。電池寿命は、アルカリ電池使用時が約200コマ(静止画撮影時)/約1時間25分(動画撮影時)、リチウム電池使用時が約730コマ(静止画撮影時)/約4時間15分(動画撮影時)。

機能面では、撮影時にイメージにあった効果を選んで撮影できる「スペシャルエフェクト」6種類、撮影後に色合いや雰囲気を変更できる「クイックエフェクト」10種類も備えた。

このほか、約23万ドットの2.7型液晶モニターを装備。約17MBのメモリーを内蔵し、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(128GB以下)をサポートする。本体サイズは96.4(幅)×59.4(高さ)×28.9(奥行)mm(突起部除く)、重量は約160g(電池、SDメモリーカード含む)。ボディカラーはレッド、シルバーの2色を用意した。

ソニー「M」シリーズ

2016年 1月27日(水)発売

ソニーから、XQDメモリーカードの新製品として「M」シリーズが登場。128GBモデル「QD-M128A」、64GBモデル「QD-M64A」、32GBモデル「QD-M32A」をラインアップする。

最大転送速度は、読込速度440MB/s、書込速度150MB/s(32GBモデルは80MB/s)を実現したXQDメモリーカード。4Kまでの映像を安定して記録することが可能で、高ビットレートの「XAVC Long 4K」(3840×2160/60p、150Mbps)や、「XAVC S 4K」(3840×2160/60p、150Mbps)の記録に対応する。

このほか、専用のUSB 3.0アダプターや、データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue(メモリーカードファイルレスキュー)」の無償ダウンロード特典が付属する。

ドコモ「Disney Mobile on docomo DM-01H」(シャープ製)

2016年 1月29日(金)発売

NTTドコモから、2015-2016冬春モデルのスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01H」(シャープ製)が登場する。

「ディズニーパーク」の世界をイメージしたスマートフォン。デザイン面では、背面にキャッスルシルエットとピクシーダストを採用し、底面には光を放つピクシーダストと隠れミッキーマウスのイルミネーションを備える。また、ジュエリーのように輝くディズニースマホピアスを同梱。スマホピアスを本体に挿すことで、ミッキーマウスたちがパークを楽しむ様子を映し出したサプライズアニメーションが楽しめる。

ディスプレイは、フルHD(1920×1080ドット)表示の4.7型IGZO液晶。通信機能では、LTEとWi-Fiのデュアルスピードモードに対応。カメラ機能では、背面に1310万画素の裏面照射型CMOSセンサーを、前面に500万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用した。さらに、防水・防塵、ワンセグの視聴・録画、ハイレゾオーディオに対応する。OSは「Android 5.1」をプリインストールした。

性能面では、プロセッサーにヘキサコアの「MSM8992」(1.8GHz+1.4GHz)を搭載。メモリーは3GBを内蔵。ストレージは16GBで、microSDXCメモリーカード(最大200GB)もサポート。バッテリー容量は2810mAhで、実使用時間が約85.6時間。本体サイズは66(幅)×126(高さ)×8.9(奥行)mm。重量は約121g。ボディカラーは、Sparkle PinkとSparkle Blueの2色を用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.12.13 更新
ページトップへ戻る